ログイン / 会員登録するアカウントを選択

遠方からも足を運びたい、のどかな風景に溶け込む癒しカフェ「『瓦そば』と『珈琲』と。シガ食堂」

231
遠方からも足を運びたい、のどかな風景に溶け込む癒しカフェ「『瓦そば』と『珈琲』と。シガ食堂」
愛知県岡崎市ののどかな風景の中に、多くの人が訪れる小さなカフェがあります。看板メニューは、山口県下関市の郷土料理「瓦そば」と、ハンドドリップで丁寧に淹れる珈琲。緑に囲まれたレトロな空間と、明るく温かな接客も魅力です。

緑の中に映える白い壁と、レトロなインテリア

2016年6月にオープンした「『瓦そば』と『珈琲』と。シガ食堂」は、豊かな緑に映える白色の壁が印象的。岡崎市の市街地にある名鉄東岡崎駅からは車で15分ほどと少し距離があり、決してアクセスが良いとは言えないにも関わらず、愛知県内はもちろん長野や岐阜など近隣の県からもたくさんの人が足を運んでいます。
緑に映える白壁の建物に心ときめく
店舗は自宅横にあった倉庫を改装し、大工さんと一緒にオーナー自らがリノベーションして作り上げました。漏斗をリメイクして作った照明やアンティークのレジなどが並ぶ室内は、どこか懐かしさを感じる温かな雰囲気に仕上がっています。
木製のカウンターの前にはガラス窓があり、調理をしている様子が見える
そんなお店は、今でも試行錯誤を重ねて進化しているそう。「毎日お店に立っていると、もっとこうしたい!というアイデアがどんどん湧いてきちゃうんです。常連のお客さまには『いつ来ても、どこか変わっているね』と言ってもらえます(笑)」とにっこり笑うのは、オーナーの志賀さん。
料理と接客が大好きだというオーナーの志賀さん。「自分らしく生きられる場所を」という想いで店を始めた

地元の食材を使って作る「瓦そば」や「広島お好み焼き」

1番の人気メニューは、志賀さんの地元である山口県下関市の郷土料理「瓦そば」。熱々の瓦の上に茶そばと具材を乗せ、めんつゆでいただくユニークな料理です。シガ食堂では、西尾の抹茶を使用した茶そばやあいち牛など、愛知県産の素材で作るのがこだわりです。
瓦そば(1300円)。箸袋にはひとつひとつ直筆のイラストが描かれている
「私にとっては慣れ親しんだ食べものですが、愛知では知名度が低く、食べ方もわからない人が多くて驚きました」と志賀さん。この郷土料理を知ってほしい、というのがお店で瓦そばを提供し始めた理由です。そして2016年秋に人気ドラマの中で瓦そばが登場したことがきっかけで、瓦そばを目当てに訪れる人も増えたのだとか。
茶そばをほぐしながら瓦全体に広げていただく。そばのパリパリ食感も楽しい
もうひとつの人気メニューは、「広島お好み焼き」。というのも、志賀さんの実家は山口県下関市でお好み焼き店を長年営んでいるそうで、本格的なお好み焼きを味わうことができます。こちらにも地元愛知産の食材をふんだんに使用。自家製のお好み焼きソースも絶品です。
広島お好み焼き ねぎ&モチーズ(1300円)

こだわりのドリンクで一息ついたら、自然と笑みがこぼれる

店名にも入っている珈琲は、静岡県浜松市の「コーヒー屋ポンポン」と、名古屋市の「ペギー珈琲」の豆を使用しハンドドリップで提供。また、地元岡崎市の「宮ザキ園」のほうじ茶を使用した「ほうじ茶ラテ」も人気です。
珈琲(450円/左)、ICEカフェオーレ(550円/右)※共にミニクッキー付き
ほうじ茶ラテ(500円)。無農薬有機栽培のほうじ茶を使用
提供している器も、志賀さんのこだわりで選んだ作家作品が中心。ちょっとした特別感に加えて、使いやすさ、掴みやすさも意識してセレクトしているそう。インテリアや器、美味しい食事に温かな接客…そのすべてが調和した、居心地のいい空間がここにはあります。
四季折々の風景が楽しめるテラス席。今シーズンは紫陽花を植えているのだとか
敷地内にある大きな桜の樹の下には、ペットとも一緒に楽しめるテラス席も。春は桜が満開になり、お花見も楽しめます。天気のいい日には、ぜひテラス席でのんびり過ごしてくださいね。

『瓦そば』と『珈琲』と。シガ食堂(カワラソバトコーヒート。シガショクドウ)

愛知県 岡崎市小美(おい)町入山手98 MAP

0564-47-2313 (予約不可)

11:00~15:00(LO14:00)、土曜は11:00~15:00(LO14:00)、18:00~21:00(LO20:00)

日曜、月曜

『瓦そば』と『珈琲』と。シガ食堂

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真