ログイン / 会員登録するアカウントを選択

日本の最西端・与那国島で立ち寄りたい島グルメ&おみやげスポット5選

72
日本の最西端・与那国島で立ち寄りたい島グルメ&おみやげスポット5選
沖縄本島よりも、石垣島よりも台湾に近い与那国島。ここにしかない自然と文化に触れたら、おいしい食べものやかわいいグッズに癒されて。絶景スポット巡りの合間に立ち寄ったり、おみやげ探しにもオススメの5軒を紹介します。

絶品パスタとロールケーキが自慢「モイストロールカフェ」

絶品パスタとロールケーキが自慢「モイストロールカフェ」 南フランスをイメージした部屋。吹き抜ける風が心地よく、ずっとここで過ごしたくなる
与那国島は日本でいちばん最後に沈む夕日が見られる場所。その展望スポット「西崎(いりざき)」に近い久部良(くぶら)地区にあるのが「モイストロールカフェ」。オーナーシェフの猪股哲さん自ら古い民家を改築し、10年近くかけて完成した店内は、さまざまなテイストのインテリアが同居する不思議な空間です。

例えば、入り口のすぐそばは南フランス風、奥の部屋はインドネシア風、さらに畳の和室も。調理台に小さなタイルを敷き詰めたキッチンも雰囲気たっぷり。これらが違和感なくマッチして、独特の世界観を作り出しています。
左/「カジキのカルパッチョと長命草のパスタ」1400円、右/ロールケーキとドリンクのセット700円(各税込)
ランチコースの「カジキのカルパッチョと長命草のパスタ」は、ペペロンチーノにトマトソースと、島の近海で捕れるカジキのカルパッチョをのせたもの。カジキはシークヮーサーと島産の塩でマリネし、仕上げに薬草として用いられる長命草を散らしてあります。

もうひとつの名物がロールケーキ。「モイストショコラロール」と「モイストはちみつロール」の2種類があり、はちみつは島でほんの少ししか取れない希少なもの。
生地に米粉を配合し、クリームには北海道産の生クリームを使って、ふんわりとしてとてもしっとりした口当たりに仕上げてあります。「黒糖チャイ」とともに味わってみてください。

モイストロールカフェ

八重山郡与那国町字与那国4022-119MAP

0980-87-3130

11:30~17:30(売り切れ次第終了)

不定休


あっさり味の出汁が病みつきになる「わかなそば」

コクのある豚骨スープと太麺が特徴の沖縄そば。「与那国そば」と呼ばれるオリジナルの沖縄そばを食べられるのが、「Dr.コトー診療所」のロケ地跡に近い比川集落の「わかなそば」です。

メニューは店名そのままの「わかなそば」一品だけ。麺は島に1軒だけある製麺所のものを使い、豚骨とカツオ節を使ったスープは白濁しているのに驚くほどあっさり。甘辛く炊いてから両面をこんがり焼いた豚の三枚肉の香ばしさもたまりません。

あっさり味の出汁が病みつきになる「わかなそば」
テーブル席のほか、畳の和室と外にも屋根付きのテラス席がある
豚の三枚肉ももちろん自家製。「わかなそば」(並)700円(税込)
この味を求めて通ってくる地元の人が多く、開店と同時に続々とお客さんが入ってきます。調理から接客まで女将さん一人で行っているので混雑時は少々時間がかかりますが、待つだけの価値があるおいしさ。天気がいい日は、外に設けられた東屋のようなテラスで食べるのもいいですよ。

わかなそば(ワカナソバ)

八重山郡与那国町字与那国3083MAP

0980-87-3338

11:30~14:00(売り切れ次第終了)

火曜


「手作りパンの店パネス」は日本最西端のパン屋さん

「手作りパンの店パネス」は日本最西端のパン屋さん 「赤ちゃんのおしり」「長命草メロンパン」など170~210円(各税込)
与那国島で1軒だけあるパン屋が「手作りパンの店 パネス」。島で採れる長命草を練り込んだ「長命草メロンパン」と、ふわふわモチモチの食感から「赤ちゃんのおしり」と名付けられたパンが人気です。

地元の人はもちろん、海外からダイビングのために島を訪れるダイバーの間でも名前を知られた存在。開店前から焼き上がりを待って訪れる人が少なくありません。
おみやげにも人気のラスクは、紅芋、長命草、黒糖の3種類、各350円(税込)
パネスのパンは「アマランSHOP」「比川地域共同売店」でも販売していますが、焼き立てのおいしさは格別。近いうちにイートインスペースがある新店舗に移転する予定があり、ランチも楽しめるようになるのだそう。

手作りパンの店「パネス」(テヅクリパンノミセパネス)

八重山郡与那国町字与那国1107 DiDi与那国交流館内MAP

050-3578-3608

10:30~17:00ごろ(売り切れ次第終了)

月曜、その他不定休


おみやげからお弁当、日用雑貨まで「アマランSHOP」

おみやげからお弁当、日用雑貨まで「アマランSHOP」 上左/帆布のトートバッグ3500円、上右/花織のバッグ各4400円、下左/島の長命草を使ったドリンク類660円~2500円、島唐辛子の調味料は左から450円、550円、500円(各税込)
「島でいちばん、センスがいいおみやげが見つかる」と評判の店が、「アイランドホテル与那国」の駐車場入り口にある「アマランSHOP」。日用雑貨からお弁当、ドリンク、日焼け止めまで幅広くそろえています。

おみやげに人気なのは、ゲストハウスとギャラリーを運営する「SAKURA(サクラ)」のブランド「雑貨さくら」のオリジナルアイテム。なかでも伝統織物の花織を組み合わせた「お守りくまくん」は色違いで買って帰る人が多いそうです。
ぜひとも試してみたいのが、島で育った長命草から作るドリンク類。長命草は八重山のほぼ全島に自生しますが、与那国島のものは「1株食べると1日長生きする」という言い伝えがあるほどポリフェノールが豊富。
紫外線や潮風にさらされた肌をサポートします。

アマランSHOP(アラマンショップ)

八重山郡与那国町字与那国4647-1MAP

0980-87-2301

8:00~22:00

無休


地元の人とのふれ合いも楽しみな「比川地域共同売店」

島の南側で唯一、夜遅くまで営業している店が比川浜に近い「比川地域共同売店」。与那国産のおみやげがそろっているだけでなく、島で採れた野菜やお刺身なども扱う、地元の人の生活になくてはならない存在です。
店の奥の畳の部屋では誰でも自由にくつろぐことができ、備え付けの電子レンジで店内で買ったお弁当を温めて食べることもできます。
さらに無料Wi-Fiと清潔なトイレも完備。地域の人も集まるスペースなので、地元民御用達のスポットなど教えてもらうのもいいですね。

地元の人とのふれ合いも楽しみな「比川地域共同売店」ひときわ目を引く青い外壁が目印
左から長命草を練り込んだ麺385円、ハーブティー「ハルハッカ」(500円)、島内の製塩所で作られる一番塩「小花」1100円(各税込)

比川地域共同売店(ヒカワチイキキョウドウバイテン)

八重山郡与那国町字与那国3056-1MAP

0980-87-2888

7:00~22:00

無休


与那国島には大きなレストランや24時間営業のコンビニエンスストアはありません。そのかわり、小さくても個性的なお店があり、それぞれが唯一無二の存在になっています。一度訪れると何度でも通いたくなる、そんなお店を見つけることもこの島ならではの楽しみです。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真