ログイン / 会員登録するアカウントを選択

キュートな大仏焼きが話題♪テラス席が自慢の隠れ家的カフェバー・長谷「m's terrace Kamakura」

312
キュートな大仏焼きが話題♪テラス席が自慢の隠れ家的カフェバー・長谷「m's terrace Kamakura」
長谷寺から3分、鎌倉大仏から2分の場所に、テラス席が自慢の隠れ家的カフェバー「m's terrace Kamakura」がオープン。長谷の賑やかな通りから1本入ったところにあり、町の喧騒から離れて静かな時間を過ごすのにうってつけです。今、ここの看板メニュー「大仏焼き」がひそかに話題沸騰中。気になるそのお店を覗いてみました。

鎌倉野菜を使った絶品料理をぜひ

鎌倉野菜を使った絶品料理をぜひ 一軒家の2階部分が店舗
江ノ電長谷駅から徒歩5分のところにオープンしたテラス席が自慢のカフェバー「m's terrace Kamakura」。こちらは、10年以上にわたって自宅で料理教室を開いていた店主・緒方さんが、長年の夢をかなえて実現したお店。店内では、ガレットなど鎌倉野菜を使ったお料理や抹茶ケーキなど自家製スイーツがいただけるほか、昼・夜関係なく、アルコールを楽しむことができます。

落ち着いた雰囲気のバーカウンター
「北海道産そば粉100%のガレット」(1296円)と「フランス産シードル」(グラス864円)
ここに来たらぜひ味わいたいのが、味が濃くておいしいことで知られる鎌倉野菜が添えられた「北海道産そば粉100%のガレット」(1296円)。そば粉100%の独特の香りとパリパリ食感がたまりません。りんご100%のアルコール、フランス産シードルとの相性は抜群!

看板メニュー「大仏焼き」も要チェック

看板メニュー「大仏焼き」も要チェック 左・レモンカスタード、中央・抹茶皮の粒あん、右・プレーン
「抹茶シフォン」(540円)などのケーキや「アフォガート」(540円)など自家製スイーツも人気です。中でもSNSを中心に話題となっているのが「大仏焼き」(248円)。泰然自若としたキュートな大仏は、緒方さんデザイン。イチから焼型を作ってもらったそうです。
大仏焼きは、全部で3種。粒あんの入ったプレーン、抹茶皮の粒あんのほか、季節の素材を使った大仏焼きもあります。春からは季節限定商品として「レモンカスタード」が登場。口に入れると、レモンの香りがふわっと広がる爽やかな一品。どれも甘さ控えめでクセになるおいしさです。

随所にこだわりを感じさせる鎌倉・長谷の隠れ家的カフェバー「m’s terrace Kamakura」。大仏焼きが長谷名物となる日もそう遠くないかも。ぜひ訪れてみてくださいね。

店内はテーブル席、テラス席など全29席
気持ちの良い風が通り抜ける広々としたテラス席

m’s terrace Kamakura(エムズ テラス カマクラ)

神奈川県 鎌倉市長谷3-2-9-1 MAP

0467-95-1162

11:30~日没、土日11:30~23:00

月・火曜

m’s terrace Kamakura

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真