ログイン / 会員登録するアカウントを選択

見て、食べて、シェアして、3度おいしい!勝どき『タヌキ・アペタイジング』のベーグルサンド|by PARISmag

221
見て、食べて、シェアして、3度おいしい!勝どき『タヌキ・アペタイジング』のベーグルサンド|by PARISmag
毎日の暮らしのなかで少しだけ心が弾むような豊かさをお届けするWEBマガジンPARIS mag(パリマグ)から、今回は勝どきにある『タヌキ・アペタイジング』をご紹介します。
超大型タワーマンションが林立する一方で、昔ながらの下町風情も残している勝どき。あまりパンのイメージがないエリアですが、連日行列のできるベーグル屋さんがあるのをご存知でしょうか?『TANUKI APPETIZING(タヌキ・アペタイジング)』という、ちょっと不思議な名前のベーグル屋さん。人々が魅了される理由とは…その秘密を探るべく、オープン前のお店にお邪魔してきました!

裏路地にひっそり佇む人気店

駅を出ると、ふっと潮の香りがする臨海エリアの勝どき。今回訪れた『タヌキ・アペタイジング』は勝どき下町エリアの一角にあります。地図を見ながらお店を目指すと、かなり細い小路に入りました。白い木造建築の1階にある『タヌキ・アペタイジング』は、4人入ったらいっぱいの小さなお店です。
お店を営む木幡さんご夫婦
「勝どきという土地に縁はないのですが、長屋というこの建物がおもしろかったのでここにオープンすることを決めました」と語るのは店主の木幡さん。下町住宅の象徴とも言える長屋をリノベーションしたお店は、シンプルながら温もりを感じる雰囲気です。
個性豊かなベーグルサンドたち
お店に入ると、すでに10種類のベーグルと色とりどりのベーグルサンドが並んでいました。なぜ木幡さんはベーグル専門店をオープンしたのでしょうか?

「スーパーで売っているベーグルを食べてみたら、むっちりとしたその食感がおもしろくハマったのがきっかけです。そこからNYへ行ってベーグルの食べ歩きをしたり、ベーグルの専門店でも働きました」。

ベーグルの本場でいろんなベーグルと出会い、東京のベーグル専門店で修行もしてきた木幡さんですが、基本は独学でベーグル作りを学んだそう。

ベーグル×具材で楽しみは無限大

ベーグル×具材で楽しみは無限大 ハーブやナッツを練りこんだ「デュカ」など個性的なベーグルも購入できます
「もちろん、素材にもこだわっています。でも1番こだわっているのは、ベーグルと具材の組み合わせ、そしてその比率です」という言葉通り、お店には彩りカラフルで美しいベーグルサンドが並びます。そのまま食べてもおいしいですが、サンドにすることで、何倍も幅広い楽しみ方ができるのがベーグルの魅力だと木幡さんは言います。
ベーグルサンドは常時15種類ほど並びます
サンドで楽しんでもらうため、歯切れのよい食感とちょうどいい大きさを意識しながらベーグルを作る木幡さん。世界を旅した若い頃の経験がベーグル作りに活かされているんだとか。

「具材を考えるのは、どこかで食事をしたときがほとんどですね。あと海外で食べた食事を思い出し、ベーグルサンドで再現できないか考えたりします」。

おいしいことは大前提。そのうえで、色や味のバランスを綿密に考えながら、見た目にも美しいベーグルを作っているのです。

しょっぱい、甘い、甘しょっぱい、どれもおいしいベーグルサンド

色鮮やかなベーグルサンドの中から、木幡さんおすすめのメニューを教えてもらいました。
「全部おすすめです(笑)。『いくらとエッグ』『ベーコンエッグ』『生ハムとアンチョビバター』『ハム、ゴーダとルッコラ』がお食事系としては人気です」。

いくらとゆで卵を合わせるなんてちょっと驚きですが、カラスミのような香りがして絶品。
「かぼちゃと生ハムのカラフルポテト」(中央)
『かぼちゃと生ハムとカラフルポテト』はシャドークイーン(紫)、ノーザンルビー(ピンク)、インカのめざめ(黄色)と、かぼちゃのオレンジがフォトジェニック。半分ずつ違う味が楽しめるよう作られています。甘い×しょっぱいが交差するベーグルサンドは「どっちつかずが好きなんですよね」という木幡さんらしい、1品なのです。
あんこ好きという木幡さん。2種類の自家製あんを作っています
スイーツ系サンドでは、あんこ系が人気。「自家製あんこバター」はふっくらと炊いた兵庫県産の丹波大納言にバターを合わせました。粒感をしっかりと感じる大納言を挟んでいるのは米粉ベーグル。お餅を彷彿とさせるモチモチ感で、和スイーツのようです。

ほかにも、「白餡クリームとマンゴー」は丁寧に漉した北海道産の大手亡豆にクリームチーズを合わせた特製クリームとマンゴーの組み合わせ。フレッシュでジューシーなマンゴーを、甘さを抑えた白餡クリームが引き立てます。
黒いベーグルはサンド専用のイカスミ入り
定番はあるものの、メニューのほとんどは季節によって食材が変わります。共通するのは今までない組み合わせ!「次行ったらどんなベーグルサンドに出会えるかな?」と考える時間も楽しいひと時ですね。
最後に店名の由来をうかがったところ、木幡さんはこう答えてくれました。

「信楽焼のタヌキの置物など、街の中にタヌキって結構いるんですよね。裏路地にあるお店だから、もしかしたら忘れられちゃうかもしれない。でも街にいるタヌキを見て思い出してくれたら、うれしいなと思って『タヌキ』と付けました」

取材を終えお店を出ると、オープンを待ちわびるお客さんで行列ができていました!タヌキに誘われて裏道に入れば、そこには焼きたての絶品ベーグルが待っています。初夏の東京湾お散歩のお供に、『タヌキ・アペタイジング』のベーグルサンドをどうぞ!

TANUKI APPETIZING(タヌキ・アペタイジング)

東京都 中央区勝どき4-10-5 としの荘103 MAP

8:00〜/土・日曜10:00〜 ※売り切れ次第終了

月・火・水曜


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真