ログイン / 会員登録するアカウントを選択

1日1組限定のギャラリー兼ゲストハウスで、日本最西端の島時間を過ごそう

75
1日1組限定のギャラリー兼ゲストハウスで、日本最西端の島時間を過ごそう
石垣島から西に約127km、台湾からはわずか約111kmの東シナ海に浮かぶ与那国島。晴れた日には台湾の島影を眺めることもできる日本最西端の島で、今でも島に息づく独自の文化を体験できるギャラリーを兼ねたゲストハウスをご紹介しましょう。

暮らすように過ごす、ギャラリー兼ゲストハウス

暮らすように過ごす、ギャラリー兼ゲストハウス 家電や調理器具がそろい、簡単な料理もできるダイニングキッチン
与那国島は1周約27kmの小さな島。そのなかにいくつかの集落が点在し、町役場がある島の中心・祖納(そない)地区にあるのが一軒家のゲストハウス「SAKURA(さくら)」です。

オーナーの稲川留美子さんは、島の伝統工芸・与那国花織(はなおり)の織子さん。自身の作品を中心とした織物や染めの雑貨を紹介するギャラリーとしてこの家を公開する一方で、彼女が島を離れている期間は、1日1組限定のゲストハウスとして貸し出しています。
昔ながらの沖縄の民家の間取りに、エアコン、Wi-Fiも完備
室内は和室が2つとワーキングスペース、ダイニングキッチンがあり、駐車場付き。エアコン、洗濯機、冷蔵庫や電子レンジなどの家電製品のほか、タオル、シャンプー&リンスなどホテル同様のアメニティがそろっています。
ただし、「せっかくの島の時間を楽しんでほしいから」との想いから、テレビは置いていません。ペットもいっしょに宿泊でき、島で暮らすような滞在を体験できますよ。

宿泊料金は、1人1泊6,000円、2人目からは1人4,000円と驚くほどリーズナブル。もちろん、おひとりの長期滞在もOKです。大人同伴の小学生までは半額になり、添い寝の子どもは無料です。他に清掃料金が1回の宿泊につき2,000円必要です(すべて税込み)。

沖縄の伝統的な古民家で、かわいい雑貨を選びましょう

オーナーさんが島にいる期間の宿泊はできませんが、与那国花織の機織り現場を見せてもらったり、島の伝統工芸品を現代風にアレンジしたトートバッグや雑貨、アクセサリーなどを自由に手に取って選び、購入できます。

ゲストハウスとして宿泊できる期間と、ギャラリー営業の割合は不定期でほぼ半々。ゲストハウス営業中、オーナーさんは基本的に不在で、近くに住む管理人さんがチェックインとチェックアウトのお世話をしてくれます。

沖縄の伝統的な古民家で、かわいい雑貨を選びましょう与那国花織をあしらったトートバッグは、できあがるとすぐに完売する人気商品
オーナーの稲川さんが島にいる時はギャラリーとして営業。購入もできる
また、ゲストハウスの期間は雑貨の展示と販売はありません。島内の「アマランSHOP」「与那国町伝統織物協同組合」「比川地域共同売店」で取り扱いがあり、そちらをのぞいてみてはいかがでしょうか。
ウェブサイトの「宿泊予約」を見れば半年先までの営業状況がわかるので、チェックしてみてください。

朝夕の散策にオススメのスポット

SAKURAがある祖納集落から遠浅のビーチ「ナンタ浜」までは歩いても10~15分ほど。与那国民謡にも歌われた波が穏やかなビーチでは、朝夕の散歩がオススメ。砂浜に流れ着いた貝殻やサンゴのかけらを探したり、夏場はシュノーケルも楽しめます。
ビーチに沿って遊歩道がある「ナンタ浜」は朝夕の散策にオススメ

SAKURA(さくら)

八重山郡与那国町字与那国397MAP

090-6858-9239

https://www.sakura-yonaguni.com

※宿泊可能期間、ギャラリー開設期間はHP参照


町を見守る天然の展望台「ティンダバナ」

町を見守る天然の展望台「ティンダバナ」 島を最初に統治した女酋長の住みかかだったといわれる伝説の地
「SAKURA」のダイニングルームの窓から望むことができ、集落から近い絶景スポットのひとつが、天然の展望台「ティンダバナ」です。この頂上には15世紀ごろ、島を統治していたサンアイ・イソバと呼ばれる実在の女酋長が住んでいたのだとか。

頂上近くまでは亜熱帯の植物が茂るなかを遊歩道が整備され、ちょっとしたジャングル探検の気分。標高85mとそれほど高くありませんが、展望台からは祖納地区の集落と青く澄んだナンタ浜、その向こうに広がる東シナ海まで一望できますよ。
この場所に残る伝説が刻まれた碑や洞窟を超えると、東シナ海を望む展望台へ
与那国島はとても小さな島ですが、島の西と東、北と南でまるで異なる景色が広がります。飛行機を利用すれば石垣島から日帰りで訪れることもできるけれど、沖縄・八重山諸島のどの離島とも異なるユニークな文化や手つかずの自然を体験するためにも、何日か滞在するのがオススメ。

昔ながらの沖縄の民家で、ゆるりと流れる島時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真