ログイン / 会員登録するアカウントを選択

名品&名店揃い!仙台でぜひ訪れたいスイーツのお店6選

189
名品&名店揃い!仙台でぜひ訪れたいスイーツのお店6選
さわやかな新緑が青空に映えるこの時季の仙台。観光もさんぽも楽しい季節です。今回はそんな仙台からスイーツのおいしいお店を6つご紹介。京都やフランス仕込みの本場の味からSNSで話題のスイーツ、リフレッシュにうれしいフルーツまで、さまざまなおいしさを気分に合わせてどうぞ。

京仕込みの女性職人の技にうっとり♪「和菓子 まめいち」

京仕込みの女性職人の技にうっとり♪「和菓子 まめいち」 月替わりの上生菓子(250〜350円)
地下鉄勾当台公園駅から徒歩5分ほど、錦町公園を望む場所にある「和菓子 まめいち」。京都の老舗和菓子店「老松」で修業したのちに戻ってきた、仙台出身の女性和菓子職人・幾世橋(きよはし)陽子さんが営む明るくナチュラルなお店です。

ショーケースに並ぶのは、月替わりの3種類の創作上生菓子のみ。形や色づかいにセンスが光り、季節感があふれます。その隣には4種類ほど、和洋両方の要素を取り入れた焼き菓子が。テイクアウトはもちろん、イートインスペースですぐに食べることもできるので、おみやげ選びにも街歩きのひと休みに立ち寄るのにもぴったりです。

本場パリ仕込み、仙台発のフランス菓子「kazunori ikeda」

本場パリ仕込み、仙台発のフランス菓子「kazunori ikeda」
宝石のような輝きを放つ色とりどりのケーキたち
杜の都・仙台を象徴するストリート沿いにあり、お店から勾当台公園の木々の緑も見える「kazunori ikeda individuel(カズノリイケダアンディヴィデュエル)定禅寺通り店」。オーナーパティシエの池田一紀さんが10年間のパリ滞在を経て、出身地・仙台で開いたパティスリーです。「ルコント」や「パティスリー・サダハル・アオキ・パリ」などの名店で研鑽を積んだ本場の味を、最高級の素材で提供しています。

お店には色鮮やかで独創的な生ケーキとマカロンが、それぞれ常時20種ほど。焼き菓子やチョコレート、コンフィチュールなども揃います。現在、市内に3店舗を構えていますが、いちごのショートケーキは定禅寺通店限定販売です。

kazunori ikeda individuel 定禅寺通り店(カズノリイケダアンディヴィデュルジョウゼンジドオリテン)

宮城県仙台市青葉区本町2-18-23MAP

022-797-2903

11:00~20:00、土曜は10:00~、日曜は10:00~19:00

元旦

kazunori ikeda individuel 定禅寺通り店

素材が生きた本格イタリア菓子♪「pasticceria SAVOI」

素材が生きた本格イタリア菓子♪「pasticceria SAVOI」 左から「ピスタチオクリーム チョコレートケーキ」「モンテビアンコ(モンブラン)」「ボネ(ココアプリン)」
地下鉄五橋駅から徒歩5分、イタリア国旗とブルーグリーンの外観が目印の「pasticceria SAVOI(パスティッチェリア サヴォイ)」。イタリア各地の伝統的な焼き菓子が10種類以上、パンナコッタ、ティラミスなどポピュラーなイタリア菓子が常時10〜12種類ほど揃う、宮城県では珍しいイタリア菓子の専門店です。

「イタリア菓子はシンプルゆえに素材の味がダイレクトに伝わるので、材料を厳選しています」と話すオーナー。ナッツ類やチョコレート、小麦粉などは世界中から取り寄せ、粉の挽き具合や配合にも気を配っています。ひとつひとつ丁寧に作るお菓子は、素朴ながら風味も香りも高いものばかり。各地方の味を食べ比べるのもいいですね。

pasticceria SAVOI(パスティッチェリア サヴォイ)

宮城県仙台市青葉区北目町2-32 RE-SENDAI 102MAP

022-778-3532

10:30~19:30※土・日曜、祝日〜18:00

水曜

pasticceria SAVOI

愛らしい白クマドーナツが名物♪「OVAL COFFEE STAND」

愛らしい白クマドーナツが名物♪「OVAL COFFEE STAND」 その日販売しているドーナツはお店のFacebookで確認できる
荒町商店街にある「OVAL COFFEE STAND(オーバルコーヒースタンド)」。地元の人に愛される一方、動物や季節のイベントをモチーフにしたドーナツがSNSでも話題のお店です。

店内のテーブルには、定番と季節のフレーバーを合わせて毎日10種ほどのドーナツがずらり。岩手県産小麦とフランス産発酵バターを使い、2階にある厨房で毎朝手作りしています。コーヒーは、産地ごとの香りや味の違いがわかるようにと、新鮮な豆を浅煎りしているのが特徴。味わいはびっくりするほどフルーティーでクリア。苦みも少ないので、コーヒーが苦手な人にもおすすめです。

OVAL COFFEE STAND(オーバルコーヒースタンド)

宮城県仙台市若林区荒町69-1MAP

090-9812-1254

13:30~17:30※金、土曜〜22:00

日曜

OVAL COFFEE STAND

フルーツが主役のスイーツで幸せ♪「いたがき本店」

フルーツが主役のスイーツで幸せ♪「いたがき本店」
フルーツサンド(ハーフ)、フルーツロールケーキ、プリンアラモード
仙台では誰もが知る老舗果物店「いたがき」。JR仙台駅東口から徒歩10分ほどの本店は、ガラス張りの建物に陽光がさんさんと降り注ぐ心地よい空間です。お店の一角にあるカフェでは、果物たっぷりのパフェやケーキ、タルトなどをいただけます。

人気なのは、旬のフルーツ6〜7種類が入った「プリンアラモード」や、色鮮やかな断面が美しい「フルーツサンド」、なめらかなスポンジと甘さ控えめのクリームが絶品の「フルーツロールケーキ」など。メニューごとに熟度を見極めて使うというプロのこだわりが果物の味わいを最大限に引き出し、身体にしみわたるおいしさを堪能できます。

いたがき本店(イタガキホンテン)

宮城県仙台市宮城野区二十人町300-1MAP

022-291-1221

9:00~19:00※土・日曜、祝日~18:30

無休

いたがき本店

仙台みやげの新定番♪四角いどらやきの「ankoya」

仙台みやげの新定番♪四角いどらやきの「ankoya」 保存料は不使用。賞味期限は購入日から2日間
仙台駅からほど近い商店街「ハピナ名掛丁」の路地裏にあるどら焼き専門店「ankoya(あんこや)」。こじんまりとした和モダンなインテリアの店内に、フィルムにぴっちりと包まれたぷくぷくのどら焼きが、ずらりと並んでいます。

こちらのどら焼きは珍しい四角形。北海道産小豆を8時間かけてじっくり炊いたあんこが、ふわふわの皮にたっぷり入っています。自慢のあんこをひと口目から味わえるよう、この形になったんだそう。商品は季節商品1種類を含む5種類。お昼頃には売り切れてしまうことも多いので、電話での取り置きがおすすめです。

ankoya 駅前店(あんこやえきまえてん)

宮城県仙台市青葉区中央1-8-31 名掛丁センター街MAP

022-265-8123

11:00~19:00

日曜、祝日


いかがでしたか?
今回は、過去に「ことりっぷWEB」で紹介したお店の中から、おいしいスイーツを楽しめる仙台のお店をまとめてご紹介しました。メニューや営業時間、定休日などの情報は、各記事の公開時点のものですので、事前に確認しておでかけしてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真