ログイン / 会員登録するアカウントを選択

海辺のまちの2組限定の小さな宿「HOUSEHOLD」で癒しの1日を
2018年7月に、富山県氷見の海辺にオープンした「HOUSEHOLD」。氷見の“まちと料理を楽しむ”がコンセプトの1日2組限定の小さな宿です。夕焼けに染まる海を見て、波が打ち寄せる音で朝を迎える。そんなゆったりと羽を伸ばせる1日を過ごしにいきませんか?

まちと料理を楽しむための宿

まちと料理を楽しむための宿 2018年7月にオープンした「HOUSEHOLD」 ©HOUSEHOLD
富山湾ごしに立山連峰を望むことができ、これからの時期は寒ブリの漁が盛んになる氷見市。その一角に、「HOUSEHOLD」(ハウスホールド)はあります。場所はJR氷見線「氷見駅」から徒歩7分。1階にキッチンと喫茶、2階にギャラリー、4階は2部屋のゲストルームがあります。

以前は呉服屋だったビルを、オーナーの笹倉さん夫婦が宿としてリノベーションしました。氷見のまちと、ここで出会える食を楽しめるよう夕食は市内の飲食店や自分たちで料理することを勧めています。
「HOUSEHOLD」の徒歩圏内にも、氷見うどんや氷見漁港で獲れた魚料理が味わえる食事処も多く点在していますよ。近所の魚屋さんで見つけたおいしそうな魚を、1階の共有キッチンでさばき、料理することもできます。

1階と2階は宿泊者以外の方でも利用可能

波の音とともに過ごす2組限定のお部屋

波の音とともに過ごす2組限定のお部屋 窓からはテラスものぞく「yane」の部屋
まずは気になるゲストルームから。4階には、「yane」と「nami」の2部屋のほかに、シャワールームやお手洗い、冷蔵庫や簡単な調理台のあるミニキッチンなどの共有スペースがあります。

「yane」(1名9,750円〜)は、大人が3人泊まれる広さのお部屋。大きく広がる窓からは、富山や石川の地域独特の黒い屋根瓦を構えた家が立ち並び、「yane」姿を眺めることができます。日の光を浴びて、きらきらに照らされる屋根瓦もぜひ見ておきたい富山の光景です。
寝ながら波の音が聴こえる「nami」の部屋
「nami」(1名7,500円〜)のお部屋からは、富山湾の「nami」が見え、太陽の日差しと波の音で朝を迎えることができます。こちらの定員は大人2名までです。

どちらのお部屋にも洗面台があり、ゆっくりと身支度ができます。オーナーこだわりのふかふかのお布団で旅の疲れを癒してくださいね。

部屋のプレートにも注目
富山湾ごしの立山連峰は氷見付近でしか見られない絶景
ミニキッチンからはテラスに出ることもできます。テラスの階段を登れば、360度見渡せる屋上も。海のそばにある建物なので、海までの視界を遮る建物などはなく、朝焼けや夕焼けを独りじめしている気分です。富山湾をはじめ、氷見漁港や市街を一望することができますよ。

氷見の恵みをいただく朝ご飯

氷見の恵みをいただく朝ご飯 秋の味覚を蒸し野菜で
朝は1階のキッチンにて、笹倉さん夫妻が作った氷見づくしの朝ご飯をいただきます。季節や仕入れ状況によってメニューは変わりますが、お米やおかずのほとんどが氷見でとれたものです。

この日のメインは、肌寒くなってきたこの季節にぴったりの蒸し野菜。氷見で育てられた野菜の自然の甘みが体に染みる一品です。近所のおばあちゃん直伝のごまだれや、能登地方の伝統的な醤油「いしる」などもお好みでどうぞ。
地魚から出汁をとった味噌汁もこだわりの一品。旬の魚の旨味がぎゅっと詰まった贅沢なお味噌汁です。

塩やごまだれの調味料はお猪口に
お豆腐屋さんのがんもどきや、地魚から出汁をとった味噌汁も
笹倉さん夫妻が作った朝ご飯は、宿泊者以外でも1,000円(要予約)で食べることができます。友達とゆっくり朝ご飯を食べたい県内からのお客さんも多いそうですよ。

13時から18時までは、喫茶の営業もしています。季節ごとに変わるスイーツやコーヒー、日本酒やワインなどの地酒も用意。旅の途中でふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょう。

ギャラリーでの展示会や週末イベントも開催

ギャラリーでの展示会や週末イベントも開催 ギャラリーのみの立ち寄りも可能
2階のギャラリーでは、作家さんの展示会を行ったり、呉服屋時代の掘り出し物が並ぶ蚤の市を開催したりとわくわくする企画を実施しています。週末はイベントを開催していることもあるそうなので、HPをチェックしてみてくださいね。

自然豊かな氷見の恵みをたっぷり体感できる「HOUSEHOLD」。日々の疲れを癒しに、氷見へ週末トリップしてみませんか?

HOUSEHOLD(ハウスホールド)

富山県 氷見市南大町26-10 MAP

非公開

IN14:00〜22:00、OUT〜10:00

木曜

HOUSEHOLD

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真