ログイン / 会員登録するアカウントを選択

PIXARのひみつをのぞいてみよう♪六本木で開催中の体験型展覧会「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」|編集部レポ

94
PIXARのひみつをのぞいてみよう♪六本木で開催中の体験型展覧会「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」|編集部レポ
『トイ・ストーリー』や『モンスターズ・インク』など誰もがきっと1つはお気に入りの作品があるPIXARアニメーション。そんなPIXARアニメーション制作の裏側を知ることができる展覧会「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」が六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー森タワー52階にて9月16日(月・祝)まで開催中。
ひと足早く、ことりっぷ編集部が行ってきたので会場の様子をレポートします。

「PIXARのひみつ展」とは

「PIXARのひみつ展」とは
日比谷線・六本木駅から徒歩3分。六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー森タワー52階で開催中の「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」は「The Science Behind PIXAR」としてアメリカやカナダで150万人以上を動員した展覧会。東京シティビューでの開催が、アジア初となります。

会場に入ると、まずお出迎えしてくれるのは『トイ・ストーリー』のバズ・ライトイヤー。わくわくするピクサーの世界が広がります。

ピクサーのアニメーションづくりを体験しよう

ピクサーのアニメーションづくりを体験しよう
PIXAR作品を支える科学について、実際のアニメーション制作の内、カギとなる8つの工程を体験しながら学べる体験型展示は本展覧会最大の見どころです。

ピクサー映画の製作工程は常に順番通りではなく、各工程を行き来し制度を高めながら完成に至るので、順番は重視しなくても大丈夫。ボタンやレバーの操作で感覚的に楽しめるブースが多数設置されているので、会場内を自由に巡ってみましょう。

3Dモデルでキャラクターの形をつくる「モデリング」

キャラクターの表情を作ってみよう

キャラクターの表情を作ってみよう
「リギング」の工程ではキャラクターを動かす筋肉や関節をつくります。キャラクターの表情を作る体験ができるコーナーがあり、レバーを動かすことで『トイ・ストーリー』のジェシーの様々な表情を作ることができます。驚いている顔や、寂しい顔など、自由な発想でジェシーの表情を作ってみてくださいね。
キャラクターに演技をつけ、ストーリーに命を吹き込む「アニメーション」

"小さな映画"を作れるコーナーも♪

"小さな映画"を作れるコーナーも♪
「セット&カメラ」では、カメラマンになったつもりで物語の世界を撮影してみましょう。
ランプの位置をずらしながら写真を複数枚撮影したものを動画として繋げることで"小さな映画"を作ることができたり、『バグズ・ライフ』の世界を撮影するかのように、虫の目カメラが体験できたりと大人でもワクワクするブースが続きます。

水の表現は"ライティング"が重要

水の表現は"ライティング"が重要
『ファインディング・ニモ』のドリーが待っている「ライティング」ブースでは、ボタンを選び、色を変えることで水の表現を行うことができます。水の様子や、ドリーの姿を照明効果によって強弱をつけ、ストーリーの情感を引き立てているのだとか。
近づいて、ドリーと一緒に写真を撮ることもできますよ。

オリジナルグッズも見逃さないで

オリジナルグッズも見逃さないで
会場にはここでしか買えない限定グッズがたくさん。
ペンやメモ帳といった文房具に加え、暗闇で光るTシャツ、マグカップ、iPhoneケースなど、PIXARキャラクターをデザインしたアイテムが続々登場。気になるアイテムは忘れずに手に入れてくださいね。

PIXAR作品のひみつを解き明かそう

PIXAR作品のひみつを解き明かそう
いかがでしたか?
「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」は、子供だけでなく大人も楽しめる体験型の展覧会。
『トイ・ストーリー4』が公開になる前に本展を訪れておけば、いつもとは違う観点で映画も楽しめそうですね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真