ログイン / 会員登録するアカウントを選択

月ごとに替わる美しいパフェとお花のドリンクに目を奪われる♪蔵前の人気カフェ「mano cafe」

441
月ごとに替わる美しいパフェとお花のドリンクに目を奪われる♪蔵前の人気カフェ「mano cafe」
蔵前にあるゆったりと過ごせる話題のカフェ「mano cafe(マノカフェ)」。季節ごとに変わるフォトジェニックなパフェが人気で、連日多くの人が訪れます。カフェで使用している食材やグラスをはじめ、雑貨の作家さんが手掛けるハンカチやミニバッグ、誰かにプレゼントしたくなる北欧雑貨などのかわいいアイテムも購入できますよ。

シンプルな中にセンスが光るカフェ空間

シンプルな中にセンスが光るカフェ空間 グレーの壁に木の扉が目印
蔵前駅から徒歩6分。隅田川を超えて春日通り沿いに歩いていくと、右手側にグレーの壁に木の扉が印象的な「mano cafe」が見えてきます。こちらは、シンプルながらもセンスの光る空間で、自家製スイーツやカレー、サンドイッチなどのお料理が味わえるカフェ。週末になると、すぐに席が埋まってしまうほどの人気です。
カウンター、テーブル席など全24席

一番人気は季節のパフェ

一番人気は季節のパフェ 「いちごのショートケーキパフェ」(700円)
ここに足を運んだらぜひ味わいたいのが、季節ごとに内容が変わるパフェ。「運ばれてきたときに楽しくなるようなものを」との思いで毎回作られている季節のパフェは、フォトジェニックで、乙女心をくすぐる一品です。
いちごのおいしい今の季節は、「いちごのショートケーキパフェ」(700円)を提供中。グラノーラ、アイス、メレンゲ、生クリーム、パイチップなど、さまざまな食感が楽しめる逸品です。トッピングのいちごも何とも言えないかわいらしさ!
パウンドケーキ「ウイスキーとはちみつ」(430円)
パウンドケーキ、スコーンなどは、ベーシックなメニューにその時々でおもしろいアレンジを加えて作られています。お店を訪れたこの日のパウンドケーキは、たっぷりのウィスキーでしっとりした生地に、はちみつとレーズンを練りこんだ「ウイスキーとはちみつ」(430円)。トッピングのピスタチオがいいアクセントになっています。

魅力あふれるドリンクメニューの数々

エディブルフラワーが入った氷を使った「お花のソーダ」(600円)も人気です。ソーダのスカっと爽やかなのど越しを楽しめるのはもちろんのこと、目でも楽しめるのが嬉しいところ。ほかにも「いちごほうじミルク」(600円)など、ひと手間かけたドリンクメニューがいっぱい!

魅力あふれるドリンクメニューの数々「お花のソーダ」(600円)

北欧雑貨などの雑貨アイテムを販売

北欧雑貨などの雑貨アイテムを販売 北欧から買い付けたカップ(4104円~)
店内では、カフェで使用している食材やグラスなどを中心に、北欧雑貨や日本各地の作家さんが作るハンカチやミニバッグなどの布雑貨をはじめ、約30種類のアイテムを販売する雑貨スペースもあります。ディスプレイは不定期で変わるので要チェックですよ。

ランチをしたり、お茶をしたり、作家さんの作品を見たり、プレゼントを選んだり。おなかも心も満たされる「mano cafe」でのんびりくつろぎの時間を楽しんでくださいね。

店内の一角にある雑貨スペース

mano cafe(マノカフェ)

東京都 墨田区本所1-20-5 MAP

03-6658-5863

11:00~18:00(L.O.17:00)

日・月曜

mano cafe

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真