ログイン / 会員登録するアカウントを選択

あのクロナッツで話題の「ドミニク・アンセル・ベーカリー」。NYソーホーに新しいカフェをオープン

91
あのクロナッツで話題の「ドミニク・アンセル・ベーカリー」。NYソーホーに新しいカフェをオープン
日本にも上陸を果たした人気のドミニク・アンセル・ベーカリー Dominique Ansel Bakery。ドーナツとクロワッサンのハイブリッドスイーツ「クロナッツ™」が人気を呼んでいますが、本店があるNYでは近ごろ新たなカフェがオープン。アンセル氏の独創性あふれるメニューが話題となっています。

話題のニュー・カフェがオープン

クロナッツ™の生みの親でもある人気シェフ、ドミニク・アンセル氏が、ソーホーの「ドミニク・アンセル・ベーカリー」に引き続き、2015年春にオープンしたのが「ドミニク・アンセル・キッチン」です。

メイン写真:DAK アボカド・エダマメ・トースト ©Daniel Krieger

話題のニュー・カフェがオープン人気シェフ、ドミニク・アンセル氏 ©Thomas Schauer
スイーツや軽食が並ぶカウンター ©Lam Thuy Vo 

定番スイーツから軽食まで

気になるメニューは、ドミニク氏が得意とする美しい創作料理の数々。おなじみのスイーツから、サンドイッチやサラダといった軽食まで、ベーカリーでは体験できなかった、よりディープな創作メニューが堪能できます。

いまだに順番待ちの長い列ができるクロナッツ™は、このカフェでは購入できませんが、より広いスペースにカフェならではの豊富なメニューで楽しめるということで、オープン当初から賑わいを見せています。

定番スイーツから軽食までにんにくの効いたブルサン・チーズとプロシュートのオープンサンドイッチ ©Daniel Krieger

作りたての本格的デザート

作りたての本格的デザート とろけるような味わいの「1:1レモン・ユズ・バター・タルト」$7 ©Daniel Krieger
なかでも注目なのは、オーダーを受けてからその場で仕上げる本格デザートの数々。たとえば「1:1レモン・ユズ・バター・タルト」。さっくりとしたタルト生地に、オーダーが入ってから作られるさわやかさあふれるトロリとしたクリームがオン。

良質素材のフレッシュ感を損なうことなく、すぐさま美しくサーブするアンセル流が、より高い食のクオリティと味わいを実現しています。

新店舗ならではの限定メニュー

新店舗ならではの限定メニュー フランスの伝統菓子もアンセル版でよりおしゃれに ©Daniel Krieger
また、カフェならではの限定メニューも話題です。

数ある定番スイーツの1つとして、フランス・ブルターニュ地方の伝統的なお菓子、クイニーアマンをドミニク流にアレンジした「DKA(=ドミニクズ・クイニー・アマン)」がよく知られていますが、ここでは、ブラウンシュガーを使ったひと味違うDKAが楽しめるのです。

人気のDKAの特別限定メニューとあって、ブラウンシュガーDKAもすっかり人気商品の仲間入りです。

大人気のスイーツ・フルコース

大人気のスイーツ・フルコース スイーツが次々と仕上げられていくキッチン ©Lam Thuy Vo
そして「ドミニク・アンセル・ベーカリー」の世界をより深く追求したい人におすすめなのが、8種のデザート・テイスティング・コース「アルティメイティッド・ポッシビリティーズ (U.P.)」。料金は$85。毎週金~日曜の19:30と21:30のみの実施で(2015年12月現在)ネットでの予約が必要。人気が高いため、予約をとるのは大変ですが、アンセル氏の美しい創作デザートをコースで堪能できるとあって、地元食通の間ではすでに高い評価を得ています。

泉のように湧き出る創作デザートをひっさげ、アンセル氏の快進撃は、本場NYでこれからも続きそうな勢いです。

Dominique Ansel Kitchen(ドミニク・アンセル・キッチン)

アメリカ合衆国 137 7th Ave S, New York, NY 10014 MAP

(212) 242-5111

9:00~21:00

祝日


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真