ログイン / 会員登録するアカウントを選択

冬の銀座にスノーマンがやってきた- 絵本の全原画や限定グッズも

38
 冬の銀座にスノーマンがやってきた- 絵本の全原画や限定グッズも
淡いタッチで描かれた、心がほんわか温まる世界的ベストセラーの絵本『スノーマン』。貴重な絵本全場面の原画やアニメのセル画などのほか、限定グッズもそろう「スノーマン展」が、松屋銀座で開催中です。

60ヵ国以上で読まれる『スノーマン』の世界へ

今からおよそ40年前、イギリス人作家レイモンド・ブリッグズによりつくられた『スノーマン』。やわらかな線で描かれた、心にじんと響く絵本は、世界的ベストセラーとなりました。日本では『ゆきだるま』というタイトルでも1978年に出版されています。

「スノーマン展」では絵本全場面の原画18点をはじめ、過去に2度制作されたアニメのセル画などの約80点を展示しています。今まで『スノーマン』のストーリーを知らなかった人もふくめて、物語の世界観にふれられる内容になっています。

60ヵ国以上で読まれる『スノーマン』の世界へ展覧会メインビジュアル
作者自身が作ったという見本用冊子の原物も展示

ある冬の夜の、少年とスノーマンの物語

ある冬の夜の、少年とスノーマンの物語 絵本原画の1ページ
文章を用いず、絵だけで各情景をつくりあげる独自の表現も、絵本『スノーマン』の大きな魅力といえそうです。「スノーマン・絵本の世界」の展示コーナーにある原画を見つめると、どのコマも鮮明かつ細やかに描かれていることに気づくはず。読み手それぞれがイメージをふくらませ、物語を味わうことを作者はのぞんだのでしょうか。

『スノーマン』は一人の少年とスノーマンの冒険を描いた物語。雪の日、ひょんなことから出会った二人は、楽しいひと時をともに過ごしすっかり友だちになるものの、そのかけがえのない関係は、突然思いもよらない展開をむかえることに――

話の順に沿って展示された原画を一枚一枚たどっていくと、いつしか絵本の世界へと引き込まれていることでしょう。
夢中になって遊んだ翌朝、少年が庭で目にしたものは 絵本原画の1ページ

日本未刊行の作品や世界中のグッズが大集結

続く「スノーマン・アニメーションの世界」のコーナーで展示している約80点のアニメの絵コンテなどからは、絵本とまた違った作品の息づかいが感じられるかのよう。
制作過程を映すムービーや着物姿のスノーマンの絵などもあって『スノーマン』の新たな一面を発見できますよ。

日本未刊行の作品や世界中のグッズが大集結
世界各国のスノーマングッズが勢ぞろい(非売品)
もともと新聞記者や漫画家を夢みた作者は、親による反対や兵役の仕事を経て、児童文学を手がけるようになりました。
「スノーマンを描いたブリッグズの世界」の展示コーナーには、日本未刊行のものを含む14点の作品が並んでいます。なかには怪物一家や戦争をテーマとしたものもあるので、『スノーマン』との絵のタッチの違いに注目してみて。

松屋銀座限定や展覧会先行販売のグッズもあるんです

松屋銀座限定や展覧会先行販売のグッズもあるんです 左上から時計回りに、フィギュリン(スノーマンとビリーとスノードッグ)5,940円、スノーマン×CANDYBOUQUET14,040円、MEYER 琺瑯マグカップセット3,780円 、FEILER ハンカチ 2,160円
展示を鑑賞しおえたら、お気に入りのグッズ探しでしめくくりましょう。ハイブランド「FEILER」とコラボしたハンカチやキャンディブーケ、ドイツ式湯たんぽなど、約300アイテムのスノーマングッズがお待ちかねです。ギフトとともに自分用にも、つい買いすぎてしまいそう。

遠くイギリスからやってきたスノーマンに会いに、さっそく銀座へ足を運んでみましょう。


※メイン画像は、イメージです。

絵本原画からアニメまで スノーマン展(エホンゲンガカラアニメマデスノーマンテン)

東京都 中央区銀座3-6-1 松屋銀座8階 イベントスクエア MAP

03-3567-1211(大代表)

2015年12月09日 (水) ~ 2015年12月28日 (月)

10:00~20:00(12日(土)~24日(木)は20:30まで。入場は閉場の30分前まで。最終日は17:00まで)

無休

http://www.matsuya.com/m_ginza

【料金】一般700円

絵本原画からアニメまで スノーマン展

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真