ログイン / 会員登録するアカウントを選択

一粒の宝石のようなスイーツ「ミニャルディーズ」って? 南青山に専門店がオープン

368
一粒の宝石のようなスイーツ「ミニャルディーズ」って? 南青山に専門店がオープン
※こちらの記事は、2015年12月28日に公開されたものです。

2015年11月オープンした「Un Grain(アン グラン)」は、ひとつまみサイズの菓子「ミニャルディーズ」の専門店。常時40種類ほどそろうケーキや焼菓子は、4~5cm四方の小ささ。宝石のような菓子が並ぶ夢のような空間です。

街並みにとけこんだお店はまるでブティックのよう

街並みにとけこんだお店はまるでブティックのよう
東京メトロ表参道駅BI出口を出て、青山通りから骨董通りに入り徒歩約10分。シックなオリーブ色の建物1階に「アン グラン」があります。

外からは中が見えない設計に想像をふくらませつつ、店内へ入りましょう。二面にわたるショーケースには、約40種類の色とりどりの生菓子や半生菓子、焼菓子などがずらり。こちらはフランスではおなじみの、手のひらにおさまるほど小さな菓子「ミニャルディーズ」の専門店です。

洋菓子ブランド「ヨックモック」が手がけるお店

フランスではコース料理のしめくくりとして、飲みものとともに小さな菓子をつまむ習慣があります。
そんな至福のひと時に欠かせない「ミニャルディーズ」は、食後だけでなく「いろいろな菓子を少しずつ食べたい」ときにもぴったりのスイーツです。

「アン グラン」をプロデュースするのは、洋菓子でおなじみの「ヨックモック」。創業45年以上の伝統あるブランドが、この店をとおして、これまで日本になかった新たな菓子の楽しみ方を提案しています。

洋菓子ブランド「ヨックモック」が手がけるお店菓子は店内工房で作られる

パティシエが腕をふるう菓子はアートの域

シェフパティシエは、渡仏し、世界各国からのセレブリティが訪れる3つ星レストラン「レストラン ギイ・サヴォア パリ」で上質なデセールを学び、2011年に帰国後は東京・青山のビストロ「ブノワ」でシェフ パティシエを務めた金井史章さん。
その小ぶりさからはまるで想像できない、本格的な味や芸術的なフォルムの菓子は、彼の経験とアイディアの賜物なのです。

パティシエが腕をふるう菓子はアートの域シェフ パティシエの金井史章さん
6個入りは1800円~(写真)、12個入りは3600円~
素材や食感、香りのバランスを保ったまま、「ミニャルディーズ」サイズに仕上げるまでに、何度も試作を重ねたのだそう。“本場”を知るシェフの感性が、一つひとつの菓子に光ります。

味、香り…あらゆるエッセンスを閉じこめて

味、香り…あらゆるエッセンスを閉じこめて 「ペティヨン」(単品470円)
一番のおすすめは、ベルガモットムースと紅茶のブリュレを層にした「ペティヨン」です。国内で希少なベルガモット(柑橘)は、高知県の農園でシェフ自ら見つけたもの。爽やかな香りのムースと上品な甘さのブリュレが、繊細なハーモニーを奏でます。

店内にあるカウンターでは、菓子のイートインができます(予約可能。3~4席)。おしゃれな空間で食べれば、優雅な気分に浸れるかも。

味と見ため、どっちを重視? 工夫して選んでみましょう

約40種類のなかから選んだ菓子は、6個または12個入る透明のスタイリッシュなケースに入れるのがお約束。好みの味でそろえるか、色あいをデザインするように選ぶか…悩む時間も「ミニャルディーズ」ならではの楽しみです。あなたのセンスで、とっておきの組みあわせを見つけてみて。

ケースのなかに整然と並んだ「ミニャルディーズ」は、飾っておきたいほどの美しさ。「アン グラン」の芸術的な菓子で、あまーい時間に彩をそえませんか?

味と見ため、どっちを重視? 工夫して選んでみましょうフランスをはじめとするヨーロッパ各国の焼菓子の数々

Un Grain(アン グラン)

東京都 港区南青山6-8-17 プルミエビル1階 MAP

03-5778-6161

11:00~19:00

不定休、2015年の年始は1月4日より営業

Un Grain

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

※年末年始の営業については、各店舗のウェブサイトをご確認下さい。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真

AD