ログイン / 会員登録するアカウントを選択

旅するように、おにぎりとスープを味わおう♪【青森編】

96
旅するように、おにぎりとスープを味わおう♪【青森編】
日本人のソウルフード・おにぎりとお供にぴったりのスープ。全国を旅するように、各都道府県ごとの名産品をたっぷりと使って作ってみませんか?

レシピを教えてもらうのは、各地の農家を訪れて美味しい野菜を見つけたり、地のものを味わうのが大好きという料理家・ごはんさん。新しいおにぎりとスープの魅力にきっと出会えますよ。

第2回目は青森。
洋風のガーリックおむすびと、素材本来の味を余すところなく味わえるりんごのポタージュです。ちょっぴり大人のおむすびとやさしい甘さのスープが好相性です。

おつまみにも!「ガーリックおにぎり」

おつまみにも!「ガーリックおにぎり」
寒い時期に雪の下で過ごすため、甘みや風味が育つ青森ニンニク。国産の約8割を占めるほど、一大生産地なのだそう。

今回は、そんなニンニクを主役にしたおにぎりをご紹介。すりおろしとフライの2種類を使った組み合わせの妙が楽しいひと皿です。
〈材料〉(2人分)
・ごはん…お茶碗2杯分
・にんにく(すりおろし)…小1
・フライドオニオン…大1
・バター…5g
・乾燥パセリ…適量
1/ご飯の上にバターをおき、ご飯の熱で溶かす 2/ニンニクの量は味をみながら調整して
〈作り方〉
1:にんにくはすりおろし、炊きたてのごはんにバターを溶かして混ぜる
2:バターが溶けたらすりおろしのニンニク、フライドオニオン、乾燥パセリを入れて混ぜ、塩コショウで味を整えたら、好きな形に握る
(ごはんさんより)
「ガーリック×バター風味が食欲をそそるおにぎり。フライドオニオンのカリッとした食感も楽しく、スナック感覚でパクパクと食べてしまいます。ひと口サイズに丸めて、おつまみとしても」

ほんのり甘い「りんごのポタージュ」

ほんのり甘い「りんごのポタージュ」
みずみずしくジューシーな、今が旬の青森りんご。りんごでスープ?とちょっと不思議に思うかもしれませんが、さつまいもと一緒にポタージュにすれば、りっぱなおかずスープに。調味料は塩のみ、余分な味つけは必要ありません。素材本来の味が身体中に沁み渡ります。
〈材料〉(2人分)
りんご…1/2個
さつまいも…1/3本
牛乳…200cc
塩…小1/3
1/さつまいもは半分だけ皮を残すと、スープにした時に紫のツブツブが残ってきれい♪ 4/最後にミントをのせるのもおすすめ
〈作り方〉
1:りんごは皮を向いて一口大に、さつまいもは半分だけ皮を向いて、一口大に切る
2:1を全て鍋に入れ、塩を降って軽く混ぜたら蓋をして弱火で10分蒸す。時々焦げ付かないようにかき混ぜる
3:牛乳を加えて軽く混ぜる
4:ミキサーで撹拌して、上に蒸したサツマイモをのせたら、できあがり♪

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD