ログイン / 会員登録するアカウントを選択

お城まつりも開催♪復旧が進む今だから訪れたい熊本城へ

47
お城まつりも開催♪復旧が進む今だから訪れたい熊本城へ
2016年4月に発生した熊本地震により甚大な被害に見舞われた熊本城。現在、復旧に向けて着実に工事が進んでおり、今しか見ることのできないその姿は、目を見張るものがあります。今回は、復旧に向けて工事が進む現在の熊本城の見どころをはじめ、城下町のおすすめグルメやスイーツをご紹介します。

“西郷どん”が落とせなかった難攻不落の堅城、熊本城の今

“西郷どん”が落とせなかった難攻不落の堅城、熊本城の今 加藤神社境内から眺めた天守閣(2019年1月22日撮影)
慶長12(1607)年に熊本藩主、加藤清正が7年もの歳月をかけて完成させたという熊本城。西南戦争開戦直前の火災により大小天守、本丸御殿などが焼失したが、籠城している兵士とともに固い守りを見せた堅城として有名です。熊本地震により、天守閣や重要文化財に指定されている櫓、石垣などが甚大な被害を受けましたが、まずはシンボルである天守閣の早期復旧を目指し、着々と工事が進行しています。

熊本城の今を見学できるエリア①「二の丸広場」

熊本城の今を見学できるエリア①「二の丸広場」 江戸時代は上級家臣の屋敷や藩校の時習館が置かれた二の丸広場
現在、多くの部分が立ち入ることができませんが、今しか見ることのできない復興見学ルートが作られ、ボランティアがガイドツアーを実施しています。二の丸広場はその見学エリアのひとつ。広大な広場から大天守と小天守、宇土穭を眺めるビュースポットです。なかでも、1階部分が解体され、宙に浮いているように見える小天守は、今だからこそ見ておきたい光景です。

熊本城の今を見学できるエリア②「加藤神社」

熊本城の今を見学できるエリア②「加藤神社」 加藤清正を祀る神社。境内には復興を願う人が多く訪れている
見学できるもう一つのエリアが、二の丸広場から徒歩数分の場所にある加藤神社。敷地内から大小天守、宇土穭、石垣などを間近に見ることができます。地震後の崩れた石垣から見つかったという、貴重な観音様を刻んだ石が展示されています。

春にはお城まつりを開催

春にはお城まつりを開催 二の丸広場、桜の馬場城彩苑、長塀通りなどから桜を眺められる
3月9日から31日の土曜と日曜にはお城まつりを開催。YOSAKOIや音楽イベント、熊本の食材をメインとした飲食ブースの出店などが二の丸広場で行なわれ、多くの人で賑わいます。熊本城をバックに開花する桜を眺めながら、熊本城の復興を願いましょう。

熊本城(クマモトジョウ)

熊本市中央区本丸1-1MAP

096-352-5900

城内(有料区域)見学不可

無休

熊本城

熊本城下にひろがるタイムスリップエリア

熊本城下にひろがるタイムスリップエリア 城下町のような雰囲気の「桜の小路」は散策にぴったり
熊本城のふもとには、城下町の家屋を模したショップやミュージアムを含む複合施設「桜の馬場 城彩苑」があります。熊本城や熊本の歴史文化を楽しく学べる「熊本城ミュージアムわくわく座」では、熊本城のVR映像や被災・復旧プロジェクションマッピングで熊本城の今を紹介。食事処やみやげ店23軒が連なる「桜の小路」では、熊本県の名産品やここでしか買えないオリジナル商品を販売しています。

「桜の小路」おすすめグルメ&スイーツ

「桜の小路」おすすめグルメ&スイーツ 右上から時計回りに「さくら膳」(2100円)、「いきなり団子」(1個150円〜)、「太平燕」(880円)、「白玉ワッフル」(300円)
「桜の小路」には、熊本に来たら味わいたいご当地グルメがたくさん。熊本特産の馬刺や馬肉を溶岩プレートで焼く馬肉焼がセットになった「さくら膳」や、魚介や野菜の具材に春雨を合わせた「太平燕」は熊本ならではの味。薄皮にさつまいもを挟む「いきなり団子」や、桜餡と生クリームを挟んだ「白玉ワッフル」など、食べ歩きにぴったりなテイクアウトグルメも充実しています。

おみやげならこちら

おみやげならこちら いずみ茶「香」(100g864円)
旅の記念に持ち帰るなら熊本の銘茶である「いずみ茶」がおすすめ。標高450mの山間にある秘境「五家荘」にある茶園で製造したいずみ茶は、山間地のお茶特有のふくよかな味わいが楽しめると評判です。

桜の馬場 城彩苑(サクラノババジョウサイエン)

熊本市中央区二の丸1-1MAP

096-288-5577 (桜の小路)、096-288-5600(わくわく座)

9:00〜19:00(12〜2月は〜18:00、レストランは11:00〜閉店は店舗により異なる)、わくわく座は~17:30(入館は〜17:00)

無休(わくわく座は12月29日~31日)

桜の馬場 城彩苑

大天守の外観復旧に伴い、10月5日から熊本城特別公開が日曜、祝日限定ではじまります。天守閣内部には入れませんが、外観を取り戻した大天守をはじめ、復旧工事が進む小天守、復旧を待つ本丸御殿大広間など、新たな観覧ポイントがお目見えします。(詳しい日程、公開時間、エリアなどは熊本城公式ホームページを要確認)

さらに、10月以降は国際スポーツ大会や熊本城ホール開業などのイベントも目白押し。賑やかな催しで盛り上がる熊本へ出かけてみませんか?
熊本市観光ガイド

熊本市観光ガイド

2019年秋、再建中の熊本城の大天守外観復旧工事が完了します。そして2019年10月5日(土)からの特別公開が決定しました。特別公開(第一弾)について、公開エリアや見学ルートについての詳細は、公式HPをご確認ください。

https://kumamoto-guide.jp

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真