ログイン / 会員登録するアカウントを選択

午後のおやつに食べたい!行列のできる食パン専門店の併設カフェがオープン

215
午後のおやつに食べたい!行列のできる食パン専門店の併設カフェがオープン
JR横浜線、京王線、JR相模線が乗り入れ、利便性が高い神奈川県の北の玄関口「橋本」。駅からほど近い住宅街に佇む行列の絶えない高級食パン専門店「午後の食パン これ半端ないって!」に隣接して、食パンカフェ「このカフェ半端ないって!」がオープンしました。店内では、トーストを楽しめるモーニングや日替わりランチセットメニュー、スイーツなど個性あるメニューを提供。気軽にコーヒーやサンドイッチもテイクアウトできますよ。

パンとコーヒーを楽しめるカフェが相模原市橋本にオープン

パンとコーヒーを楽しめるカフェが相模原市橋本にオープン 高級食パン専門店「午後の食パン これ半端ないって!」に併設してオープン
食パンカフェ「このカフェ半端ないって!」は、JR横浜線「橋本」駅から徒歩3分の場所。2018年9月にオープンした高級食パン専門店「午後の食パン これ半端ないって!」に隣接してオープンしました。

気軽にコーヒーやサンドイッチをテイクアウトできる「TOGOエリア」とゆっくりと席でくつろぎながらフルサービスで食事が楽しめる「カフェエリア」に分かれており、店内ではモーニング、ランチ、ティータイムそれぞれの時間帯で食パンを引き立てる個性あるメニューを楽しめます。

カフェエリアで楽しめる食パンは2種

カフェエリアで楽しめる食パンは2種 「半端ない熟成(プレーン)」(864円)
カフェエリアで提供されるメニューに使用する食パンは2種。「午後の食パン これ半端ないって!」で作られた食パンを使ったメニューが楽しめます。「半端ない熟成(プレーン)」は、全国から小麦、塩、バター、生クリームなど選りすぐりの食材を使用しているのだそう。

まずは焼かずにそのままで食べるのがオススメ。耳までやわらかく、パン生地はふわふわで口どけなめらか。小麦の風味も楽しめ優しい味わいを楽しめます。
「仕方ない午後(レーズン)」(1,058円)
ユニークな名前の食パン「仕方ない午後(レーズン)」は、この食パンなら午後を棒に振ってもかまわないという意味を込めて名付けられたのだそう

食パンに使用するのは、オーストラリアで育ったジューシーな「サンマスカットレーズン」。小麦の風味と一緒に、弾ける食感とさわやかな味わいが口の中に広がります。
テイクアウトの専用紙袋が個性的

3種のディップと食パンを楽しむ「朝食セット」

3種のディップと食パンを楽しむ「朝食セット」 朝食セット(626円)
8:00〜11:30までのモーニングタイムで提供するのは「朝食セット」。本日のディップの中から好きな3種類を選び、食パンとともに楽しめます。食パンは、生またはトーストを選ぶことができ、追加料金50円でレーズンたっぷりの「仕方ない午後」の食パンに変更が可能。

パンに合うように開発した自家製タマゴサラダとミニグリーンサラダが付いており、朝から栄養バランスも満点な一皿です。

2種のメイン料理から選べる「本日の半端ない食パンランチ」

2種のメイン料理から選べる「本日の半端ない食パンランチ」 本日の半端ない食パンランチ (1,380円)
11:30〜14:00までのランチタイムで提供するのは、「本日の半端ない食パンランチ」。本日の日替わりメイン料理を2種から選び、香ばしくトーストされた厚切り食パンとともに楽しめます。

セットにはミニ惣菜とミニデザート付き。食べ応え十分のランチセットです。

ランチで提供する単品メニュー

ランチで提供する単品メニュー 作りたてのだし巻きたまごはふわっふわ。パンと相性も良い
ランチは、セット以外に「半端ない熟成(プレーン)」を使用した単品のパンメニューも豊富に揃っています。

その中でも特にオススメなのが「だし巻きたまごサンドイッチ」。注文を受けてからだし巻きたまごを作ってサンドイッチにするので、温かいだし巻きたまごを絶品の食パンとともに味わうことができます。

一晩かけてアパレイユに漬け込んだこだわりの「フレンチトースト」

一晩かけてアパレイユに漬け込んだこだわりの「フレンチトースト」 一晩かけてアパレイユに漬け込んだフレンチトーストはプリンのような食感が味わえる
14:00〜18:00のティータイムで楽しめるのは、厚切りにカットした「半端ない熟成(プレーン)」を一晩かけてアパレイユに漬け込んだこだわりのフレンチトースト。中までしっとりと染み込んだプルプルの食パンを、フライパンとオーブンで焼き上げます。

表面はサクッと香ばしく、中はプリンのようなトロトロ食感がたまらない。フレンチトーストは他に「フルーツたっぷりフレンチトースト」と「アフォガードフレンチトースト」の3種類。

ティータイムは、サンドイッチの単品メニューも注文することができるので、スイーツ以外も味わえますよ。

一杯ずつハンドドリップで淹れるこだわりのコーヒー

一杯ずつハンドドリップで淹れるこだわりのコーヒー
食パンメニューと一緒にぜひ楽しんでいただきたいこだわりのコーヒーは、季節のコーヒーを含む3種類。横浜白楽にある「TERA COFFEE and ROASTER」が、パンと相性の良いオリジナルブレンドを共同開発しました。

豆を挽いてスタッフが一杯ずつハンドドリップで丁寧に淹れるので、いつでも風味豊かなコーヒーを飲むことができます。また、コーヒーや食パン、サンドイッチはテイクアウトできるので自宅でもお店と同じ味を楽しめますよ。

オーナーが長年思い描いて実現した食パンとコーヒーが楽しめるカフェ

オーナーが長年思い描いて実現した食パンとコーヒーが楽しめるカフェ 左:カフェ責任者西野さん ベーカリープロテューサー:岸本さん カフェ副店長:渡邊さん
コーヒーが好きなオーナーが、コーヒーとパンでゆっくり過ごせる場所を作りたい。そんな想いが今回形になった食パンカフェ「このカフェ半端ないって!」。このキャッチーな店名を考えたのは数々の高級食パン専門店をプロデュースする岸本拓也さん。

それぞれの想いが交差する、地域に密着した橋本の新たなカフェスポットで、食パンとコーヒーを楽しみに訪れてみてくださいね。

このカフェ半端ないって!(コノカフェハンパナイッテ)

神奈川県 神奈川県相模原市緑区橋本2-17-21 AYAビル1階 MAP

042-703-6611

8:00〜18:00(L.O 17:30)

月曜日

このカフェ半端ないって!

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真