ログイン / 会員登録するアカウントを選択

おしゃれで穴場な「アルサーカル・アベニュー」!ドバイで最先端のアート&カルチャーを体感しよう

17
おしゃれで穴場な「アルサーカル・アベニュー」!ドバイで最先端のアート&カルチャーを体感しよう
中東の観光都市・ドバイの最先端アート&カルチャーが集まる「アルサーカル・アベニュー」。かつての倉庫街をリノベーションしたこのエリアには、アートギャラリーやアパレルショップ、チョコレート工場など、魅力的なお店がいっぱいです。しかもそれらは、ドバイならではの個性溢れるものばかり。

ここでは、まだそれほど知名度の高くない、この穴場スポットの魅力をご紹介。ドバイへの旅の参考にしてみてくださいね。

ドバイ最先端のアート&カルチャーが集まる「アルサーカル・アベニュー」

ドバイ最先端のアート&カルチャーが集まる「アルサーカル・アベニュー」
ドバイで最先端のアート&カルチャーが集まる「Alserkal Avenue(アルサーカル・アベニュー)」。ここはかつての倉庫街だったところをリノベーションして作られました。現在でも、その建物の姿かたちや配置がその頃の雰囲気を残しています。近代的でシンプルながら、とてもおしゃれでスタイリッシュな空間。

旅行者たちからはまだあまり知られていない、ドバイでおすすめの穴場スポットのひとつです。
かつての倉庫街も今では、現代アートのギャラリーやアパレルショップ、カフェなど、さまざまな都会的なカルチャーが集まる場所に。それらの異なるジャンルの最先端が交流することで新しいカルチャーを作り出す、ドバイの文化発信基地になっています。ドバイで大規模なアートイベントが開催される時にはそのメイン会場にもなる、まさにドバイのアート&カルチャーの中心的な存在なのです。

敷地内には、オランダ・ロッテルダム生まれの世界的な建築家であるレム・コールハースが設計した作品も。彼の作風とこの場所との相性の良さを感じさせてくれる建造物です。

ドバイならではのチョコレートが楽しめる「ミルザム」

ドバイならではのチョコレートが楽しめる「ミルザム」
この「アルサーカル・アベニュー」には、ドバイ土産にもぴったりなチョコレートを売っている「Mirzam(ミルザム)」というお店があります。2016年にオープンしたこのお店は、ドバイで唯一の「ビーン・トゥ・バー」でチョコレートを作っている工場も併設。ショップと工場の仕切りはガラスばりになっているので、チョコレートを作っている様子を見学することもできます。

店舗の奥にはカフェスペースも。そこでは、チョコレートドリンクやケーキなどをゆっくりと楽しむことができるようになっています。
ドバイは、古くから貿易の町として栄えていました。このお店では、そんな歴史を継承・発展させるように、チョコレートを作るのに使用しているカカオ豆を、ガーナやタンザニア、ベトナムやインドネシアなど、古くから交易のあった場所から輸入しているのだとか。

チョコレートにはカカオだけでなく、さまざまな種類のスパイスをブレンドしたものがあるのも特徴のひとつ。これもまた、貿易の町・ドバイの歴史を感じさせてくれる要素になっています。
世界的なコンテストで受賞している「マップス&モンスター・コレクション」はもちろん、「エミラティ・コレクション」というシリーズも人気。「エミラティ」とはUAEの国民のことで、その伝統的な文化から着想を得たチョコレートのコレクションです。パッケージのデザインもアラビアン模様でとても可愛い。ドバイならではのチョコレートとしてお土産にもぴったりです。

また「ミルザム」は、ドバイで開催される「EXPO2020」の認定チョコレートにもなりました。このイベントに合わせた特別なチョコレートが、EXPO会場などで販売される予定です。

