ログイン / 会員登録するアカウントを選択

約1万個の水玉でつくられた天の川イルミネーションにうっとり「カルピス®100th 七夕に会おう展」

174
約1万個の水玉でつくられた天の川イルミネーションにうっとり「カルピス®100th 七夕に会おう展」
2019年7月4日(木)~7月14日(日)まで「カルピス® 100th七夕に会おう展」が「3331 Arts Chiyoda」にて開催しています。
約1万個の水玉(ドット)でつくられた天の川イルミネーションや、エマニュエル・ムホーのインスタレーション、カルピス®カフェなど、大切な人と訪れたい展覧会をご紹介します。

テーマは“会う”こと

テーマは“会う”こと
今年 100 周年となる「カルピス」ブランドが手掛ける「カルピス®100th 七夕に会おう展」は、“会う”ことをテーマにした展覧会です。
1 年に1度会うことを許される織姫と彦星のように、七夕を、大切な人を思って、大切な人と会うための記念日にできたらと考えて企画したのだそう。

大切な人とつくる、光の天の川イルミネーション dot river(ドットリバー)

大切な人とつくる、光の天の川イルミネーション dot river(ドットリバー)
注目は、約1万個の水玉(ドット)でつくられた天の川を、大切な人同士が出会うことによって光り輝かせることができるインタラクティブイルミネーションです。

入口で渡された「水玉」を持って、展示室内に入ると、そこには一面幻想的なアート空間。
手にした「水玉」の光に反応して、周りの光も同じ色に変化していくので、まるで天の川へと世界が広がっていくかのよう。立ち止まると「水玉」の光の輝きも変化しますよ。
また、異なる色の「水玉」を持った人と出会うと、お互いの水玉の光が反応し始め、天の川も独自の光を放ちます。
同じ色の水玉を持った人と出会うと、特別な光の反応が始まるワクワク感にも注目です。

展示室の中央にあるフォトスポットでお互いの「水玉」を触れさせると撮影が行われ、体験後に撮影写真のプレゼントもありますよ。

エマニュエル・ムホーのインスタレーション

エマニュエル・ムホーのインスタレーション デザイン:エマニュエル・ムホー
会場には建築家/デザイナーであるエマニュエル・ムホーによるインスタレーションも登場。
七夕の日に、色とりどりの短冊に願いごとを書く風習を大切な人を想う体験としてリデザインした展示です。

無数の「文字」が降り注ぐ空間「ことばの宇宙」。そして、大切なひとと自分が今日、一緒にいることの素晴らしさを改めて感じて欲しいという想いを込めて、100 の「ことば」と 100 色の「カルピス」のボトル(「ピースボトル」)「100 message bottles」が展示されています。

大切なひとと、自分たちを表すそれぞれの「ことば」を見つける特別な体験をしてみてくださいね。
※ことばの宇宙は、7/4〜7/7 までの期間限定展示
デザイン:エマニュエル・ムホー

「カルピス® カフェ」が期間限定オープン

 「カルピス® カフェ」が期間限定オープン 「天の川コッペパン」税込250円、「カルピス+糀甘酒ブレンド」税込400円
「3331 Arts Chiyoda」内にある人気のコッペパン屋「COPAINS de 3331(コパン ドゥ 3331)」と「カルピス」がコラボレーションして 「カルピス® カフェ」がオープン。

カルピス®100th 七夕に会おう展限定のコッペパンと、「カルピス」を使ったオリジナルドリンクを販売しています。
生地に「カルピス㈱特撰バター」をふんだんに使用したコッペパンにマッチする「カルピス」を使ったフィリングを開発し、見た目も「カルピス」の象徴である水玉を意識したものに仕上がっていますよ。
*****
更に会場内には「カルピス」の象徴である水玉で彩られた「カルピス®ピースフルラウンジ」 もあり、大切な人と一緒に「カルピス」を飲みながらゆっくりとした時間を過ごせます。

大切な人とあなたが主役になるアートな七夕体験をしてみませんか?


カルピス® 100th 七夕に会おう展 プレス内覧会

カルピス® 100th 七夕に会おう展

東京都 千代田区外神田6 丁目11-14 3331 Arts Chiyoda MAP

2019年07月04日 (木) ~ 2019年07月14日 (日)

11:00~20:00(dot river の最終体験受付時間は 19:45)

カルピス® 100th 七夕に会おう展

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真