ログイン / 会員登録するアカウントを選択

ケーキのように愛らしいだんごが話題!仙台「SABO Lab. by Tooooo Lemon」

220
ケーキのように愛らしいだんごが話題!仙台「SABO Lab. by Tooooo Lemon」
2019年6月にオープンした「SABO Lab. by Tooooo Lemon」。チョコレートやクリーム、フルーツなどでケーキのようにデコレーションしただんごが話題のカフェです。

ずらりとそろうのは、ずんだとレモン、クリームチーズとトマトといった目新しいフレーバーの数々。日本茶を使ったタピオカミルクティーも人気があります。

ベイエリアの開放感あふれるカフェへ

ベイエリアの開放感あふれるカフェへ 晴れた日はテラス席がおすすめ
JR仙台駅から車で約25分の、仙台港にほど近いベイエリア。トレーラーハウスの飲食店やキッチンカーが集まる「うみカフェ エヌダイナーパーク」の敷地内に、「SABO Lab. by Tooooo Lemon(サボラボバイトゥーレモン)」はあります。
大きな窓ガラスからやわらかな日が差し込む
店内は広いガラス窓から自然光が入り、心やすらぐ落ち着いた空間になっています。オーナー・柴田さんのお気に入りは、サンルームのようにガラスに囲まれた開放感のある席。フォトジェニックな写真が撮りたいなら、木とモノトーンのタイルを組み合わせたシックな壁がある店内奥の席がおすすめです。

店名にある「SABO」は、茶房が由来。「近隣のレジャー施設で楽しんだあと気軽にカフェを訪れて、おいしいスイーツや食事でより幸せな気持ちになってほしい」という想いが込められています。           

洋風デコレーションのカラフルだんご

洋風デコレーションのカラフルだんご 「SABO DANGO」(1本324円~)
数あるスイーツメニューのなかでもぜひ味わいたいのが、カラフルなデコレーションで話題の「SABO DANGO」です。定番のあんこや仙台名物・ずんだはもちろん、チョコレートやフルーツを使ったケーキのような飾り付けは、洋食経験者のスタッフが多いこのお店ならでは。テーブルに運ばれてくると、まず写真を撮る人が多いというのもうなずけます。
上から「チョコナッツ」(300円)、「ズンダハニー」「マルゲ」(各350円)
フレーバーは常時約10種類がそろいます。「ズンダハニー」は、甘さひかえめのずんだとほのかな酸味のレモンが爽やかなフレーバー。「チョコナッツ」は、パリパリのチョコレートともっちりしただんごの2つの食感を楽しめます。クリームチーズとトマト、バジルをのせたピザ風の「マルゲ」など、オリジナリティあふれるフレーバーも味わってみて。

ビーカーで味わう、青いミルクティー

ビーカーで味わう、青いミルクティー 「MONO BLEU MILK」(648円)
ビーカーをグラスにした、青い日本茶で作るタピオカミルクティーも芸術的です。宮城県女川町にある日本茶専門店「OCHACCO」の「MONO BLEU」で淹れるミルクティーは、フルーティーで後味はさっぱり。たっぷり注がれた、濃厚な甘みのチーズクリームとよく混ぜていただきましょう。ゆで時間を試行錯誤したタピオカは、吸いつくようなモチモチ感がたまりません。

だんごと一緒にランチはいかが?

だんごと一緒にランチはいかが? 「フルーツパスタサラダ」(864円)
ランチで人気なのが、季節のフルーツを使った「フルーツパスタサラダ」。旬のフルーツの甘みにドレッシングの酸味がマッチした爽やかなテイストです。レタスの間に隠れているナッツの香ばしさもアクセント。野菜とフルーツがたっぷりのヘルシーなパスタなので、「SABO DANGO」と一緒にオーダーする女性が多いそうです。

メニューによっては売り切れることがあるため、食べたいメニューが決まっていれば午前中の早い時間に訪れてみましょう。

日々新しい味を追求し続ける「SABO Lab. by Tooooo Lemon」。デコレーションもフレーバーも新感覚のだんごを味わいに足を運んでみませんか。

SABO Lab. by Tooooo Lemon(サボラボバイトゥレモン)

宮城県 仙台市宮城野区中野3-4-17 MAP

022-352-3677

11:00~18:00(土・日曜、祝日は10:00~)

火曜

SABO Lab. by Tooooo Lemon

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真