ログイン / 会員登録するアカウントを選択

“全国手土産グランプリ”を受賞したプリンがいただける洋食屋さん。軽井沢「カフェレストランぱおむ」

118
“全国手土産グランプリ”を受賞したプリンがいただける洋食屋さん。軽井沢「カフェレストランぱおむ」
「ぱおむ」は、創業して30年となる老舗のレストラン。こだわりの食材を使った手作りの軽井沢プリンやチーズケーキは、“全国手土産グランプリ”を受賞した人気のスイーツです。ゆったりした店内でランチを楽しんだあと、お土産に買って行かれる方が多いんですよ。

旧軽井沢銀座通りの入り口すぐ

旧軽井沢銀座通りの入り口すぐ

1988年に創業した「カフェレストランぱおむ」。地元の食材を使った飲食店やお土産屋さん、雑貨や衣料品などのショップが立ち並ぶ“旧軽井沢銀座通り商店街”の入り口にほど近い場所にあります。軽井沢の駅からは、車で5分ほどで到着します。

階段で2階へ上がると、昔ながらの洋食屋さんといった落ち着いた雰囲気。商店街通りに面した明るいテラス席では、パラソルの下、犬を連れてくつろぐ人の姿も目立ちます。

牛肉の旨味がつまった「ハッシュドビーフ」

牛肉の旨味がつまった「ハッシュドビーフ」 「ハッシュドビーフセット」(1500円)

ランチメニューは「ハッシュドビーフ」や「旧三笠ホテルカレー」、信州牛を使ったサーロインステーキなど数種類。すべて卵白を蒸した卵の乗ったサラダとスープがセットでつきます。
しっかり煮込まれたハッシュドビーフは、牛肉の旨味とキノコがたっぷりの看板メニュー。旧三笠ホテルのカレーを再現した具沢山のチキンカレーやカツカレーは、まろやかでコクのある口当たりが自慢です。

「旧三笠ホテルチキンカレー」(1400円)

ヨード卵・光の卵黄だけを使った贅沢プリン

ヨード卵・光の卵黄だけを使った贅沢プリン 人気N0.1の「軽井沢プリン」(450円)

そして訪れた人が必ずと言っていいほど頼むのが、“全国手土産グランプリ”を受賞した「軽井沢プリン」。
ヨード卵と光の卵黄だけを贅沢に使い、北軽井沢の高原牛乳と生クリームを混ぜて絶妙な温度で1時間じっくりと焼き上げました。バニラの香り漂うトロトロのプリンに、ほんの少しビターな味わいのカラメルがマッチした、記憶に残るおいしさです。
「ミルキー生チーズケーキ」も、まろやかで濃厚なクリームチーズとフレッシュな生チーズ、さわやかなブルーベリーソースの3層が絡み合い、調和のとれた逸品です。

「ミルキー生チーズケーキ」(450円)

他にも、ヨード卵の卵白を使った焼き菓子や、信州の素材を使った月替わりスイーツが登場するなど、何度訪れても楽しめる「カフェレストランぱおむ」。1階のお店でテイクアウトができるので、ぜひ軽井沢の思い出づくりに立ち寄ってみてくださいね。

カフェレストランぱおむ

長野県 北佐久郡軽井沢町大字軽井沢806-1 2F MAP

0267-42-8061

9:00~17:00(モーニング 9:00~11:00 、ランチ 11:00~15:00、ティータイム 15:00~17:00)

木曜(季節により変動あり)、冬季休業あり

カフェレストランぱおむ

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真