ログイン / 会員登録するアカウントを選択

【東京】1/2-3/24|風神雷神図のウラ-夏秋草図に秘めた想い-

57
【東京】1/2-3/24|風神雷神図のウラ-夏秋草図に秘めた想い-
東京国立博物館東洋館内「TNM & TOPPAN ミュージアムシアター」にて、3月24日(日)まで、VR作品『風神雷神図のウラ-夏秋草図に秘めた想い-』(監修:東京国立博物館 制作:凸版印刷株式会社)を上演しています。

VR作品『風神雷神図のウラ -夏秋草図に秘めた想い-』とは

VR作品『風神雷神図のウラ -夏秋草図に秘めた想い-』とは 屛風を透かし表裏の関係を表現
尾形光琳が描いた「風神雷神図屛風」には裏面がありました。それは江戸時代後期の絵師、酒井抱一の晩年の最高傑作「夏秋草図屛風」です。抱一は光琳を自らの師として仰ぎ、長年に渡って憧れを抱き続けましたが、61歳頃に「風神雷神図屛風」の裏にこの作品を描くよう依頼を受けます。自然に翻弄され、雨に濡れ風に揺れる繊細な草花を描いた「夏秋草図屛風」に託した抱一の想いをひも解き、屛風のオモテとウラの関係に隠された秘密に迫ります。
草花ひとつひとつの細かな色使いを大画面で鑑賞
本作品では、1974年から作品保護の観点で表裏を分けて保管されている屛風を、 バーチャルリアリティにより表裏一体の往時の姿で再現。表面に描かれた「風神雷神図屛風」と裏面に描かれた「夏秋草図屛風」を透かすことで、表裏の絵の関係を探ります。また、高精細デジタルアーカイブを実施し、屛風を拡大し鑑賞することが可能となりました。さらに、凸版印刷のVR技術により、光の変化に応じた屛風の見え方を表現しています。

【上演時間】
水・木・金 12:00、13:00、14:00、15:00、16:00
土・日・祝・休日 11:00、12:00、13:00、14:00、15:00、16:00
*所要時間約35 分、各回定員90 名
*2019 年1 月2 日(水)、3 日(木)は11:00 回から上演します

SNSハッシュタグ投稿でステッカープレゼントも

SNSハッシュタグ投稿でステッカープレゼントも 記念撮影会イメージ
上演終了後、高精細な撮影データを活用した本作品ならではの超拡大映像や屛風を透かした図などをスクリーンに投影し、記念撮影会も行われます。撮影した写真や感想などにハッシュタグ「♯トーハクで風神雷神2019」または「#Fujin2019」をつけてSNSに投稿した方には、ミュージアムシアター限定オリジナルステッカーのプレゼントも用意されています。

○交換日時:2019年1月2日(水)~3月24日(日)のシアター上演日9:30~17:00
※祝日を除く、月曜日・火曜日はシアター休演日
○対象SNS:Twitter/Facebook/Instagram
○交換方法:投稿した画面をカウンタースタッフに提示。
※「風神雷神図屛風」または「夏秋草図屛風」のいずれか1枚プレゼント。無くなり次第終了。

監修:東京国立博物館 制作:凸版印刷株式会社

風神雷神図のウラ-夏秋草図に秘めた想い-

東京都 台東区上野公園13-9 東京国立博物館 東洋館地下1階 TNM & TOPPAN ミュージアムシアター MAP

03-5777-8600 (ハローダイヤル)

2019年01月02日 (水) ~ 2019年03月24日 (日)

【水~金】 12:00、13:00、14:00、15:00、16:00【土・日・祝・休日】11:00、12:00、13:00、14:00、15:00、16:00

月・火 (ただし、祝日または休日の場合は上演)

http://www.toppan-vr.jp/mt/

入場料:高校生以上 500円、中学生・小学生 300 円(大学生以上は博物館入館券が別途必要)


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD