ログイン / 会員登録するアカウントを選択

清水寺の参拝後に♪京都の大正ロマン感じるカフェでティータイム

492
清水寺の参拝後に♪京都の大正ロマン感じるカフェでティータイム
京都には明治から昭和にかけて建てられた近代建築がたくさん残っています。その中で今回ご紹介するのは、世界遺産・清水寺の近くにあり、国の登録有形文化財に指定されている五龍閣。現在、カフェとしても営業しており、タイムスリップしたかのような優雅な時間を過ごせます。

清水寺への参道・清水坂にあるお店

清水寺への参道・清水坂にあるお店 お城のような4階建ての建物
「清水の舞台」として知られる清水寺。なだらかな坂道が続く清水坂には、数多くのおみやげ屋さんやレンタルきもの店が建ち並び、毎日多くの観光客でにぎわっています。「夢二カフェ 五龍閣(ごりゅうかく)」は清水坂と産寧坂が交差する場所の近くに看板があり、奥へ進んでいく大きな洋館を発見。
龍をモチーフにしたモダンな看板
建物が完成したのは1921(大正10)年。明治に活躍した起業家・松風嘉定(しょうふうかじょう)の邸宅で、おもにお客様をおもてなしする迎賓館として使用されていたそうです。清水寺の門前であることを踏まえ和洋折衷様式の建物になっています。中に一歩踏み入れると木のぬくもりを感じられ、敷き詰められた赤い絨毯が風情たっぷりです。

カフェ空間には竹久夢二の作品がずらり

カフェ空間には竹久夢二の作品がずらり 真っ赤な絨毯が美しいレトロな雰囲気の店内
1階を活用したカフェスペースは高い天井が開放的な癒しの空間。室内にはタイル絵の美しい大きなテーブルやアンティークの机や椅子が配置されています。そして店内の壁を彩るのは大正時代に美人画の画家として一世を風靡した竹久夢二の作品。当時の五龍閣の当主と親交があったことから多くの作品が残されています。
左:テラス席 右上:タイル絵の大きなテーブル 右下:夢二の作品

スイーツも自家製にこだわった本格派

スイーツも自家製にこだわった本格派 「豆乳プリンパフェ」(720円)。ドリンクセットはプラス200円
店内ではホットサンドやパスタといった軽食から、スイーツメニューも充実。今回ご紹介する「豆乳プリンパフェ」は自家製豆乳を使ったなめらかなプリンの上に、豆腐ドーナツ、抹茶アイス、白玉がのった五龍閣の看板スイーツ。仕上げに黒蜜をかけていただきます。豆腐ドーナツの外はサクサク、中はふわふわ。なめらかなプリンや、もちもちの白玉といった多彩な食感が楽しめる和パフェです。

ラテアートが美しい「ルシアンコーヒー」

ラテアートが美しい「ルシアンコーヒー」 「ルシアンコーヒー」(720円)
さらに、フォトジェックな一杯として話題なのが「ルシアンコーヒー」。ミルクたっぷりのコーヒーにチョコレートシロップで描かれたアート作品のような一杯で、ほろ苦いコーヒーとチョコレートの甘みが絶妙にマッチしています。
美しい建物と、おいしいスイーツ。清水寺を参拝した後に、ふらりと立ち寄ってみてはいかがでしょうか。お寺とはまた一味違った、優雅で癒しの空間に思わず時間を忘れてゆっくりしたくなりますよ。

夢二カフェ五龍閣(ユメジカフェゴリュウカク)

京都府 京都市東山区清水寺門前 MAP

075-541-7111

11:00~17:00

不定休

夢二カフェ五龍閣

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真