ログイン / 会員登録するアカウントを選択

【東京】3/21-6/16|大哺乳類展2

77
【東京】3/21-6/16|大哺乳類展2
3月21日 (木) ~ 6月16日 (日)、上野公園内にある「国立科学博物館」では「大哺乳類展2ーみんなの生き残り作戦」が開催されます。

本展では、剥製や骨格標本500点以上の圧倒的なボリュームで、最新の解析映像なども交えながら、哺乳類が獲得した特徴的な能力であるロコモーション(移動運動)を軸に、「食べる」「産む・育てる」際の作戦にも迫ります。

【見どころ1】大迫力!約200種の哺乳類が大行進!

【見どころ1】大迫力!約200種の哺乳類が大行進! ※写真はイメージです。展示される標本は未定です。
大好評を博した「大哺乳類展 陸のなかまたち/海のなかまたち」から9年、今回のテーマは「生き残り作戦」。
会場中央には、科博が誇る哺乳類の剥製標本を一堂に展示し、分類ごとに紹介します。陸の哺乳類も海の哺乳類も展示されており、同じ「哺乳類」でも大きさや形がこんなにも違うのかと改めて感じることができます。

【見どころ2】ロコモーション(移動運動)の仕組みに迫る

【見どころ2】ロコモーション(移動運動)の仕組みに迫る チーターの疾走中の骨格変化の再現
餌や獲物を見つけ出し、子孫を残すために、哺乳類は様々な環境に適応した特有の移動運動、すなわち「ロコモーション」能力を発達させてきました。同じ脊椎動物である魚類や爬虫類とはまったく異なる、哺乳類の多様で自由な動きとは?

他にも見どころがいっぱい!

他にも見どころがいっぱい!
本展では、ふだんなかなか見ることができないマッコウクジラやアフリカゾウなどの巨大な哺乳類をすぐそばで観察することができる他、歯やあごを見比べるコーナー、コドモに着目した生き残り作戦を伝えるなど、見どころがいっぱい。

哺乳類はどうやって生き残ってきたのか。その作戦に迫る展示会へ訪れてみませんか。

大哺乳類展2ーみんなの生き残り作戦

東京都 台東区上野公園7-20 国立科学博物館 MAP

03-5777-8600 (ハローダイヤル)

2019年03月21日 (木) ~ 2019年06月16日 (日)

9:00-17:00 ※金曜、土曜~20:00

月曜日および5/7 ※3/25、4/1、4/29、5/6、6/10は開館

https://mammal-2.jp/

※4/28-5/5は~20:00、5/6は~18:00


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD