ログイン / 会員登録するアカウントを選択

本と食事とコーヒーと。
お店ならではのセレクトに思わぬ“新しい出会い”が待っていたり、食事やティータイムを楽しみながら思い思いの時間が過ごしたり、いつもの読書時間とは少し違った体験ができるブックカフェ。今回は、ことりっぷで紹介してきた本にまつわる都内のお店をピックアップ。個性があふれる読書空間でゆったりとしたひと時を過ごしてくださいね。

ずっと読み続けたい一冊に出会える、喫茶店の中の本屋さん/国分寺・胡桃堂書店

ずっと読み続けたい一冊に出会える、喫茶店の中の本屋さん/国分寺・胡桃堂書店
レトロなスイーツ、シベリアが人気の胡桃堂喫茶店。その店内に併設された胡桃堂書店には、店員さんや地域の人々が選書した素敵な本が並んでいます。ここにあるのは「50年、100年と読み継がれてほしいと願う本」。そんな、喫茶店の中の本屋さんを訪ねてみました。

5000冊の写真集に囲まれたカルチャーの発信地。恵比寿「写真集食堂めぐたま」

5000冊の写真集に囲まれたカルチャーの発信地。恵比寿「写真集食堂めぐたま」
恵比寿に佇む「写真集食堂めぐたま」は、5000冊の写真集が壁いっぱいに並ぶ個性あふれる食堂。ご飯担当のおかどめぐみこさん、アーティストのときたまさん、そして写真評論家・飯沢耕太郎さんの3人が創り上げるお店では「食」「写真集」「催し」の3つの柱を軸に、様々なカルチャーを発信しています。

新しい出会いが欲しくなったとき、ふらりと立ち寄りたい神楽坂の本屋さん「かもめブックス」

新しい出会いが欲しくなったとき、ふらりと立ち寄りたい神楽坂の本屋さん「かもめブックス」
「かもめブックス」は書店、ギャラリー、カフェが合体した神楽坂にある本屋さん。ふらりと立ち寄って、テーマごとに並べられた本を手に取ったり、ギャラリーの展示を覗いたり、カフェでひと休みしたり、購入した本をゆっくりと読むことも。 何かおもしろいことはないかなと思ったときにたくさんのヒントを見つけられ、新しい本との出会いが待っている場所です。

“小さな本屋”のある隠れ家カフェで過ごす、くつろぎ時間/吉祥寺「アリーカフェ」

“小さな本屋”のある隠れ家カフェで過ごす、くつろぎ時間/吉祥寺「アリーカフェ」
吉祥寺駅すぐという好立地にありながら、のんびり静かにくつろげると評判の「アリーカフェ」。店内には本好きなオーナーがセレクトした様々なジャンルの本や雑誌が並ぶ「小さな本屋」があり、自由に読んだり購入することができます。 角煮がたっぷり入った和風オムライスや、オレオを練りこんだチーズケーキなど、ランチからスイーツまで、魅力的なメニューがいっぱいです。

本を読みふけりたい人のための、静かな時が流れる“読書”専門店。初台「fuzkue」

本を読みふけりたい人のための、静かな時が流れる“読書”専門店。初台「fuzkue」
東京・初台に、本好きにとってはたまらないお店があります。単なるブックカフェとも少し趣の異なる、おいしいコーヒーや軽食を片手に一人でじっくりと本の世界と向き合える「本の読める店」。静けさが約束された落ち着ける店内には、心地よい音楽といい時間が流れています。

入場料のある本屋!?本と出会う為の時間を過ごせる「文喫」が六本木にオープン

入場料のある本屋!?本と出会う為の時間を過ごせる「文喫」が六本木にオープン
突然ですが、最近本を読んでいますか?六本木にオープンした「文喫」は入場料のある本屋。「本を選ぶ時間をどう過ごすか」をテーマに、文化的な匂いのする場所で本と触れあい、読み耽る1日を過ごすことができます。 検索とは違った本との出会い方が出来ると早くも話題の最新スポットを紹介します。

池袋駅直結♪1000冊の本とともにほっとひと息できるブックカフェ「梟書茶房」

池袋駅直結♪1000冊の本とともにほっとひと息できるブックカフェ「梟書茶房」
※こちらの記事は2017年12月10日に公開したものです。 「本と珈琲 梟書茶房」は、今年6月に「池袋Esola池袋」の4階にオープンしたブックカフェ。「珈琲」と「本」を偏愛する“ふたり”が出会い、まるで図書館のようなカフェが誕生しました。何の本かはひみつの袋とじ本とコーヒーのセットなど、遊び心のあるメニューなどが楽しめますよ。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真