ログイン / 会員登録するアカウントを選択

パワースポット&絶品グルメで元気をチャージ♪ 茨城県・日立の1泊2日ご利益旅

269
パワースポット&絶品グルメで元気をチャージ♪  茨城県・日立の1泊2日ご利益旅
豊かな自然に恵まれ、はるか昔から信仰を集める古社が見守る茨城県日立市。なかでも御岩神社と泉神社は、遠方からも参拝者が訪れる全国的にも有名なパワースポットです。
そんな2つの神社と、こだわりのメニューが味わえるカフェ&レストランを巡る1日2日の旅をご提案。パワーをもらって心身ともにリフレッシュしましょう。

「御岩神社」は神聖な霊山の麓にあるパワースポット

「御岩神社」は神聖な霊山の麓にあるパワースポット 26柱の神様が祀られている「拝殿」。左奥に進むと「御岩山」への入口がある
神様が住む聖地として崇められてきた霊山「御岩山(おいわさん)」の麓にある「御岩神社」は、“神仏を祀る唯一の社”として独自の信仰を伝える神社。国内屈指のパワースポットとして有名なこちらの神社には、188柱もの神様が祀られており、参拝すれば日本の神様ほぼすべてにお参りができるともいわれる特別な地です。
推定樹齢約500年のご神木「三本杉」。天狗が住んでいたという伝説も残る
『常陸国風土記』に記されていることから、1300年前から信仰の山として祀られているという「御岩山」。現在も参拝者の7割が登拝しているそう。片道約40分の登拝ルートには険しい道もあるため、杖を借りることもできます。頂上に広がる那須連山の絶景は、茨城百景にも選ばれています。
左:県指定有形文化財指定されている「大日如来像」。4月と10月に行なわれる「回向祭(えこうさい)」でのみ開帳
境内には、「大日如来像」や、仁王像がある「楼門」など、見どころが満載。「斎神社(さいじんじゃ)」にある龍の天井画も迫力満点なのではずせません。同じデザインの御朱印帳もあり、オリジナル御朱印帳のなかでは一番人気だそう。そのほか、社務所で販売しているお守りもお見逃しなく。(見開きの御朱印は土・日曜のみ)

神聖な空気が流れる「御岩神社」。緑に包まれた参拝道を歩いているだけで清々しい気持ちになります。体力に自信がある人は、最古霊山の「御岩山」の登拝にもチャレンジしてみてくださいね。

御岩神社(おいわじんじゃ)

茨城県日立市入四間町752

0294-21-8445

6:00~18:00(秋・冬季は〜17:00)、社務所は9:00〜17:00、御岩山登拝は6:00〜15:00

無休

御岩神社

海を望むカフェでこだわりスイーツとコーヒーに舌つづみ

海を望むカフェでこだわりスイーツとコーヒーに舌つづみ パン作りの資格を持つ3代目女将の傑作「レモンのケーキ」(500円)
御岩神社でパワーをもらったあとは、カフェでのんびり。創業70年の老舗割烹「三春」の2階にある「cafe miharu」は、畳の部屋が広がるどこか懐かしい雰囲気のお店です。窓際の席からは海を望むことも。ゆったりとした時間が流れる店内で、至福のカフェタイムが過ごせます。

スイーツメニューは「レモンのケーキ」と「えりこさんのプリン」の2種類。メニューを増やした時期もありましたが、「本当においしいと思えるものを提供したい」という3代目女将渡邊映理子さんの思いから、現在はこの2つのメニューのみ提供しています。
「レモンのケーキ」に使われるレモンは、試行錯誤の末に選んだ愛媛県宇和島産のもの。そのまま食べてもおいしいレモンの味を存分に引き出したケーキは、さわやかな香りを口いっぱいに感じられる一品です。
「えりこさんのプリン」(500円)と「三春ブレンド」(600円)
「えりこさんのプリン」は少し固めのしっかりとした食感。昔ながらの素朴な甘さがたまりません。「横浜元町珈琲」と提携したオリジナルブレンドのコーヒー「三春ブレンド」との相性も抜群です♪ 

海が望める古民家カフェ「cafe miharu」。ひとつひとつていねいに作るメニューは、女将のこだわりが詰まったものばかりです。絶好のロケーションでスイーツとコーヒーを味わいに、ぜひ訪れてみては。

お座敷の店内。お茶会などのイベントが行なわれることも

cafe miharu(カフェミハル)

茨城県日立市旭町2-8-14 2F

0294-22-1567

13:00~18:00(L.O.17:00)、水曜は〜17:00(L.O.15:00)

月・火曜

cafe miharu

絶景のシービューヴィラでリフレッシュ

絶景のシービューヴィラでリフレッシュ 館内のどこにいても海を眺めることができる。波の音に包まれてのんびりと過ごせる贅沢な宿
宿泊は、プライベートビーチのような海岸が目の前という絶好のローケーションに建つ「うのしまヴィラ」で。 「海辺のセカンドハウス」をコンセプトにした、自宅のようにリラックスして過ごすことのできる宿です。
波の音が聞こえ、太陽の日が差し込む明るいダイニング「海音(シーネ)」

宿の魅力のひとつが、地野菜、地魚を使ったヘルシーな料理。
野菜ソムリエの資格を持つ館主の原田さんが選ぶ野菜は、どれも新鮮で旬のものばかり。自家製の醤(ひしお)を中心とした天然の調味料を使い、手間暇をかけて素材のおいしさを引き出した料理を食べれば、体の中からきれいになれますよ。

10食限定の「sea-neランチ」(1620円)。ランチタイム(11時半〜14時半)は、宿泊客以外も利用可能
1階洋室は白と木を基調としたナチュラルな部屋で、くつろいで時間を過ごせる
全7室の客室はすべてオーシャンビュー。トイレとシャワーが付いた1階の洋室は、和モダンでおしゃれな空間。お部屋からのんびりと海を見たい場合は、2階の和室がおすすめです。太田尻海岸と太平洋の海原が眺められます。

お風呂は、やわらかい泉質のpH8.2の湧き水を、贅沢に掛け流しにしています。潮騒の音を聞きながらお湯に浸かれば、一日の疲れも取れますね。

朝などの明るい時間帯に入れば、海も望める

うのしまヴィラ

茨城県日立市東滑川町5-10-1

0294-42-4404

イン15:00、アウト11:00

無休

うのしまヴィラ

エメラルドブルーの神秘的な清水が湧き出る神社に参拝

エメラルドブルーの神秘的な清水が湧き出る神社に参拝 神社脇にある「弁天様」と「泉が森湧水」。天から霊玉が降りてきた場所に泉が湧き出たという伝説もあるそう
2日目は、平成の名水百選に認定された湧水が有名なパワースポット「泉神社」へ。紀元前42年に創立されたと伝えられている、古い歴史を持つ神社です。泉周辺の森一帯は「泉が森」といわれ、神秘的な空気が漂っています。

境内に入り社殿を参拝したら、泉が森へと階段を降ります。1分間に約1500ℓの清水が地表から湧き出るというエメラルドブルーの泉は、思わず息を呑む美しさ。光の差し込み具合で泉の表情も変わり続けるので、いつまでも見ていたくなります。

社殿は1983(昭和58)年に再建。目が光っているように見える龍と狛犬の彫刻も必見
左:「泉神社」の御朱印とお守り、右:「水みくじ」もおすすめ
参拝後には、水に浸すと文字が浮き出る「水みくじ」を。白紙だったおみくじに文字が現れる様子は神秘的です。湧水の美しい水で行なうことができる「水みくじ」は珍しいそう。

森の中にこんこんと美しい清水が湧き出る「泉神社」。美しい自然に囲まれた神社を参拝すれば、たっぷりパワーをもらえるはず。

泉神社(いずみじんじゃ)

茨城県日立市水木町2-22-1

0294-52-4225

拝観自由(社務所は9:00〜15:00)

無休

泉神社

茨城食材のフルコース! 地産地消のイタリア料理店

茨城食材のフルコース! 地産地消のイタリア料理店 ランチメニュー「いばらきを味わう」(3240円)。約1ヶ月半ごとにメニュー内容が変更する
泉神社を参拝したあとは、日立市内の隠れ家的イタリア料理店「cucina NORD IBARAKI(クチーナノルドいばらき)」でランチを楽しみましょう。「made in いばらき」をコンセプトに、茨城県の食材をふんだんに使ったメニューを提供しています。
落ち着いた雰囲気の店内は36席。個室席もある
コース仕立てのメニューに使用する食材は、地産地消のものを中心に、直接会って話をした農家さんと提携し、仕入れています。お店では「常陸野菜(ひたちやさい)」と名付けた野菜を使っていますが、その野菜は無農薬でビニールハウスを使わない旬の露地もの、というこだわりよう。野菜本来の味を活かした料理の数々は、多くの美食家も魅了しています。

ランチのメイン料理では、近くの漁港で上がった鮮魚を使った魚料理か、茨城県産の鶏肉や豚肉を使った肉料理から選べます(追加料金で常陸牛に変更可、要予約)。アクセントとなる香草は、お店の庭で採れた自家製ハーブ。コース終盤に出てくる季節の果物を使ったドルチェも絶品です。

茨城県のおいしさが詰まったイタリア料理が楽しめる一軒家レストラン。ひと手間を惜しまない、こだわり抜いた料理をぜひ味わってみてくださいね。

店名の「cucina NORD IBARAKI」は、茨城の北の台所という意味

cucina NORD IBARAKI(クチーナノルドいばらき)

茨城県日立市末広町2-1-32

0294-32-0369

11:30~15:00 (L.O. 14:00)、17:30~22:00 (L.O. 21:00)

月曜

cucina NORD IBARAKI

日立1泊2日の旅、いかがでしたか?静寂に包まれた厳かな空気と、自然の恵みたっぷりの料理で、心も体も生まれ変わった気分になれるはず。今度の休みに早速旅行を計画してみてはいかがでしょう。
観光いばらき

観光いばらき

茨城県公式観光情報サイト「観光いばらき」では、現在、アンケートに答えると総勢25組様にいばらきの宿泊券や名産品が当たる「IBARAKIいいとこどりキャンペーン2018」を開催しています。ぜひ、ご応募くださいね。詳しくはHPを御覧ください→

https://www.ibarakiguide.jp/iitokodori/co-trip.html

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD