ログイン / 会員登録するアカウントを選択

仙台・資福寺のアジサイさんぽ帰りに立ち寄りたい、和スイーツのお店5選

176
仙台・資福寺のアジサイさんぽ帰りに立ち寄りたい、和スイーツのお店5選
仙台のアジサイ寺として知られる「資福寺」は、6月の下旬になると境内に植えられた約1200株のアジサイを見ようと、毎年多くの観光客が訪れます。まずは山門へ続く参道の両側のアジサイが、しっとりとお出迎え。境内のあちらこちらでもアジサイを楽しめます。

アジサイを愛でたあとは、カフェスイーツでひと休みしませんか。今回は、抹茶味を中心に、和スイーツがいただけるお店をまとめてご紹介します。

6月末から見ごろを迎える、仙台屈指のアジサイ寺「資福寺」

miho miho
資福寺

紫陽花と、石畳の参道。

#夏色さがし #ことりっぷ宮城 #わたしの街

3
北仙台駅から約20分ほど歩くと到着する「資福寺(正式名称は慈雲山 資福禅寺)」。こちらは、仙台城下町の北の守りとされていた北山五山(きたやまござん)と呼ばれる5つの仏閣のうちのひとつであり、歴史のある寺院です。

6月になると境内に植えられた約1200株のアジサイが花を咲かせ、多くの人の目を楽しませてくれます。

資福寺(シフクジ)

宮城県仙台市青葉区北山1-13-1MAP

022-234-5730

境内自由


期間限定のお茶席で、花を愛でながらお抹茶をどうぞ

むつ むつ
資福寺

紫陽花の季節に、資福寺を訪れました。
暑い時期だったのですが、資福寺の茶屋はまるで京都の川床のように池の上でお茶を頂けるので、別空間のように涼しかったです。
和菓子も甘くて上品な味ー!ごちそうさまでした。

#和菓子 #資福寺

1
アジサイを楽しむ参拝客のために、例年この季節だけ境内に休憩所が設けられます。お茶席でひと休みしつつ、のんびりとした時間を楽しみましょう。

香り高い茶葉と一緒にいただくアイス「一茶 iccha」

香り高い茶葉と一緒にいただくアイス「一茶 iccha」 茶葉まるごとアイス(390円)。こちらは煎茶をふりかけたもの
榴岡公園のすぐそばにある「一茶 iccha(イッチャ)」は、市内の茶舗「お茶の長州園」が営む、日本茶を気軽に味わえるカフェ。約30種類のなかから2種類をオーダーするスタイルのお茶(390円)は、専門店ならではの淹れたてのおいしさに出会えます。

「茶葉まるごとアイス」は、細かく挽いた茶葉をふりかけたアイスクリーム。濃厚な甘みで、茶葉のほろ苦さと芳醇な香りのアクセント♪ ふりかける茶葉は、玉露・玄米・ほうじ茶・煎茶の4つから選ぶことができますよ。

一茶 iccha(イッチャ)

宮城県仙台市宮城野区宮城野1-1-35MAP

022-355-6468

8:00~19:00

月曜


濃厚な茶葉の風味を楽しめるパフェ「抹茶カフェ 茶歩」

濃厚な茶葉の風味を楽しめるパフェ「抹茶カフェ 茶歩」 「茶歩パフェ」(800円)。グリーンティーフロートやあんみつと抹茶のセットなど、抹茶メニュー豊富
「抹茶カフェ 茶歩」は、店主の「京都で出会った抹茶の味を仙台で再現したい」という思いから、パフェやあんみつ、そばなど本格的な抹茶アレンジメニューが味わえるお店です。

緑と白のコントラストがきれいな「茶歩パフェ」は、お店の看板メニュー。濃厚な味とふくよかな香りの宇治産抹茶を抹茶蜜や抹茶ゼリーに使用しています。新潟産こがねもち白玉、丹波大納言の小豆餡もすべて自家製。ヨーグルトの層のさわやかな酸味が、小豆餡や抹茶と相性ぴったりです。

抹茶カフェ 茶歩(マッチャカフェチャホ)

宮城県 仙台市泉区長命ケ丘2-15-4MAP

022-777-6088

11:30~18:30

木・土・日曜、祝日


仙台市街を見渡せる、そばと甘味のカフェ「鹿落堂」

仙台市街を見渡せる、そばと甘味のカフェ「鹿落堂」 「あんみつ(緑茶付き)」(920円)。わらびもち、そば粉のガレットなど和スイーツがそろう
JR仙台駅からバスで約15分。「向山二丁目」に、仙台の街並みと広瀬川を眺めながらそばと甘味が味わえる「鹿落堂(ししおちどう)」があります。オープンから15時までは自家製粉の手打ちそばのランチを、その後17時までは甘味が味わえます。

デザートでオーダーする人が多いという「あんみつ」は、抹茶アイスクリームからみつ豆まですべて手作り。あんこの上品な甘さが全体をやさしく包みます。南部鉄器にたっぷり入った緑茶が付くので、ゆっくりとティータイムが過ごせるのもうれしいですね。

鹿落堂(シシオチドウ)

宮城県仙台市太白区向山1-1-1MAP

022-395-8074

11:00~17:00(そばL.O.14:30、甘未L.O.16:30)

金曜


パフェのようなグラス入りどら焼き「EIGYOKUDO CAFE」

パフェのようなグラス入りどら焼き「EIGYOKUDO CAFE」 「どら焼きソフト」(648円)。ソフトクリームのフレーバは抹茶のほかにバニラもある
JR仙台駅からは車で約30分。閑静な住宅街にある「EIGYOKUDO CAFE(エイギョクドウカフェ)」は、山形の老舗菓子店がプロデュースしたカフェです。名物メニューは、バラエティ豊かな餡をサンドしたどら焼き。本店の「榮玉堂」と同じ製法で、生地を毎日手作りしています。

「どら焼きソフト」は、宇治抹茶ソフトクリーム、十勝産小豆を炊いたあんこ、しっとりふわふわのどら焼きの皮がガラスの器に盛られた、パフェのようなひんやりスイーツ。抹茶の渋みにあんこが引き立ち、さっぱりとした甘さを味わえます。

EIGYOKUDO CAFE(エイギョクドウカフェ)

宮城県仙台市泉区高森1-1-189 高森ショッピングプラザ南館MAP

022-725-7020

10:00~17:30(L.O.17:00)、販売は~18:00(なくなり次第終了)

月曜、第2・第4火曜


和のおやつと抹茶ラテでリラックス時間を「morc」

和のおやつと抹茶ラテでリラックス時間を「morc」 「抹茶ラテ」(464円)、「仙台きなこと黒ごまのチーズケーキ」(432円)
JR仙台駅から歩くこと約15分。本町に建つビルの一室に、カフェを併設した器と雑貨のお店「morc(モーク)」があります。店主がセレクトした器や雑貨がギャラリーのように飾られた店内で、季節のフルーツパフェや和菓子などがいただけます。

時季によって内容を変えるおやつは、常時3~5種類がそろいます。和風アレンジの「抹茶と豆腐のガトーショコラ」や、抹茶のムースを挟んだ「抹茶の浮島サンド」など、和洋を超えたおいしさに出会えますよ。リラックスしたいときには、スチームミルクで抹茶の苦みを和らげた、やさしい飲み口の「抹茶ラテ」を一緒にどうぞ。

morc(モーク)

仙台市青葉区本町2-9-20 B1ビル202MAP

022-702-8161

11:30~19:00、土・日曜10:00~18:00

月・火曜


*****
いかがでしたか?
今回は過去に紹介した記事とことりっぷアプリの投稿から、仙台の資福寺と、市内のカフェをまとめてご紹介しました。
営業時間、定休日などの最新情報は、各施設に確認してからおでかけしてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真