ログイン / 会員登録するアカウントを選択

京都・嵐山のいちおしランチ!心も体もあったまるスープダイニングへ♪

470
京都・嵐山のいちおしランチ!心も体もあったまるスープダイニングへ♪
京都屈指の人気観光地である嵐山・嵯峨野エリアに昨年オープンした「Soup Dining PanBoo(スープダイニングパンブー)」は、口コミで評判が広まり、ファンを増やしてきたスープ専門ダイニング。寒い季節にぽかぽかあたたまる、滋味豊かなスープがたくさんそろっていますよ。

居心地のいい、アットホームな雰囲気

居心地のいい、アットホームな雰囲気 落柿舎や宝筐院、大覚寺など徒歩圏内に人気観光地が多数
嵐電・嵐山駅からメインストリートを北へ歩いて10分ほど、「嵯峨釈迦堂」として親しまれる古刹・清凉寺門前の閑静な場所に佇んでいます。
店主がパンダとブタが好きなのが店名の由来というエピソードにも和む
木のぬくもりにほっと落ち着く店内で味わえるのは、スープが主役のメニュー。
店主の豊田慈さんは、人気を集めた上賀茂のカフェ「器とごはんkamogama」の元店主。
旅行で訪れたドイツの市場で、スープを食べてほっこりとした気分になれたことがスープ専門のダイニングを始めるきっかけになったのだとか。

ランチのおすすめは「チョイスランチセット」

ランチのおすすめは「チョイスランチセット」 「チョイスランチセット」(1500円、甘エビのビスクは+100円)
常時5種ほどから1種を選べるたっぷりサイズのスープをメインに、おかずやサラダ、玄米と白米の二穀ごはん(またはベーグル)、ドリンク、ミニデザートがセットに。スープはココナッツチップ、アーモンドスライスなど5種のトッピングで風味を変えて楽しめます。
この日は、香ばしいエビのコクとうまみを余すところなくいただける甘エビのビスクをチョイス。

「ベジタリアンメニューやマクロビメニューもあるけれど、ルールにこだわらず体が求めているものを」と話す豊田さんが腕をふるう料理は、食材はもとより調味料まで素材を吟味したものばかり。ドレッシングや味噌、ソースに至るまで手作りで、心と体に染み込むやさしさから丁寧な仕事ぶりがうかがえます。

カフェタイムの新メニューが登場

カフェタイムの新メニューが登場 「こぼれヴィ―ガンケーキ」(1080円、15:00~閉店まで)。グラスをはずす瞬間にワクワク
1月からはカフェタイムに「こぼれヴィーガンケーキ」がお目見え。ハーバリウムのように豊かな彩りをまとったグラスをそっとはずすと、フルーツやチョコレートクッキーなど具材がほろほろとあふれでてくるという楽しい演出。チョコレートソースをとろりとかけていただきます。

嵐山・嵯峨野めぐりは朝食からスタート

嵐山・嵯峨野めぐりは朝食からスタート 「参鶏湯粥」680円
モーニングメニューもスタンバイ。おすすめは参鶏湯粥。玄米と白米の二穀米と美山のヒネドリをコトコト煮込み、お芋も入った味わい深いお粥です。

ご主人の豊田渉平さんは日本とアメリカ各地でライブを行なうギタリスト。こちらのお店でも時折ディナータイムにライブが開催されているので、おいしいごはんと素敵な音楽のセットもいいかも!
嵐山・嵯峨野めぐりの際は是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

Soup Dining PanBoo(スープダイニングパンブー)

京都府 京都市右京区嵯峨釈迦堂門前南中院町29-4 MAP

075-366-3880

9:00~21:00(L.O.)

不定休

Soup Dining PanBoo

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD