ログイン / 会員登録するアカウントを選択

いちご味のティラミスをパイで挟んだ、ケーキのようなクレープの専門店

602
いちご味のティラミスをパイで挟んだ、ケーキのようなクレープの専門店
大阪・難波にある、「Creperie Alcyon(クレープリー・アルション)」は、まるでフランスの街中かと思うような洋館が印象的なお店。こちらでは、オーナーがフランスで食べた本場の味を再現するため、素材にとことんこだわったクレープとガレットが味わえると評判です。

黄色の外観が目を引く、かわいらしい洋館

地下鉄御堂筋線・なんば駅から1分ほど歩くと、明るいイエローの壁にフランス国旗が掲げられた、一際目立つ洋館があります。こちらがクレープ&ガレットの専門店「クレープリー・アルション」です。店内外ともに、オーナーがクレープの本場であるフランスで出会った、お店の雰囲気をそのまま再現したのだそう。

黄色の外観が目を引く、かわいらしい洋館
店内は外観とは少し雰囲気が異なり、優雅で落ち着きのある空間です。壁や階段、家具などに職人が彫刻したという、くだもののモチーフがあったり、フランスで購入したキッチン用具や雑貨、ランプなどが飾られていたりと、異国の雰囲気を感じられるもの魅力的です。

本場フランスの生地を追求してこだわった素材たち

本場フランスの生地を追求してこだわった素材たち サワークリームと若鶏、野菜の相性抜群♪フランスの定番ガレット「パリジェンヌ」(1000円)
 
オーナーはフランスの街角で食べたクレープの味が忘れられず、日本に帰ってから"本物のクレープの味を日本でも広めたい"と思い続けて、このお店をオープンしました。

クレープとガレットはおいしさを追求して、生地にとことんこだわっています。クレープは粗いフランス産の小麦粉を使うことで、素材そのものの味と香ばしさをしっかり引き出しています。

パリッとサクッとした食感を表現するために、ガレットには厳選された北海道産の玄そばを使用。ミネラルをたっぷり含んだ、まろやかな味わいの「ゲランドの塩」を生地に混ぜ込み、オーナーが本場フランスで食べた生地を再現しました。
オムレツ風に焼き上げた、厚みのあるもちもちクレープ「オムレットバナーヌ」(750円)
こちらの17種類のクレープと16種類のガレットは、フランスの定番のものを"ブルトンスタイル"、Creperie Alcyonオリジナルのものを"アルションスタイル"と呼んでいます。

なかでも、3月から登場する苺風味のティラミスをサクサクのパイで挟んだ「苺のティラミス ミルフィーユ仕立てのクレープ」(850円)や、桜のクリームをたっぷり乗せたケーキ感覚の「桜のモンブランクレープ」(750円)といった、季節限定のオリジナルメニューが女性に人気。華やかな見た目が乙女心をくすぐりますよ。

ぜひ、季節感たっぷりの春らしいメニューを目当てに足を運んでみてはいかがですか?

Creperie Alcyon(クレープリー・アルション)

大阪府 大阪市中央区難波1-4-18  MAP

06-6212-2270

月~金曜11:30~(L.O.21:30)、土曜11:00~(L.O.21:30)、日曜・祝日11:00~(L.O.21:00)

年始


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

ユーザーの投稿写真