ログイン / 会員登録するアカウントを選択

外国の蚤の市を訪れた気分で。横浜港のふもとにある「ブラウベルグ アン ダー キュステ」

113
外国の蚤の市を訪れた気分で。横浜港のふもとにある「ブラウベルグ アン ダー キュステ」
横浜港大さん橋へ向かう途中にある「ブラウベルグ アン ダー キュステ」は、ヨーロッパを中心としたヴィンテージの洋服や雑貨を扱うセレクトショップ。昔の商船会社の建物を改装した店内には、「どこから来たんだろう?」と思わず気になる世界の品々が並びます。ふらりと訪れて一生の宝物と出会う、そんな体験をしてみませんか?

古いビルの2階にひっそりとある隠れ家のようなショップ

古いビルの2階にひっそりとある隠れ家のようなショップ かつて商船会社だった建物。どこか海を感じるモダンな雰囲気が素敵
みなとみらい線日本大通り駅から横浜港大さん橋に向かって徒歩6分。1930(昭和5)年に建てられたという古いビルの2階に「ブラウベルグ アン ダー キュステ」はあります。店名はドイツ語で「海岸に立つ青き山」。その名の通り、海のそばにひっそりと建っています。

天井が高く開放的な店内には、洋服をはじめ、鞄、靴、帽子、アクセサリーなど気になるものがたくさん。フランス、イギリス、ドイツなどヨーロッパを中心に、アジアで買い付けた商品も並びます。年に5回ほどあるという買い付けの時期により、店内のディスプレイもガラリと変化。いつ訪れても新しい発見があります。
窓が大きく気持ちいい店内。商品のディスプレイにも注目

ひとつひとつの商品にストーリーがある

ひとつひとつの商品にストーリーがある ヴィンテージの洋服が並べられた一角。今も現役で着られることにびっくり
羊飼いが着ていたというスモックや労働者のワークシャツなど、100年近く前の外国のヴィンテージ製品も見つかります。店内に置かれた使い込まれた旅行トランクも、ディスプレイではなく商品のひとつ。眺めているだけでも楽しいけれど、「いつ、どこで、何に使われていたのか」がわかると一層ワクワク心が躍ります。

気さくなスタッフが、商品のストーリーをひとつひとつ教えてくれます。買い付けた際の思い出話も聞けるかも? 気になるものを見つけたら、すかさず尋ねてみて。

スタッフの安達さん(左)と橋爪さん

街や海へ、一緒におでかけしたくなる雑貨が見つかる

街や海へ、一緒におでかけしたくなる雑貨が見つかる デザインだけでなく機能性にもこだわった「メッサーシュミット」の時計
ドイツの老舗時計ブランド「メッサーシュミット」にオーダーした腕時計など、ここでしか買えないものも多数。インポートだけでなく、国内の作り手による雑貨や服飾小物も扱っています。大切にしているのは「普段身につけてもらえるもの」。街へ、海へ、一緒におでかけしたくなるものばかり。

天気が良ければ、みなとみらいエリアや横浜赤レンガ倉庫、山下公園へお散歩するのにちょうどいい距離。購入した商品をさっそく身につけて横浜散策を楽しんでは?
大きく広がり繰り返し使える紙製の「ピクニックラグ」(各1080円)
くしゃっと畳めて型崩れしない「ボックスハット」(18900円)は、おでかけの強い味方

お店オリジナルの商品を横浜みやげにどうぞ

お店オリジナルの商品を横浜みやげにどうぞ オリジナルブレンドの「ドリップパックコーヒー」(1パック194円)
横浜・大倉山にあるロースタリー「テラコーヒー」とコラボしたドリップコーヒーをはじめ、トートバッグやサーモマグなどオリジナルの商品も展開。海を感じる青いロゴは、横浜みやげにぴったりです。

同じく横浜の白楽駅の近くには姉妹店「エイメク」があり、こちらもインポートを中心とした服飾・生活雑貨がズラリ。みなとみらい線で一本だから、ハシゴしてみるのもおすすめですよ。

ロゴ入りの「トートバッグ」(1944円)は、肩掛けできてたっぷり入るスグレモノ

BLAUBERG an der KÜSTE(ブラウベルグ アン ダー キュステ)

神奈川県 横浜市中区海岸通 1-1 ジャパンエキスプレスビル2F MAP

11:30〜19:00(土曜は11:00〜20:00、日曜・祝日は11:00〜19:00)

水曜


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真