ログイン / 会員登録するアカウントを選択

世界遺産から冬のイベントまで―初めての奈良観光で訪れたい4スポット

135
世界遺産から冬のイベントまで―初めての奈良観光で訪れたい4スポット
豊かな自然に囲まれ、歴史ある古社寺が点在する奈良。世界遺産のお寺めぐりをはじめ、静かにゆったり歩くのがぴったりな街です。愛らしい鹿が遊ぶ奈良公園や町家が並ぶ奈良町も奈良駅(JR・近鉄)から歩いていくことができますよ。今回は、1300年の歴史を誇る奈良県の見どころを、ご紹介します。

かわいい鹿がいっぱい♪奈良公園をてくてく歩きましょう

奈良市にある県立公園の「奈良公園」。660ヘクタールもの広大な敷地内には、東大寺、興福寺、春日大社などの由緒正しき寺や、奈良国立博物館などが建っています。公園内のほとんどは芝生となっており、1100頭ほどの鹿が生息しています。桜や紅葉の名所としても有名なんですよ。

かわいい鹿がいっぱい♪奈良公園をてくてく歩きましょう
約33ヘクタールもの山脈が赤く染まる
奈良公園の魅力は、東大寺、興福寺、春日大社など奈良が世界に誇る社寺仏閣が集まっており、数多くの国宝・重要文化財にふれられること。そして、広大な敷地に緑あふれる自然と、天然記念物に指定されている野生の鹿とふれあえることです。
これからの季節ですと、1月の第4土曜日に「若草山焼き」というお祭が行われます。花火とともに若草山に火が放たれ、新年を飾る炎のお祭です。他にも夏は、2万5千本以上のろうそくが奈良一帯に灯る「なら燈花会」や、秋には神官が角を切り落とす「鹿の角きり」というイベントもあり、四季折々と楽しむことができますよ。

日本でいちばん大きな仏さま“奈良の大仏さん”と会う

「奈良の大仏」といえば、大半の人がわかる非常にポピュラーな大仏像。奈良の大仏の正式名称は『東大寺盧舎那仏像(とうだいじるしゃなぶつぞう)』。1200年以上前からこの地で人々を見守ってくれています。その、大仏像があるのが東大寺の金堂・大仏殿です。聖武天皇の発願により建立されたお寺で、華厳宗の大本山になります。東大寺盧舎那仏像をはじめ、国宝・重文級の文化財が多く、興福寺や薬師寺、唐招提寺などとともに世界文化遺産に登録されています。

日本でいちばん大きな仏さま“奈良の大仏さん”と会う

五重塔や阿修羅像は圧巻!鮮烈な記憶を残す興福寺

興福寺といえば、奈良観光では外せない、全国で2番目に高い五重塔。五重塔とは、お釈迦さまのご遺骨を奉安する仏塔の形式の一つ。室町時代に建てられ、その後5回の再建をへて現在は50.1メートルもの高さがあります。五重塔以外にも、北円堂・三重塔・東金堂などの国宝があります。興福寺国宝館には、3つの顔と6本の手を持つ阿修羅像や仏像などの寺宝が展示されています。春と秋には、建物の特別公開扉や仏像の特別拝観も行われます。

五重塔や阿修羅像は圧巻!鮮烈な記憶を残す興福寺

全国の春日大社の総本社。縁結びのご利益もあります

全国の春日大社の総本社。縁結びのご利益もあります
春日山の麓、原始の森に抱かれるように佇む「春日神社」。本社のほかにも61もの摂社や末社が祀られています。朱塗りの社殿が鮮やかで、3000基もの燈籠が並んでおり、境内には縁結びや夫婦円満にご利益がある神社もありますよ。
今回ご紹介したほかにも、風情を感じる町家や、日本の世界遺産第一号の「法隆寺」などたくさんの見どころがあります。日本の歴史を感じさせる奈良へ、旅をしてみませんか?
ことりっぷ 奈良・飛鳥

ことりっぷ 奈良・飛鳥

「ことりっぷ 奈良・飛鳥」では、世界遺産や昔ながらの町並みが残る奈良町など、奈良観光に役立つおでかけ情報を紹介しています。

http://co-trip.jp/book/detail?id=38&regionId=5

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD