ログイン / 会員登録するアカウントを選択

松島

🏝宮城県 日本三景 松島☀地質(読み物です笑)

どうも、お久しぶりです😎えー、今日は松島に来ています🏝

日本三景に数えられるこの「松島」✨
ここまで松島湾を南から北へぐるっと回るように見てきました🚙💨
青い海の中に白い大小の島が連なったり点在したり、その上に松が植生する、大変美しい景観でしたね✨

島を見ていて思ったことは
*岩の色が白い
*波の侵食で大きく形が変わった形跡がある
*松が生えている笑

これらの事から、考えられる地質は…

ズバリ❗“凝灰質砂岩”( •̀ω•́ )✧

海底火山の火山灰が積もり固まった地層☝

お正月トリップの伊豆でも沢山出てきましたね!
ただ、あれほどのシマシマの層は感じなかったです…
さて、正解はコチラ!


(Wiki)松島の地形は宮城県の中央部にある松島丘陵の東端が海にまで達し、それが沈水して出来たリアス式海岸がさらに進んだ沈降地形で、溺れ谷に海水が入り込み山頂が島として残っている。

だそうです、さらに松島湾中央部の島が全く無い辺りの水深は2m程度と浅い海底が広がるようです☝

う〜ん…🤔
分かりやすく説明しますと、

☻6500〜300万年前の火山灰や砂や礫が現在の松島の地層を形成する
☻300〜250万年前くらいに、今より内陸にあった海が隆起する
☻隆起した松島丘陵(まだ丘です)が内陸→現在の位置へ動く(地塊運動)
☻陸地(丘=山)なので川により侵食され、谷ができる(リアス式海岸のベースですね)
☻250〜190万年前に松島丘陵は徐々に海へ沈み(断層運動)、海による侵食を受け、高い所は島として残る
☻190〜70万年前に再び隆起し、河川の侵食を受ける(平らな平野部ができる)
☻70〜10万年前にまたもや沈降し、高い所が島として松島を形成する
☻陸地の河川侵食により形成された平野部は、松島湾の島の無い辺りの浅く平らな地形として広がる

だいたいこのような感じになります( ´Д`)💦ハァハァ..

移動、隆起と沈降の繰り返し!
河川や波による侵食!

実に壮大でした。

🔹🔸🔹🐤🔸🔹🔸🐤🔹🔸🔹

2回に分けるべきでしたね、舐めてました💧笑
めちゃくちゃ長くなってしまい、読むのも大変だったでしょう|ω・`)チラッ

宮戸島から奥松島パークラインを鳴瀬川方面に向かう時に、この松島が海から隆起した“海から出た松島”のような風景を目にしました☝

とても印象的で運転手じゃなければ、写真撮ったのにな〜と残念です(*´罒`*)
奥松島には日本三大渓に数えられる「嵯峨渓」もありますし、松島全体実に魅力的な場所です✨🏝✨
(平成31年4月28日撮影)

#宮城県 #日本三景
#松島 #地質 #ブラゆきたか
#GW青森トリップ #SONYa6000

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真