ログイン / 会員登録するアカウントを選択

鎌倉の昭和レトロな丸七商店街に「パンとエスプレッソと」の姉妹店がオープン/ベーグル専門店「ぐるぐるべゑぐる」

396
鎌倉の昭和レトロな丸七商店街に「パンとエスプレッソと」の姉妹店がオープン/ベーグル専門店「ぐるぐるべゑぐる」
鎌倉の昭和レトロな丸七商店内に、小さなベーグル専門店「ぐるぐるべゑぐる」が2019年8月オープン。こちらは、表参道のベーカリーカフェ「パンとエスプレッソと」やフルーツサンド専門店「フツウニフルウツ」の姉妹店。店内では、フルーツやあんこ、魚などがサンドされた色とりどりの個性的なベーグルサンドとドリンクがいただけます。

焼きたて、できたてのおいしさを

焼きたて、できたてのおいしさを 狭い路地を進んだ先にある「ぐるぐるべゑぐる」
鎌倉駅から徒歩2分。駅東口のロータリーを右に進んだところにある昭和レトロな雰囲気たっぷりの裏路地、丸七商店内に昨年、小さなベーグル専門店「ぐるぐるべゑぐる」がオープン。店先にはお食事系からおやつ系まで10種類のベーグル生地で作る色とりどりのできたてベーグルサンドがずらりと並びます。
ショーケースの様子

人気のベーカリーカフェ「パンとエスプレッソと」の姉妹店であるこちら。「パンとエスプレッソ(コーヒー)」という組み合わせのように、「生地と、それに合わせる副材」という相互のペアリングはとことんこだわっています。

店長の渡辺さん
「ベーグル生地はすべて店舗でイチから製造しています。ベーグル生地と中に挟む具材との組み合わせの妙を楽しんでもらいたい」と店長の渡辺さん。パンは毎日店内で焼きあげたもの。できたて、作り立てのおいしさも人気の秘密です。

定番の生地もありつつ、生地やサンドイッチの具材は、春夏、秋冬でラインナップが大きく変わるそう。夏であれば少し酸味のあるもの、冬であれば、スパイシーなものなど、濃厚な味わいのものが登場します。

生地と具材の絶妙な組み合わせ

生地と具材の絶妙な組み合わせ 左「たまごとチーズ」(470円/税込)、右「鯖サンド」(490円/税込)
お食事系のベーグルで人気なのは、「鯖サンド」(490円/税込)。生地にたっぷりの香ばしい金ゴマを練りこんだ「金ゴマベーグル」に、カレースパイスで味付けした焼きサバ、カレーと相性のよいクミンでマリネした紫キャベツをサンドした一品。さっぱりとしたレモン感が食欲をそそります。
もっちりとした食感が特徴の定番の生地「プレーンベーグル」を使った「たまごとチーズ」(470円/税込)もイチ押しです。ごろごろの半熟卵となめらかなたまごサラダの食感のコントラストが楽しい一品。ゴーダチーズとチェダーチーズ、2種類のチーズが濃厚なおいしさを引き立てます。

実力派おやつ系ベーグルの数々

実力派おやつ系ベーグルの数々 左「フルーツサンド」(580円/税込)、右「珈琲とあんバター」(490円/税込)
おやつ系のベーグルもよりどりみどり。中でもおすすめは、カスタード入りの濃厚なクリームチーズに、いちご、バナナ、キウイなど5種類の季節のフレッシュフルーツがごろごろ入った「フルーツサンド」(580円/税込)。見た目のかわいらしさはもちろん、ボリュームもあって胃袋も大満足です。
コーヒー好きにおすすめなのは、アーモンドを練りこんだ香ばしい生地「コーヒーベーグル」に粒あん×クリームチーズ、有塩バターをサンドした「珈琲とあんバター」(490円/税込)。甘さ控えめのつぶあんと爽やかなクリームがたまりません。

イートインでほっとひと息はいかが?

イートインでほっとひと息はいかが? 左から「珈琲とプラリネ」(280円/税込)、「栗とほうじ茶」(280円/税込)、コーヒー(450円/税込)
具材の入っていないベーグルの販売も。定番のベーグル「赤紫蘇」(230円/税込)、「カレーとマンゴーレーズン」(260円/税込)のほか、季節ものの「いちじくショコラ」(280円/税込)など、個性的な約10種類が並びます。ベーグルは春夏と秋冬で新商品がでるそうです。
店内は5席のイートインスペースがあり、コーヒーやチャイ、自家製レモネードなど10種類のドリンクを楽しめます。また、同じく丸七商店内にある系列店、フルーツサンド専門店「フツウニフルウツ鎌倉駅前販売所」で購入した商品も持ち込んで食べることもできます(各店でワンオーダーが必要)。

鎌倉さんぽのリストにぜひ加えてくださいね。

ぐるぐるべゑぐる(グルグルベエグル)

神奈川県 鎌倉市小町1-3-4 MAP

0467-73-8340

10:00~18:00

不定休

ぐるぐるべゑぐる

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真