ログイン / 会員登録するアカウントを選択

朝もみじから夜もみじまで。ゆったり眺めるとっておきの京都紅葉さんぽ

605
朝もみじから夜もみじまで。ゆったり眺めるとっておきの京都紅葉さんぽ
暑さがやわらぎ、日に日に深まる秋が感じられるようになると、待ち遠しくなるのが京都の紅葉。朝のやわらかな光、茜色の夕焼け、夜のライトアップ……表情の異なる空と紅葉との競演をゆったりと眺めるひとときは至福そのもの。おすすめの立ち寄りスポットとあわせてご紹介します。

朝もみじは、洛北の禅寺・大徳寺黄梅院へ

朝もみじは、洛北の禅寺・大徳寺黄梅院へ 表門から庫裏、唐門へのアプローチを彩る紅葉は時を忘れて見惚れるほどの美しさ
20を超える小さなお寺が集まる大徳寺。その境内にたたずむ黄梅院は、通常非公開で春と秋だけ特別に開かれます。
表門をくぐると、目の前に紅葉の濃淡と苔とが織りなす風雅な景色が広がります。いざなわれるように石畳を歩いていくと、そこは歴史ロマンが散りばめられた静かな世界。
左:千利休ゆかりの直中庭、右:書院・自休軒
お寺のはじまりは、織田信長が開いた黄梅庵。茶の湯を大成した千利休が作ったという直中庭や、豊臣秀吉に仕えた武将・加藤清正寄進の釣鐘など戦国の世に名を馳せた大名や文化人ゆかりの見所もたくさんあります。
朝の凛とした空気のなか、しっとりと秋化粧したお庭を眺めていると、次第に心がほどけていくから不思議です。

黄梅院(オウバイイン)

京都府京都市北区大徳寺町

拝観問合せ075-231-7015 (京都春秋)

秋の特別拝観:2019年10月5日~12月8日 10:00~16:00(受付終了)

10月28日


大徳寺東隣にある素敵な和こもの店へ

大徳寺東隣にある素敵な和こもの店へ 左:町家造りの建物、右上:そめはなピン(1188円~)、右下:希少な古布を使っているため、がまぐち(1080円~)はなくなり次第販売終了
大徳寺の総門からすぐ近くの「京都 おはりばこ」には、伝統とモダンとが融合した和こものが色とりどりに並びます。
古布のがまぐちのように日常にそっと寄り添ってくれるものから、ハレの日を彩ってくれる正絹の髪飾りまで、眺めているだけでも心が華やぎます。
つまみ細工ワークショップ(3240円)は予約優先、所要時間は1時間半前後。布の色は定番の色のほか月替わりの2色も
お店の奥には、紅葉の坪庭も。離れの部屋では「つまみ細工」のワークショップが行なわれており人気を集めています。使用するのは京都の染屋さんに特注するという、なめらかで美しい色彩の正絹の布。職人さんと同じ伝統技法でふんわりと花びらを形づくっていく繊細な工程に魅了され、遠方から訪れるリピーターも多いのだとか。

京都 おはりばこ(キョウトオハリバコ)

京都府京都市北区紫野下門前町25

075-495-0119

10:00~19:00

水曜


茜色に染まってゆく夕景にうっとり、金戒光明寺

茜色に染まってゆく夕景にうっとり、金戒光明寺 京都御所のほか、西の彼方には小倉山のなだらかな稜線が望める
京都屈指の紅葉名所、南禅寺から北西へ15分ほどの「黒谷さん」こと金戒光明寺。浄土宗を開いた法然上人が草庵を結んだことがはじまりで、幕末に会津藩が本陣を構えたことでも知られています。
山門の内部には釈迦三尊像と十六羅漢像が安置され、天井の龍が見守る
アフロヘアの仏像が近年話題ですが、小高い丘の上に建つことから、京都市街の眺望も魅力。暮れゆく空を眺めてノスタルジックな気分に浸れます。
石段の上にそびえる通常非公開の山門は、秋限定で特別公開。楼上内部は天井に描かれた躍動感あふれる龍の絵とずらりと並ぶ仏像が圧巻です。白砂と杉苔、紅葉の対比が鮮やかな庭園も立ち寄ってみましょう。

金戒光明寺(コンカイコウミョウジ)

京都府京都市左京区黒谷町121

075-771-2204

境内自由、本堂9:00~15:30(閉門は16:00)、秋の特別公開期間中(11月4日~12月8日)のみ庭園・山門9:00~16:00(閉門は16:30)

