ログイン / 会員登録するアカウントを選択

休日の朝ごはんがもっと楽しくなる♪簡単!食パンアレンジ〜「フルーツサンド」と「スモーブロー」〜

99
休日の朝ごはんがもっと楽しくなる♪簡単!食パンアレンジ〜「フルーツサンド」と「スモーブロー」〜
朝はパン派という方!平日はトーストするだけでも、休日の朝はパンをアレンジして、いつもとは違う味わい方を楽しみませんか?
レシピを教えてくれるのは、「旅するごはん」が好評連載中の料理家ごはんさん。旅先でのパン屋さん巡りが趣味で、週に4回は食べるほどパン好きなのだとか。

第1回目は、最近ブームの生食パンをアレンジ。麹町の人気ブーランジェリー「Christa」の純生食パンを使って、「フルーツサンド」と「スモーブロー」を作りました。

カラフルで見た目もキュート「フルーツサンド」

カラフルで見た目もキュート「フルーツサンド」
ふんわり甘みのあるパンに、軽やかなクリームを塗ってカラフルな果実をオン!簡単に作れるのに、幸せ度が高いマリアージュ「フルーツサンド」をご紹介。朝のちょっとした時間を使ってできるのが魅力です。

オープンサンドなら、クリームチーズの白にフルーツのビタミンカラーが映えて、美しい仕上がりに!好きなフルーツで、自分なりのいろんなバリエーションをあれこれ試してみて。

【材料】(2人分)
・食パン…2枚
・いちご…6個
・キウイ…2個(あればゴールドキウイとグリーンキウイ)
・ブルーベリー…10粒
・ミント…適量

※スプレッド
★クリームチーズ…大さじ4
★生クリーム…大さじ1
★はちみつ…大さじ1
【作り方】
1:いちご、キウイは3ミリにスライスしておく。クリームチーズは常温に戻してから、★全てをよく練り混ぜる
2:食パンに1で作ったスプレッドを均等に塗る
3:フルーツを耳からはみ出すようにして並べる
4:ブレッドナイフで、はみ出たフルーツとパンの耳を切り落とす。お好みでミントや追加のフルーツを飾る

(ごはんさんより)
「フルーツを食パンからはみ出るようのせるのがポイントです。耳を落とす時は、ナイフを温めてから切ると、断面がきれいになりますよ」

北欧風♪サーモンとアボカドの「スモーブロー」

北欧風♪サーモンとアボカドの「スモーブロー」
デンマークの伝統料理「スモーブロー」。スモー=バター、ブロー=パンのことで、バターを塗ったパンの上に、魚介類や野菜などの具材をのせて食べるもの。北欧では郷土料理のひとつとされ、レストランでも家庭でもよく見かけるメニューです。

ほのかな甘みのあるパンともマッチするようアボカドクリームがベース。サーモンのピンクとアボカドのグリーンのコントラストが映えますね。ズッキーニをピーラーで削って丸めたり、スモークサーモンをお花のようにあしらったり…。アイデア次第でいつもの材料がスペシャルなひと皿に変身です!

【材料】(2人分)
・食パン…2枚
・スモークサーモン…1パック
・アボカド…1/2個
・ズッキーニ…1/3本
・かいわれ大根…適量
・レタス(飾り用)…2枚
・クリームチーズ…大さじ2
・レモン汁…少々
【作り方】
1:ズッキーニはピーラーで縦にスライスする
2:アボカドとクリームチーズ、レモン汁は混ぜ合わせる
3:食パンに2のアボカドクリームをたっぷり塗る
4:スモークサーモンとズッキーニ、カイワレをお皿に溢れるほどたっぷり盛る。お好みでレタスで飾り付けを

(ごはんさんより)
「スモーブローは、たっぷりと具材を乗せる料理です。大胆にパンからこぼれ落ちるくらいトッピングしてみて下さいね。ほかに卵やいくら、とびっこなども具材としておすすめです」。

【レシピに使ったのは…】麹町「Christa」の純生食パン

今回のレシピに使ったのは、麹町の交差点そばにあるブーランジェリー「Christa」の純生食パン。ヨーグルト種の酵母を使い、耳までしっとりと柔らか。純生クリームがたっぷり生地に練りこまれ、やさしい甘さが口の中いっぱいに広がります。

【レシピに使ったのは…】麹町「Christa」の純生食パン「麹町 純生食パン」600円(税込)

Boulangerie Patisserie Christa(ブーランジェリー・パティスリー・クリスタ)

東京都千代田区麹町4-1-5MAP

03-6261-1172

8:00~20:00

土・日曜、祝日


【レシピを教えてもらったのは…】
料理家・ごはんさん
WEBや書籍でレシピ監修も行うなど、現在、料理家として活躍中。和洋中とジャンルを問わない幅広いレシピ提案のほか、アジアでの留学経験を活かした本場仕込みのエスニック料理も得意。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真