ログイン / 会員登録するアカウントを選択

本場ベトナム仕込みのパン!『エビス バインミー ベーカリー』|by PARISmag

152
本場ベトナム仕込みのパン!『エビス バインミー ベーカリー』|by PARISmag
毎日の暮らしのなかで少しだけ心が弾むような豊かさをお届けするWEBマガジンPARIS mag(パリマグ)から、今回は恵比寿にある『エビス バインミー ベーカリー』をご紹介します。
あたたかな日も増え、サンドイッチを持ってピクニックなどにでかけたくなる季節。タマゴサンドにフルーツサンド、カツサンドなど、日本のサンドイッチも外せませんが、今回紹介するのは、異国のサンドイッチ。
ベトナムのサンドイッチ「バインミー」です。2017年に恵比寿にオープンしたバインミーの専門店『エビス バインミー ベーカリー』に伺い、オーナーの茂木さんにお話を聞いてきました。

こだわりの自家製パンで作るバインミー専門店

こだわりの自家製パンで作るバインミー専門店
『エビス バインミー ベーカリー』は、焼きたて、できたてパンを使ったベトナムサンドイッチの専門店。恵比寿駅東口駅前にある古き良き商店街『えびすストア』の一角にあります。ベトナムの市場のような雰囲気で、ここにバインミーのスタンドがあったらおもしろいと考え、この場所にオープンしたのだそう。
英語、日本語のメニューがあります
なんと、『エビス バインミー ベーカリー』では、パンも自家製。伝統的なベトナムの製法で、毎日、粉から作っているのだそうです。

「ベトナム北部の町のベーカリーに住み込みで学んできた、ベトナムの伝統的な製パン方法による自家製パンにこだわっています。ベトナムの伝統的なパンの特徴は、軽くてサクサクなこと。見た目はフランスパンのようですが、食感はまるで別物ですよ」と茂木さん。

本場ベトナム仕込みのパン。それを日本の材料・気候で表現するには試行錯誤したそう。
また、『エビス バインミー ベーカリー』には、高円寺に本店を構える生米麺フォーの店『チョップスティックス』をはじめ、ベトナム料理を展開する姉妹店が都内に4店舗あります。サンドする具材ももちろん本格派!調味料はベトナムのものを、食材はできるだけ国産のものにこだわって作っています。

本場の味を堪能!

本場の味を堪能!
ベトナム人店長のトーンさん。まずは自家製パンに切り込みを入れます。
具材をサンドする前に、パンをトースト。ベトナムでは、挟んでから焼くところもあればまったく焼かないなど、お店によっていろいろなのだそう。
トーストしたパンに、具材をサンド。レバーペーストもたっぷり!
大きなチャーシューが3枚も! 定番「バインミー サイゴン」
今回オーダーしたのは、定番の「バインミー サイゴン」と「揚げサバトマトソース煮込み バインミー 」の2種類。どちらもベトナムでポピュラーなメニューだそう。
「バインミー サイゴン」
「バインミー サイゴン」の具材は、チャーシュー、レバーパテ、きゅうり、なます、チリソース、パクチー。できるだけオーセンティックに、ベトナムの伝統的な定番の味に仕上げているそう。

今にもこぼれそうなほど、たっぷりとサンドされた具材。大きな口を開けてがぶりとひと口。トーストされたパンはパリっとしていてサクサク!茂木さんがおっしゃっていた「見た目はフランスパンだけど、食感が別物」という言葉に納得です。なますのような野菜のシャキシャキ感に、チャーシューのジューシー感に…とさまざまな食感と味わいで“おいしい”が次から次へと止まりません。
「揚げサバトマトソース煮込みバインミー」
揚げサバトマトソース煮込みは、バインミーの具材としてだけでなく、ベトナムの家庭料理や食堂の定番おかずなのだそう。臭みが出ないよう、しっかり下処理をした肉厚なサバ。トマトソースでさっぱりといただけちゃいます。

また、地方によってさまざまだそうですが、ベトナムではバインミー の味の調整として、ヌクマム(魚醤油)やヌクトゥン(大豆醤油)を振りかけて食べることも多いそう。
一緒にいただいたのはベトナムコーヒー。コンデンスミルクが入っているのが特徴です。「甘いのかな?」と思ったのですが、想像以上にすっきりしていておいしい!コーヒーの深い味わいと絶妙にマッチしていて、ゴクゴクと飲んでしまいました。

『エビス バインミー ベーカリー』で提供しているコーヒーは、KUKU社のベトナムブレンド。ココアのような味わいで、やさしい甘みと苦味がブレンドされたベトナムブレンドは、ベトナムの人々にも愛されている1杯なのだとか。

ベトナムでは、朝・昼・夜のなかでも朝食にバインミーを食べることが多いそうです。食べ応えもあって野菜もたっぷりのバインミーと、ほどよい甘さのベトナムコーヒーで始まる1日は活力も湧いてきそう!気軽に立ち寄れるこのお店には、近隣で働く会社員の人や外国人、ベトナム人の方などさまざまなお客さんがこの味を求めてやってくるそうです。

バインミーを通じて楽しむベトナム料理

バインミーを通じて楽しむベトナム料理
オーダーできるバインミーのメニューも豊富。ベトナムでもいろいろな種類があるのだそう!

「ベトナムは地方によって本当にたくさんの種類のバインミーがあります。僕もたくさんの種類のバインミーを食べてきましたが、バインミーの定義としてたどり着いた答えは、『ベトナム料理をサンドしたサンドイッチ』ということでしょうか。なますを入れるとか、パクチーを入れるとか、そういったルールはありません」と茂木さんが教えてくれました。
いろいろな種類を食べてみたい!という方はミニサイズで数種類オーダーしてみても◎
ベトナム人と日本人スタッフ、みんなで考えている月替りのメニューも。訪れたときは「豚カルビのワサビマヨネーズ」がありました。伝統的なバインミーはもちろん、これからもどんな組み合わせのバインミーが登場するのか楽しみです。

本場の味、そして伝統的な製パン作りにこだわって作る『エビス バインミー ベーカリー』のバインミーサンドイッチ。ぜひこの感動を味わってみてはいかがでしょうか?

エビスバインミーベーカリー

東京都 渋谷区恵比寿1-8-14 えびすストア内 MAP

11:00~20:00 ※売り切れ次第終了

なし


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真