ログイン / 会員登録するアカウントを選択

おいしいパンを巡る新しい旅の楽しみ。山野ゆりさんに聞く「パン旅」の魅力|by PARISmag

47
おいしいパンを巡る新しい旅の楽しみ。山野ゆりさんに聞く「パン旅」の魅力|by PARISmag
毎日の暮らしのなかで少しだけ心が弾むような豊かさをお届けするWEBマガジンPARIS mag(パリマグ)から、今回は『ことりっぷ』のイベント「ことりっぷ 旅するマルシェ」で行われたイベントの様子をご紹介します。
日本各地、フランス各地にあるおいしいパン。おいしいパン、地元に愛されるパン、その土地の魅力が詰まったご当地パンとの出会いを探すのもまた、旅の楽しみのひとつです。
さまざまな旅の楽しみを提案するメディア『ことりっぷ』のイベント「ことりっぷ 旅するマルシェ」が先日開催され、そこでPARISmagでパリのパン旅を紹介していただいているモデルの山野ゆりさんのトークイベントを実施いたしました。

暮らすようにパンを食べてみたくてパリへ1ヶ月間のパン留学

暮らすようにパンを食べてみたくてパリへ1ヶ月間のパン留学
−山野さんはパリへパンを食べるために行かれることもあるんですよね。

山野ゆりさん(以下、山野):お洋服も好きなので、パリは昔から好きで行っていたんですけど、パンに魅せられてからはとにかくパンばかりで。パリの小麦のおいしさやパンに付随するバターとかチーズとか、ジャムとか、そういうパンと楽しむもののバリエーションも豊富で、日本では食べられないくらいおいしいものが気軽に味わえるんですよね。パンを丸ごと味わえる感じがすごく気に入っていて、今は半年に1回はパリに行っています。

−パリへ「パン留学」をされていたんですよね?

山野:そうなんです、パン留学で1カ月間。今までは旅行みたいに短期で1週間とかで行くことが多かったんですけど、「暮らすようにパンを食べてみたい」というフラストレーションがずっとあって…。最近は、「Airbnb」などの民泊が流行ってきて、キッチン付きの場所で暮らすように旅ができるようになりましたよね。そういう時代の手伝いもあって「よし、今だ!」と思って。今年の1月くらいに1カ月「パン留学」と称して、向こうで暮らすようにパンを食べてみました。
−そこではかなりたくさんのパンを食べて来たというのを伺いましたが。

山野:そうなんですよー!滞在中に何かひとつのパンをとにかく食べてやろうって思って。「パリといえば!」なパンにしたくて、ハード系のバケット、ヴィエノワズリーやクロワッサンなどのデニッシュ系かなと思ったのですが、ヴィジュアルのかわいさから今回はクロワッサンにしました。
100個のクロワッサンの特徴や感想をまとめたノート
パリのパン屋さん100店舗を周り、100個のクロワッサンの食べ比べをしたんですけど、やっぱりどこもそれぞれ違うんですよね。クロワッサンひとつでも、味やバターの量、クラストのサクサクした感じにそれぞれ特徴があり、とってもおもしろかったです。

見るだけで「このクロワッサンって中の気泡が荒め」とか、「これは結構白っぽいから甘い感じ」とか目利きができるようになるくらい食べました!すごく楽しかったんです。

−100店舗ということは、有名店以外もいろいろまわったということですよね…?

山野:もちろん有名店も行ったんですけど、私は旅先では基本的に、歩きながらパン屋さんを巡るんですね。歩いている途中で見つけた小さなパン屋さんや「これ何て読むんだろう?」と気になる店名のお店なども行きました。パリって割と小さな町なんですが、パン屋さんはコンビニくらいある気がします。なので、それでも全然行ききれなくて!

−街歩きをしながらパン屋さんを巡る感じですね。

山野:そうですね。お目当てのパン屋さんをいくつかピックアップして、そのエリアごとに散歩しますが、歩きながら見つけたパン屋さんもどんどん入って行きました。

続きはPARISmagで

続きはPARISmagで
パリのパンの特徴や魅力、おすすめの「パン旅」の場所、最近気になっているパン屋さんなど、日常がちょっぴり豊かになる楽しい話・山野さん流のパンの楽しみ方をのぞいてみてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD