ログイン / 会員登録するアカウントを選択

旅するように、おにぎりとスープを味わおう♪【鹿児島編】〜「黒糖おこわのおむすび」と「黒豚カレースープ」〜

59
旅するように、おにぎりとスープを味わおう♪【鹿児島編】〜「黒糖おこわのおむすび」と「黒豚カレースープ」〜
日本人のソウルフード・おにぎりとお供にぴったりのスープ。全国を旅するように、各都道府県ごとの名産品をたっぷりと使って作ってみませんか? レシピを教えてもらうのは、各地の農家を訪れて美味しい野菜を見つけたり、地のものを味わうのが大好きという料理家・ごはんさん。新しいおにぎりとスープの魅力にきっと出会えますよ。

第45回は鹿児島県。「黒糖おこわのおむすび」と「黒豚カレースープ」です。やさしい甘さのもっちりおこわと、ちょっぴりスパイシーな黒豚カレースープは相性も抜群。ボリュームたっぷりなので夜ごはんにもOKです。

おうちで過ごすことが多い今年のGW。自炊レシピに加えてみてはいかがですか?

食感が楽しい「黒糖さつまいもおこわ」

食感が楽しい「黒糖さつまいもおこわ」
サトウキビの絞り汁を煮詰めて作る黒糖。鹿児島県奄美地方の特産で、ミネラルも豊富、普通のお砂糖と比べやさしく深みのある甘さが魅力です。お米が炊けた時にふんわりと香る甘い香りに食欲を掻き立てられます。

もっちりおこわに、カリッと香ばしいくるみやさつまいもなどの食感が組み合わさったおむすび。最後にシナモンをサッとひと振りして、エスニックっぽく♪

【材料】(2人分)
・餅米…1/2合
・白米…1/2合
・さつまいも…1/4本
・黒糖…大さじ1/2
・お湯…大さじ1/2
★酒…大さじ1/2
★ごま油…小さじ1/2
★塩…ひとつまみ
・くるみ、クミンパウダー、シナモンパウダー…少々
【作り方】
1:餅米と白米を研いでから、20分ほど浸水する。さつまいもは1cmの角切りに、黒糖はお湯で溶く
2:炊飯器に1の米と水(目盛りより1mm下)を入れ、黒糖と★を加えて軽く混ぜる。その上にさつまいもを乗せて炊き込みご飯モードで炊飯する
3:炊き上がったごはんに砕いたくるみとクミンパウダー、シナモンパウダーを入れて混ぜ合わせ、塩(分量外)を多めに振って丸い形におむすびを握る

(ごはんさんより)
「ごま油のかわりにココナッツミルクを入れて炊き込むと、東南アジアのココナッツおこわ風味に!最後におむすびにふる塩は胡麻塩を使っても美味しいですよ」

ちょっぴりスパイシーな「黒豚カレースープ」

ちょっぴりスパイシーな「黒豚カレースープ」
江戸時代に琉球(沖縄)から伝わって以来、400年の歴史を持つと言われる鹿児島県名産の黒豚。柔らかく、ジューシーで旨味があると評判、「かごしま黒豚」のブランド名は全国的にも知られています。

今回は、少し厚めのロース肉を使ってボリュームのあるスープに。脂身もさっぱりとしているので、カレー風味にしてもサラリといただけます。数種の夏野菜で彩りを添えていただきましょう。

【材料】(2人分)
・豚ロース肉…200g
・片栗粉…適量
・パプリカ(赤、黄)…各1/8個
・ししとう…4本
・玉ねぎ…1/4個
★カレー粉…小さじ1
★オイスターソース…小さじ2
★ケチャップ…小さじ1
★お好み焼きソース…小さじ1
★コンソメ(顆粒)…小さじ1
★水…300cc
・塩こしょう…少々
【作り方】
1:パプリカは1/3等分にくし切りにする。フライパンに油(分量外)をひいて中火に熱して、パプリカ、ししとうを揚げ焼きにして、焼き色をつける
2:豚ロース肉は1cm幅に切って塩こしょう(分量外)をふり、20分ほどおく。表面の水分を軽く拭き取り片栗粉を軽くまぶす。フライパンに油(分量外)をひき、豚肉を中強火で焼き、両面にこんがり焼き付ける
3:2に★とみじん切りにした玉ねぎを入れて煮立たせ、アクをすくいながら約10分、中弱火で煮込む。スープをお皿に盛り付けたら、パプリカとししとうをのせる

(ごはんさんより)
「豚肉は片栗粉をまぶして焼くと旨味を封じ込めるため、煮込んでも柔らかく仕上がります。煮込む時間を長くすれば、より厚いお肉でも美味しく仕上がりますよ」

【レシピを教えてもらったのは…】
料理家・ごはんさん
WEBや書籍でレシピ監修も行うなど、現在、料理家として活躍中。和洋中とジャンルを問わない幅広いレシピ提案のほか、アジアでの留学経験を活かした本場仕込みのエスニック料理も得意。

徳間書店より『訪問調理師ごはんさんのどんどんおかわりする子ども大好きレシピ78』が好評発売中。
http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784198649777

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真