ログイン / 会員登録するアカウントを選択

【東京】7/2-10/6|高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの

90
【東京】7/2-10/6|高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの
2019年7月2日(火)~10月6日(日)、「東京国立近代美術館」にて「高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの Takahata Isao: A Legend in Japanese Animation」が開催。「アルプスの少女ハイジ」「平成狸合戦ぽんぽこ」のイメージボード、絵コンテ、レイアウトなど1000点を超える作品や資料がお目見えします。

絵を描かない監督がどのようにして歴史に残るアニメーションをつくったのか。
他のクリエイターたちとの交流や共同制作の過程を通して明らかにする展覧会です。

メインカット:パンダコパンダ ©TMS

高畑勲監督とは

高畑勲監督とは アニメーターの机 東映アニメーション所蔵
高畑勲監督は、誰もが知っている「アルプスの少女ハイジ」の生みの親であるアニメーション映画監督。アクションやファンタジーに頼らず、日常生活の丹念な描写を通して豊かな人間ドラマをつくりだすという、アニメーションの新たな表現方法を開拓した革新者です。

晩年のスケッチ的な線描を活かした作品など、アニメーションの表現形式の可能性をとことんまで追求した、破壊と創造の両面をもつ芸術家であり、詩、美術、音楽、映画など、あらゆるジャンルに通じた博覧強記の知の巨人としても知られています。

1000点を超える貴重な資料から、高畑演出術の秘密に迫る

1000点を超える貴重な資料から、高畑演出術の秘密に迫る
「高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの Takahata Isao: A Legend in Japanese Animation」は、高畑監督が日本のアニメーションに遺したもの、その業績を総覧する初の回顧展です。

本展覧会では、これまで未発表だった高畑監督の制作ノートや絵コンテなどの貴重な資料を通して、高畑演出術の秘密に迫ります。

4つの章に分けて秘密にせまる!

4つの章に分けて秘密にせまる! 太陽の王子 ホルスの大冒険 ©東映
会場では、4つの章に分けて高畑監督の作品世界の秘密を読み解いていきます。

1 章のテーマは「出発点」。
「安寿と厨子王丸」「狼少年ケン」「太陽の王子 ホルスの大冒険」などの作品を通して、アニメーション映画への情熱にあふれる若き日の高畑監督の作品を展示しています。

名作アニメーションが次々と

名作アニメーションが次々と 「アルプスの少女ハイジ」 ©ZUIYO 「アルプスの少女ハイジ」公式ホームページhttp://www.heidi.ne.jp/
2 章「日常生活のよろこび」では、TV の名作シリーズでアニメーションの新たな表現領域を開拓した時代の作品が登場します。
「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」「赤毛のアン」と続く一連のTV の名作シリーズは、「子供の心を解放し、生き生きさせるような本格アニメシリーズを作るために、どうすれば良いかを一生懸命考えた」という高畑監督の言葉通り、日常生活を丹念に描写して作られたのだそう。

ここでは宮崎駿、小田部羊一、近藤喜文、井岡雅宏、椋尾篁らとのチームワークを絵コンテ、レイアウト、背景美術によって検証し、高畑演出の秘密に迫ります。

壁一面に「平成狸合戦ぽんぽこ」

壁一面に「平成狸合戦ぽんぽこ」 「平成狸合戦ぽんぽこ」 © 1994 畑事務所・Studio Ghibli・NDHDMTK
日本を舞台にした作品に特化し、過去と現在との対話を表現した3章のテーマは「日本文化への眼差し」。
日本を舞台にした作品に特化、日本の風土や庶民の生活のリアリティーを活写した作品として「火垂るの墓」「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」という日本の現代史に注目した作品群が登場します。日本人の戦中・戦後の経験を現代と地続きのものとして語り直す話法の創造と、「里山」というモチーフの展開に注目してくださいね。

新たなアニメーションへの挑戦

新たなアニメーションへの挑戦 かぐや姫の物語 ©2013 畑事務所・Studio Ghibli・NH
そして4 章「スケッチの躍動」。
アニメーションの表現形式へのあくなき探求者でもあった高畑監督は、新たなアニメーションへの挑戦を次々としていきます。
人物と背景が一体化したアニメーションの新しい表現スタイルを模索した成果は、「ホーホケキョ となりの山田くん」「かぐや姫の物語」に結実します。デジタル技術を利用して手描きの線を生かした水彩画風の描法に挑み、従来のセル様式とは一線を画した表現を達成しました。

新発見の資料に注目

新発見の資料に注目
本展覧会最大の見どころは、初公開の制作ノートや絵コンテの数々。高畑監督の遺品の中から発見された膨大な資料が出品されています。
その中には、1960年前後と思われる「ぼくらのかぐや姫」と題された企画メモも。「絵巻物をよく研究して、その描法を生かす」という一節があり、後の「かぐや姫の物語」に繋がると思うと感慨深いものがありますね。
パンダコパンダ ©TMS
更に、盟友宮崎駿監督と創造した作品の新発見資料も多数お目見え。
絵コンテとは思えない程作りこまれており、もはや作品のようで、立ち止まってじっくりと見たくなるはず。

「アルプスの少女 ハイジ」の世界が動き出す

「アルプスの少女 ハイジ」の世界が動き出す ©ZUIYO  「アルプスの少女ハイジ」公式ホームページhttp://www.heidi.ne.jp/
会場には「アルプスの少女 ハイジ」のジオラマも展示されています。
井岡雅宏さんの背景画を元に作られたハイジの世界には、今にも動き出しそうなハイジやペーターがいるので、探してみてくださいね。

オリジナルグッズにも注目

オリジナルグッズにも注目
じっくりと会場を見た後は、ショップへ立ち寄ってみて。
高畑勲作品のグッズが大集合しており、どれにしようか迷ってしまいそう。ファンには溜まらないお買い物時間をお楽しみくださいね。

高畑勲展─日本のアニメーションに遺したもの Takahata Isao: A Legend in Japanese Animation

東京都 千代田区北の丸公園3-1 東京国立近代美術館 1階 企画展ギャラリー MAP

2019年07月02日 (火) ~ 2019年10月06日 (日)

10:00-17:00(金、土曜日は21:00まで) ※入館は閉館30分前まで

月曜日(ただし7月15日、8月12日、9月16日、9月23日は開館)、7月16日(火)、8月13日(火)、9月17日(火)、9月24日(火)

https://takahata-ten.jp

当日券:一般1,500円、大学生1,100円、高校生600円 ※中学生以下無料。


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真