ログイン / 会員登録するアカウントを選択

フランスの味と文化を日本でも。こだわりと思いの詰まった『ブーランジェリー・パティスリー・アダチ』

152
フランスの味と文化を日本でも。こだわりと思いの詰まった『ブーランジェリー・パティスリー・アダチ』
毎日の暮らしのなかで少しだけ心が弾むような豊かさをお届けするWEBマガジンPARIS mag(パリマグ)から、今回は横浜にある『ブーランジェリー・パティスリー・アダチ』をご紹介します。
横浜市営地下鉄・センター南駅から徒歩約5分の位置にある『ブーランジェリー・パティスリー・アダチ』。ここは、フランスでパン作りの技術と経験を積んだシェフ、足立恵太さんが立ち上げたお店です。
「フランスのブーランジェリーの味と文化を日本にも伝えたい」という思いの詰まった店内には、クロワッサンやパン・オ・ショコラ、パン・オ・レザンなどのブーランジェリーの定番品から、さまざまな種類のサンドイッチ、こだわりのバゲットなど100種類以上の商品が並び、訪れる人に「フランス」を感じさせてくれます。

フレンチスタイルの店舗デザインで横浜へ

フレンチスタイルの店舗デザインで横浜へ
学生時代から映画やアートなどでフランス文化に親しんでいた足立さんは、前職であるスタイリストからの転身を決意し、渡仏。パン職人の道を志し、複数のブーランジェリーで研修を重ねたあと、バゲットコンクール優勝という経歴を持つパリの名店『アルノー・デルモンテル』へ。そこで社員として勤務し、知識と経験を培いました。

帰国後は静岡県伊豆市の自宅を改装し、2015年に『ブーランジェリー・パティスリー・アダチ』をオープン。しばらくは夫婦二人三脚での経営でしたが、お客さんが増えてきたこともあり、心機一転、横浜市に移転することに。従業員も雇い、内観デザインにもこだわった新店として、2018年3月に新たなスタートを切りました。
お店の外から店内の様子や、陳列されている商品が見えるため、通りがかりの人もつい足を止めてしまいます。

「フランスのブーランジェリーの多くがそうであるように、入口から出口まで一方通行の流れを作りたかったのと、店の外からでも商品が見えるようなデザインにしたかったんです」と話す足立さん。セルフサービスではなく、スタッフによる対面販売にも「フランス風」とこだわりを見せます。

「フランス文化」を伝えるための100種類以上のラインアップ

「フランス文化」を伝えるための100種類以上のラインアップ
フランスではポピュラーな「ブーランジェリー・パティスリー」は、パンとスイーツを取り扱うお店のこと。日本のように「パン屋」「ケーキ屋」と分離させず、食事に合わせるパンからデザート、ティータイムの焼き菓子まで1つの店舗で購入できるのが特徴です。そのため、必然的に店内にはたくさんの商品が並ぶことになります。
『ブーランジェリー・パティスリー・アダチ』で1日に仕込む商品数は100以上。クロワッサン、パン・オ・ショコラ、パン・オ・レザンのいわゆる「ブーランジェリーの3兄弟」や、定番のパン・ド・ミやバゲット、さっくり揚げて粉砂糖をまぶしたベニエなど、「ブーランジェリー・パティスリー」で欠かせない商品が、こちらのお店でも満遍なく手に取ることができます。
生地は全て足立さんが仕込み、そのあとの工程を4人のスタッフで分担します。「フランスのパンは、他の食材と組み合わせて食べるのがおいしい」という足立さん。開店時間には約200本のサンドイッチが並び、ショーケースを賑わせます。オムレツ、ツナ、ビーフ、生ハムなど具材もさまざまで、それぞれの具に合ったパンを作るというから驚きです。
パリッと焼かれたパンにオリーブがたっぷり練り込まれた「オリーブとローズマリーのパストラミビーフサンド」は、足立さんがフランスで働いていた頃、店頭に並べるパン以外にも、「エピスリー(惣菜店)」に卸すために作っていたパンを再現したもの。ローズマリーの爽やかな風味と、黒胡椒の効いたパストラミビーフがマッチする、食べ応えのあるサンドイッチです。
「オムレツのサンドイッチ」の卵にはツナを混ぜ込み、ふんわりボリューミーに焼き上げられます。この「ツナ入りオムレツ」のアイデアも、フランス滞在時に味わった記憶から。

具材の細部にまでこだわった商品は、足立さんが感じた「フランスの味」を再現したものばかり。ひとつひとつの商品にエピソードがあり、手間を惜しまず作られます。

「言わなければ誰も気づかないほどの、小さなこだわりがあちこちに散りばめられています。手間はかかりますが、どうしても自分の中の『こうしたい』が勝っちゃうんですよね」と笑顔を見せる足立さん。
イチジクやクルミ、レーズンなどをぎっしり練りこみ長時間かけて焼き上げる「パン・オ・フリュイ」も定番商品の1つ。どっしりと重たいこちらのパンは、薄くスライスしていただきます。
「『パン・オ・フリュイ』やイチジクが入った『パン・オ・フィグ』は、フランスではフォアグラと合わせて食べることが多く、ライ麦とレモンのパン『セーグルシトロン』なら、牡蠣と一緒に合わせるとおいしい。日本でご飯と納豆を食べるみたいに、フランス素材とパンの組み合わせも楽しんでほしいです」と足立さんが教えてくれました。
こちらのお店で販売されるバゲットは、パリの製粉会社・VIRON社の小麦粉とレシピを使用して焼き上げられます。美しい焼き色に豊かな香りの人気商品ですが、「まだまだ理想の食感と風味に仕上がらない」と足立さんは話します。

生地作りのミキシング時間を5秒単位で調整しながら変化を見るなど、「理想」を追い求め続けるその姿勢からは、熱い職人魂を感じずにはいられません。
移転オープンしてから約1年半。取材中も客足が途絶えず、人気店として街に定着している様子が伺えました。2020年には、静岡県に2店舗目をオープン予定。

「ここ横浜店では『フランスの文化や味を楽しめる』をコンセプトに店づくりをしてきましたが、2店舗目では私の感じる『おいしいパン』を厳選した品揃えでいきたいです」と話してくれました。足立さんの飽くなき探究心とこだわりから生まれる、新しいお店と商品にも期待が高まります。

ブーランジェリー・パティスリー・アダチ

神奈川県 横浜市都筑区茅ヶ崎中央22-15 MAP

045-298-4034

9:00〜19:00

月・火曜


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真