無休


思わず笑顔、できたてのふわふわスフレ♪

思わず笑顔、できたてのふわふわスフレ♪	Uの字型のカウンターからは坪庭を、テーブル席からは疏水を望める
金戒光明寺から歩いて12分ほど、手をけ弁当で知られる京料理の老舗・六盛の「スフレ&カフェコーナー茶庭」。独自のレシピでじっくり焼き上げるアツアツのスフレが味わえます。甘い香りをまとうふわふわのスフレが目の前に運ばれてくると、思わず笑顔がこぼれます。
10月の洋梨(886円)。生地に織り込んだピューレやお酒にも洋梨を使っているから風味が豊か ※10月から価格変更の予定あり
フレーバーは、定番の「バニラ」、生地にもソースにも濃いめの抹茶をたっぷり使った「抹茶」など、バリエーション豊か。秋には「アップル&シナモン」や「マロン」、りんごのブランデーが香る「カルヴァドス」などの限定メニューもお目見えします。
抹茶(886円)。スフレは中央に穴をあけて流し込んだソースをからめながらいただく ※10月から価格変更の予定あり

スフレ&カフェコーナー 茶庭(スフレアンドカフェコーナーサテイ)

京都府京都市左京区岡崎西天王町71

075-751-6171

14:00~17:00LO

月曜(祝日の場合は翌日休)


池に映る五重塔に感動。世界遺産・東寺のライトアップ

池に映る五重塔に感動。世界遺産・東寺のライトアップ カエデや桜などさまざまな木が植えられており、グラデーションが見事
京の都とともに長い歴史を刻んできた東寺。弘法大師空海が仏の世界を3Dで表現したという「立体曼荼羅」や堂々たる伽藍群が迫力たっぷりですが、秋景色にもご注目。
五重塔は木造の建造物で日本一の高さを誇る。京都駅まで近いので、帰りも便利
京都のシンボル・五重塔が瓢箪池に映り込む様は、風のない日ならまるで鏡のよう。青空が映る昼、月も映り込む夜のライトアップ、それぞれに荘厳な雰囲気を漂わせていて、夢ごこちのひとときが過ごせますよ。

東寺(教王護国寺)(トウジ(キョウオウゴコクジ))

京都府京都市南区九条町1

075-691-3325

5:00~17:00、金堂・講堂の拝観は8:00~16:30(受付終了)

無休


ホットドッグプレートで、気軽なカフェディナー

ホットドッグプレートで、気軽なカフェディナー ポシェ ドッグプレート(1080円)。ドリンクセットは+200円。ラストオーダーが20時半までなのでライトアップ後も安心
ライトアップのあとは、東寺通を歩いて5分ほどの距離にある「Cafe POCHER」へ。看板メニューはカラフルな盛り付けのホットドッグプレート。プレッツェルタイプのパンとジューシーなソーセージ、自家製ピクルス、ローズマリーが香るザワークラウトが相性抜群。ボリューミーなのにぺろりと食べられます。野菜がたっぷりなのもうれしいところ。
左:ボバ ソフトクリーム(550円)、右上:小さな店内に並ぶ椅子もおしゃれ、右下:気軽なテイクアウトコーナーもある
食後のデザートには、「ボバ ソフトクリーム」を。なめらかでクリーミーなソフトクリームに、中から果汁があふれだすプチプチ食感の「ボバ」が添えられた新感覚のスイーツ。キウィとベリーの2種があり、テイクアウトもできます。

Cafe POCHER(カフェポシェ)

京都府京都市南区西九条針小路町89-1

075-634-9892

10:00~21:00(20:30LO)

無休


朝、夕、夜の紅葉と徒歩圏内のお立ち寄りスポットを合わせて、京都の秋を満喫してくださいね。

お寺の貸切特別拝観で、京都の紅葉観賞を贅沢なひとときに

混雑を気にせずのんびりと紅葉を楽しむことができるとっておきのプランなら、旅の思い出がもっと深まるはず。

京都の紅葉を楽しむなら、JR東海ツアーズの「ぷらっと・旅」往復新幹線付きのフリープランがおすすめです。「秋は夕暮れ 特別拝観 紅葉を楽しむ京都」では、6つのお寺の特別貸切拝観ができるツアーが発売中。ホテルとお寺をセレクトして、秋の贅沢な時間を過ごしませんか。

〇例)都ホテル 京都八条[旧:新・都ホテル]の場合
往復新幹線
 東京・品川発着、のぞみ・ひかり号普通車指定席

ホテル宿泊
【本館】禁煙ツイン2名様1室(食事なし)

特別拝観(1寺院)

1泊2日のほか、2泊プランや日帰りプランもあります。秋の京都は人気なので申し込みはお早めに。
詳しくはJR東海ツアーズのWEBサイトをご覧くださいね。
JR東海ツアーズ

JR東海ツアーズ

京都旅行をはじめ、新幹線を利用したお得なツアーを多数ご紹介。おすすめ情報などの最新情報もチェックして。

https://www.jrtours.co.jp/plan/kyoto/aki/?cid=kyoto_kotori190920

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真