アラビアの伝統衣装と日本の着物との出会い「CHI-KA」

アラビアの伝統衣装と日本の着物との出会い「CHI-KA」
この「アルサーカル・アベニュー」には、おしゃれで個性的なアパレルショップもあります。2013年にオープンした「CHI-KA(チカ)」もそのなかのひとつ。ここには、アラビア文化を大切にしながらも、日本の文化にも影響を受けたユニークな衣服がたくさん置いてあります。日本から旅してきたなら、ぜひ訪れておきたいお店です。
アラビア半島の女性が日常的に身にまとっている、全身を覆うロング丈の民族衣装「アバヤ」。この伝統的な衣装と日本の着物のテイストをフュージョンさせて、オリジナルでクリエイティブな衣服を作っているのが、この「CHI-KA」です。

デザイナーのニナさんが日本を訪れた時、日本の繊細な文化に感銘を受けたのだそう。そのときの経験が、このお店のはじまりになっているのだとか。
自分へのお土産として、ここで衣装を購入してみてはいかがでしょうか。ここでしか手に入らない、特別なひと品になることと思います。

世界的な現代アーティスト「エル・シード」のギャラリー

世界的な現代アーティスト「エル・シード」のギャラリー 作品の説明をしているギャラリースタッフ
現代アートのギャラリーが集まっている場所でもある「アルサーカル・アベニュー」。そのなかでも、今とくに注目を集めているのが、チェニジア系フランス人アーティストのエル・シード氏(eL Seed)がこの場所に構えているアートギャラリーです。スタジオの奥には、彼のこれまでの作品の写真が並べられています。
エル・シード氏は、街に巨大なウォールアートを出現させたり、ルイ・ヴィトンなどの有名ブランドとコラボしたりしている、今、世界的に注目を集めているアーティスト。その作風は、アラビア文字のカリグラフィとストリートアートのグラフィティという2種類のアートをフュージョンしているところに特徴があります。
「アルサーカル・アベニュー」にあるエル・シード氏のギャラリーでは、実際に使用している画材などを見学もできます。アートブック(AED100)も販売されています。もしタイミングがよくて本人に出会えれば、購入したアートブックにサインがもらえるかも。

見学したいときには、オープンしている日時はまちまちなので、事前にメールなどで確認しておいた方が良いですね。

カフェとして休憩にも使える多目的スペース「A4 SPACE」

カフェとして休憩にも使える多目的スペース「A4 SPACE」
「アルサーカル・アベニュー」には、休憩にぴったりなカフェもいくつかあります。そのなかでおすすめなのが「A4 SPACE」。ここはカフェとしての利用はもちろん可能ですが、ドバイのクリエイティブな人びとが集まっている、コワーキングスペースにもなっています。
広々としていて開放感のある店内。テーブルやソファの座席があって、思い思いにゆったりとした時間を過ごすことができます。ナチュラルテイストなテーブルやインテリアなどを配置したこだわりの空間。ほどよく植物も配置されていて、穏やかな気持ちになれる空間です。

写真の家具やインテリアは、イスラムの聖なる月・ラマダン時期の特別バージョン。アラブの伝統文化を意識しています。そのほかの時期はもう少しモダンな雰囲気となっています。
設備も整っていて、映画室や図書館としても使用できるようになっています。Wifiも完備。長時間いられるような雰囲気が漂っているので、パソコンなどで作業することが多い人にとっても重宝するスポットです。

ここでオーダーできるメニューは、コーヒーやフレッシュジュース、サンドイッチなど。お腹が空いているときに、軽食がとれるのも嬉しいところです。

ドバイ最先端のアート&カルチャーを体験してみよう♪

ドバイ最先端のアート&カルチャーを体験してみよう♪ ミルザムで販売しているホットチョコレートのパッケージ
ドバイの最先端のアート&カルチャーが集まる注目のスポット「アルサーカル・アベニュー」。現在ではまだそれほど旅行者が多く訪れる場所ではないので、ドバイの穴場的なスポットのひとつといえるでしょう。アートギャラリーやアパレルショップ、チョコレートショップなど。ドバイの伝統的な文化を大切にしながら、さまざまな要素を取り入れて現代的にアップデートしているのも特徴です。

ぜひここで、ドバイ最先端のアート&カルチャーを体感してみてください。お土産物を見つけるのにもぴったりなスポットですよ。

取材協力:ドバイ政府観光・商務局、アラビアン・アドベンチャー

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真