ログイン / 会員登録するアカウントを選択

【劇場鑑賞券プレゼント】圧倒的な大自然を舞台に紡がれる、父と子の束の間の交流『オルジャスの白い馬』

10
【劇場鑑賞券プレゼント】圧倒的な大自然を舞台に紡がれる、父と子の束の間の交流『オルジャスの白い馬』
2020年1月18日(土)公開の圧倒的な大自然を舞台に紡がれる、父と子の束の間の交流を描いた映画『オルジャスの白い馬』の公開を記念して、ことりっぷweb読者のみなさまの中から抽選で3組6名様に劇場鑑賞券をプレゼントいたします。

森山未來が初めて海外作品の主演に挑み、オール・カザフスタンロケを敢行した意欲作

森山未來が初めて海外作品の主演に挑み、オール・カザフスタンロケを敢行した意欲作
日本・カザフスタン合作映画『オルジャスの白い馬』が、2020年1月18日(土)に新宿シネマカリテほか全国順次公開となります。
主演を務めるのは、大河ドラマ「いだてん」の美濃部孝蔵役などで常に新しい挑戦をし続ける森山未來と、『アイカ(原題)』で2018年カンヌ国際映画祭最優秀主演女優賞に輝いたサマル・イェスリャーモワ。アジアを代表する若手国際派俳優ふたりによるダブル主演です。
森山にとって初の海外主演作となる本作で、全編カザフ語で演じ乗馬もこなす熱演を披露、愛する人に真実を語れない不器用な男を演じています。2018年10月から約1ヶ月かけ、全編カザフスタンロケで行われた撮影において、森山は他の日本人技術スタッフを伴わず現地に入り、制作スタイルはおろか映画産業のシステム自体が日本とは全く異なるカザフスタン人スタッフ達との共同作業に臨みました。

少年の心に吹き込んだ、疾風のような出会い。

少年の心に吹き込んだ、疾風のような出会い。
早く大人になりたい年頃のオルジャスは、果てしない空に抱かれながらも、どこか行き場のない想いを抱えている。そこへある日、現れた男カイラートは、無口ながらもオルジャスに乗馬の仕方を教え、一緒に草原を走ってくれ、仕事も手伝わせてくれる。その存在は、オルジャスの世界に疾風のようにあらわれ、世界を鮮明に塗り替えていく――
カザフ語で“強い男”の意味である“カイラット”にちなんだ名前であるカイラート親子による普遍的な父と子のドラマと、それを包み込むカザフの果てしない空と大地や光を美しく捉えた圧倒的な映像美はこの作品の見どころの一つ。
映画は、カザフスタンの天山山脈を望む今でも遊牧民が沢山いるエリアで撮影され、ベルリン国際映画祭で受賞歴を持つ若き撮影の名手アジズ・ジャンバキエフが、雄大な自然で生きる人々のドラマを詩情豊かに捉えていきます。

劇場鑑賞券を3組6名様にプレゼント♪

劇場鑑賞券を3組6名様にプレゼント♪
2020年1月18日(土)公開の映画『オルジャスの白い馬』の公開を記念して、ことりっぷweb読者のみなさまの中から抽選3組6名様に劇場鑑賞券をプレゼントいたします。

○応募締切:2020年1月16日(木)

※当選者の発表は賞品の発送を持って、発表とさせていただきます。
2019/日本・カザフスタン/カザフ語・ロシア語/81分/カラー/DCP/Dolby SRD(5.1ch)/シネスコ/英題:Horse Thieves
監督・脚本:竹葉リサ、エルラン・ヌルムハンベトフ
プロデューサー:市山尚三、木ノ内輝、キム・ユリア 撮影監督:アジズ・ジャンバキエフ 音楽:アクマラル・ジカエバ 編集:ヌルスルタン・ヌスカベコフ、リク・ケイアン 音響:アンドレイ・ヴラズネフ 美術:サーシャ・ゲイ
出演:森山未來、サマル・イェスリャーモワ、マディ・メナイダロフ、ドゥリガ・アクモルダ
配給:エイベックス・ピクチャーズ 配給協力・宣伝:プレイタイム 
©『オルジャスの白い馬』製作委員会
2020年1月18日(土)より新宿シネマカリテほか全国ロードショー

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真