ログイン / 会員登録するアカウントを選択

【プレゼントも♪】新潟・庄内の食と景観を楽しむ列車「海里」で行く、日本海さんぽ

112
【プレゼントも♪】新潟・庄内の食と景観を楽しむ列車「海里」で行く、日本海さんぽ
2019年10月5日にデビューした、新潟~酒田間を走るJR東日本の新しい観光列車「海里」。この列車のお目当ては、なんといっても窓いっぱいに広がるダイナミックな日本海の景観とのどかな田園風景。絶景を眺めながら、新潟・庄内の食材をふんだんに使ったランチが味わえるのも魅力です。終点の酒田に到着したら、江戸時代から明治時代にかけて北前船の寄港地として栄えた風情ある街並みをめぐってみましょう。

記事の最後にオリジナルグッズが当たるプレゼント&アンケートがあります。ぜひ、ご応募ください。

新潟から酒田へ、「海里」で絶景とごちそうの列車旅

新潟から酒田へ、「海里」で絶景とごちそうの列車旅 新潟駅にて(上)、コンパートメントシートの2号車(下)。2号車では半個室のような空間で足をのばしてゆったりくつろぐこともできる ※相席となる場合があります
首都圏から上越新幹線を利用して、新潟駅へ。夕日と新雪をモチーフにした赤と白のグラデーションが印象的な「海里」がホームに到着すると、合図となる銅鑼の大きな音が3回響き渡り、ドアが開きます。いよいよ「海里」の旅の始まりです。

「海里」は、新潟駅から山形県の酒田駅間の約170㎞を約3時間で結ぶ観光列車。車両は4両編成で、1号車は2人掛けのリクライニングシート、2号車は4名掛けのコンパートメントシート、3号車は売店・イベントスペース、4号車はダイニング車両となっています。今回はおすすめのコンパートメントシートに乗車。こちらは4人でゆったりと座れる広々とした席で、組み替えると座面がフラットに。お座敷感覚でくつろげる快適な空間になります。
新潟駅~村上駅、鶴岡駅~酒田駅と路線の前半と後半に田園風景が広がる
新潟駅を出発してしばらくは、左右の窓一面に日本有数の米どころらしい新潟の田園風景が続きます。田んぼには、かわいい動物たちの姿も。たとえば秋~冬なら白鳥が羽を休ませていて、列車を見送ってくれるかのよう。民家の軒先に吊るされた干し柿など、車窓に映る町並みに人々の暮らしが感じられ、心がほっと温まります。
壁一面の大きな窓が特徴のコンパートメントシート
村上駅を過ぎると、突然青く広大な海とぽっかり浮かぶ粟島が現れます。ここから、列車は波打ち際を走るかのような区間に。窓に迫りくるような波や奇岩、絶壁が続く笹川流れなど、ダイナミックな景観が視界いっぱいに広がり、車内では歓声も。透明度が高く海の色がエメラルドグリーンになる春や、水面がキラキラと輝く夏もおすすめのシーズンです。

2号車のコンパートメントシートは眺めのよさも魅力。大きな窓から景色を見ていると、まるで宙に浮いているような臨場感が味わえます。また、2019年12月22日までは、桑川駅を過ぎるとスピードを落として運転するため、写真撮影も楽ちん。海と里の景色が両方楽しめる、列車名にちなんだ納得の景観をカメラにおさめてみて。
ランチやおもてなし、おみやげで新潟・庄内の食文化を楽しんで
ここで車内でのもう一つのお楽しみ、ランチをいただきます。

ここでしか味わえない特製のお弁当が食べられるのも「海里」の魅力。お弁当は事前予約制で、車内の売店で受け取ることができます(詳細はWEBサイト、専用パンフレットを参照)。下りでは「海里特製 加島屋御膳」が食べられます。1855(安政2)年創業の老舗の加工食品店「新潟加島屋」とコラボしたこだわりの一品で、キングサーモンの味噌漬けやいくら醤油漬けなどをおかずに、新潟のおいしいごはんがどんどん進みます。

「海里」のキャッチフレーズは「日本海美食旅(ガストロノミー)」。土地ならではの食を通して新潟と庄内の魅力を伝えるもので、2019年12月22日までなら酒田方面に向かう下り列車で「沿線からのおもてなし」と題したイベントも。内容は日替わりとなり、たとえば3号車のイベントスペースで沿線の日本酒の試飲が行なわれたり、地元のお菓子などが配られたり。食を通じてその土地の文化や歴史が感じられるほか、地元の生産・販売者から直接話を聞くのもすてきな旅の思い出に。

※「沿線からのおもてなし」について詳しくはJR東日本新潟支社WEBサイト「車内のお楽しみ」で確認を。
桑川駅にて。ホームの駅名標もかわいい(左)、笹川流れの眺め(右上)、日本海ソフトクリーム(350円、右下)
下りの「海里」は、桑川駅に到着後、約20分間の停車時間があります。ここではぜひ下車をして、日本海の空気をたっぷりと吸い込みましょう。

桑川駅の目の前には笹川流れの絶景が広がり、潮風や波の音を間近に感じながらしばしひと休み。ここで外せないのが、駅に隣接する道の駅で販売している「日本海ソフトクリーム」です。こちらは日本海をイメージした青いソフトクリームで、ほんのりと感じられる塩味が美味。塩キャラメルクッキーと山ブドウの塩がトッピングされ「海里」停車時のみ限定で登場しますよ。

〇海里
[料金]3920円(新潟駅~酒田駅片道、2号車指定席の場合)
[運行区間]新潟駅~酒田駅(1日1往復。金~日曜日、祝日運行。HPで要確認)
[所要]約3時間

「本間美術館」で美しい庭園を目の前に、ほっこりひと休み

「本間美術館」で美しい庭園を目の前に、ほっこりひと休み 本館2階から美しい庭園を眺めて
酒田駅に着いたら、駅から歩いて5分ほどの場所にある本間美術館へ。

こちらは、酒田の大地主だった本間家の別荘として1813(文化10)年に造築された建物を使ったミュージアム。京風の木造建築である本館「清遠閣」のほか、初夏には白ツツジ、秋には紅葉と四季折々の景色が美しい池泉回遊式庭園「鶴舞園」が見ものとなっています。

天気がよければ敷地内から鳥海山が見られることも。江戸時代に北前船で運ばれてきた佐渡の赤玉石や伊予の青石なども配され、舟運で栄えた酒田の歴史が感じられますよ。
紅葉の最盛期は11月上旬~中旬。四季折々の景色もすてき(左上)、喫茶室の抹茶とお菓子セット600円。お菓子にはクルミと砂糖を使った寒氷菓子が付く(右上)、館内で建築や展示物をのんびり鑑賞して(下)
本館の館内では、贅をつくした建築も見もの。たとえば梅の木がモチーフの欄間。ぱっと見ると美しい手彫りの欄間なのですが、壁に映し出された影に目をやると、枝にとまった小鳥が現れるように細工が施されていたりと、粋な遊び心もいっぱいです。

本館内には、和室にモダンなテーブルや椅子を置いた喫茶室も。ここでは息をのむほど美しい庭園を眺めなら、抹茶やコーヒーとともにひと休みを。使われているテーブルや椅子などの家具は、1925(大正14)年に昭和天皇が皇太子のときに宿泊したときに備えたものだとか。

本間家をはじめ、かつて酒田に集められた日本と東洋の古美術品の展示も含め、美しいものに囲まれてゆったりと過ごしたいミュージアムです。

本間美術館(ホンマビジュツカン)

山形県酒田市御成町7-7MAP

0234-24-4311

9:00~17:00(11~3月は~16:30)※最終入館は30分前

12~2月の火・水曜(祝日の場合は翌日休)

http://www.homma-museum.or.jp/

入館料:1000円、高・大学生450円

本間美術館

「山居倉庫」でケヤキ並木の下をのんびり歩く

「山居倉庫」でケヤキ並木の下をのんびり歩く ケヤキ並木が美しい山居倉庫
美術館を楽しんだあとは、酒田の町へ出てみましょう。

山居倉庫は、明治時代に建てられた12棟からなる倉庫群。かつて大阪や東京に送る米を保管していた倉庫で、北前船で栄えた酒田の面影を残すスポットのひとつです。建造から120年以上経った現在でも、農業用倉庫として使用されているのだとか。

ここへ来たら、建物の背面にあるケヤキ並木へ。もともとは夏の高温や日本海の強風から倉庫を守るため植えられたのだそう。夏には青々とした葉と差し込む木漏れ日や、秋には黄色に染まった紅葉に魅了されます。
あでやかな朱色が美しい紅花染め
かつて山形県は、紅花の産地として栄えました。最上川の舟運により酒田に運ばれ、酒田湊から北前船により京都や大阪へ運ばれました。染色や口紅などの化粧品の原料として使用された紅花は、江戸時代には質・生産量ともに日本一を誇ったそう。


山居倉庫の一部を活用した酒田市観光物産館「酒田夢の倶楽」内にある「ミュージアム華の館」では、2019年12月16日(月)まで「浪漫をたどる紅花展」を開催中。紅花の歴史や、着物などの紅花染めの品々を紹介しているほか、ハンカチやスカーフの販売もあるので、色鮮やかな紅色のアイテムをおみやげに選んでみては。

山居倉庫(サンキョソウコ)

山形県酒田市山居町1-1-8MAP

0234-23-7470 (庄内米歴史資料館)、0234‐22‐1223(酒田夢の倶楽)

見学自由(酒田夢の倶楽は9:00~18:00、12~2月は~17:00)

無休

山居倉庫

いかがでしたか? 海沿いをゆく「海里」に乗って、冬の日本海の絶景と美味しいものを楽しみにぜひお出かけしてみてください。

観光列車「海里」スペシャルサイト公開中♪

今回ご紹介した「海里」の魅力以外にも、運行スケジュールや予約方法などと合わせ、より詳しくご案内しています。ぜひ、サイトにアクセスしてくださいね。

抽選で10名様に「JR東日本新潟支社オリジナルノベルティセット」をプレゼント♪

抽選で10名様に「JR東日本新潟支社オリジナルノベルティセット」をプレゼント♪
アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で10名様に「JR東日本新潟支社オリジナルノベルティセット(村上茶、箸、タンブラーのオリジナルノベルティ3点セット)」をプレゼントいたします。みなさまのご応募をお待ちしております♪

賞品:『JR東日本新潟支社オリジナルノベルティセット』
応募期間:~12/9(火)まで
賞品の発送:12月下旬

※当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。
JR東日本 海里

JR東日本 海里

「海里」が出発する新潟駅へは、東京駅から上越新幹線で約2時間。日帰りでも気軽にアクセスすることができます。お出かけ前にルートや運行情報をチェックして、列車旅をどうぞお楽しみください。

https://www.jrniigata.co.jp/special_kairi/

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真