ログイン / 会員登録するアカウントを選択

【東京さんぽ】カフェや雑貨店をめぐって、吉祥寺でメルヘン探し

208
【東京さんぽ】カフェや雑貨店をめぐって、吉祥寺でメルヘン探し
こだわりの専門店や個性豊かなショップでにぎわいながら、古き良き風情と穏やかな活気に満ちている吉祥寺。新宿や渋谷から15分というアクセスの良さも魅力です。暖かな陽気のなか、メルヘンを探しに出かけましょう。

都市と自然がほどよく調和したトキメキの街

都市と自然がほどよく調和したトキメキの街 井の頭池のスワンボート。1台だけある「眉毛スワン」に乗ると幸せになれるとか
メイン通りの「サンロード商店街」やディープな「ハーモニカ横丁」など昔の風情を残す一方、スタイリッシュなインテリアショップやほっこり落ち着けるカフェ、ポップな北欧雑貨の店など、女性に人気の店もたくさんある吉祥寺。

駅から少し歩くと、まるで絵本の中から飛び出してきたようなメルヘンチックなカフェや一点もののアクセサリーが手に入る雑貨店など乙女心をくすぐるショップがたくさん。思わず写真を撮りたくなるフォトジェニックな風景に出会えます。

キュートな世界が広がる「吉祥寺プティット村」

キュートな世界が広がる「吉祥寺プティット村」 柔らかな日差しが心地よい「TEA HOUSEはっぱ」
「吉祥寺に森を作ろう」というコンセプトのもと、2018年4月にオープンした複合施設。絵本の世界からそのまま飛び出してきたようなメルヘンチックな建物に、ジャンルの異なる7つの店舗が集います。小川のせせらぎを聴きながら優雅な時間を過ごせる「TEA HOUSEはっぱ」には、こだわりの茶葉を使用した紅茶がそろい、野菜たっぷりのランチや色とりどりのスイーツも味わえます。

猫カフェ「てまりのおしろ」で猫たちと遊んだあとは、「とことこ雑貨店」へぜひ。「てまりのおしろ」で人気の猫たちをモチーフにしたグッズが並んでいます。
「てまりのおしろ」でゆったりくつろぐ猫たち

吉祥寺プティット村(キチジョウジプティットムラ)

東京都武蔵野市吉祥寺本町2-33-2MAP

0422-29-1223

10:00~21:00、土・日曜・祝日10:00〜21:00(変動の場合あり。公式ホームページをご確認ください)

不定休

吉祥寺プティット村

ワクワクが詰まった絵本の古本屋さん「MAIN TENT」

ワクワクが詰まった絵本の古本屋さん「MAIN TENT」 ハンガリーなど東欧の絵本が並ぶコーナー。日本とは違う色使いや絵柄が楽しい
サーカスをイメージした絵本専門の古本屋。世界中から厳選した絵本が4000冊以上並びます。誰もが知っている名作絵本のほか、コミカルな学習漫画や中学生向けのジュブナイルなど、幅広いラインナップが特徴。子どもはもちろん多くの大人たちにも愛されています。

赤栩路のカーテンが鮮やかな店内には、大きなぬいぐるみや猿のシャンデリアなど心弾むインテリアが随所に。絶版になってしまった絵本や北欧の古い教科書など、ここでしか手に入らなものに出会えますよ。
色とりどりのカバーデザインを眺めるのも楽しい

MAIN TENT(メインテント)

東京都吉祥寺本町2-7-3MAP

0422-27-6064

10:30~17:00(土曜、日曜、祝日は~19:00)

水曜

MAIN TENT

小さなころに憧れた秘密基地のよう。「ハティフナット吉祥寺のおうち」

小さなころに憧れた秘密基地のよう。「ハティフナット吉祥寺のおうち」 壁一面に描かれた絵のテーマは「森の中のカフェ」。クマやウサギ、ペンギンなどたくさんの動物たちが集う
「HATTIFNATT(ハティフナット)吉祥寺のおうち」は、古民家を改装したカフェ。高さ130cmの小さな入り口をくぐり抜けると、キュートでポップな空間が広がります。壁一面に描かれた絵は夫婦ユニット“マリーニ・モンティーニ”さんが手がけたもの。2階のはしごを登った先には屋根裏ロフト席もあり、秘密基地のようなおこもり感が楽しめます。

こだわりのタコライスやピザ、グラタンなどのフードメニューのほか、ラテアートがかわいホットドリンクや、ふわふわのクリームでデコレーションされたケーキなど、乙女心をくすぐるカフェメニューがそろっています。
ひき肉の代わりにたこを使った「たこのタコライス」990円

HATTIFNATT吉祥寺のおうち(ハティフナットキチジョウジのおうち)

東京都武蔵野市吉祥寺南町2-22-1MAP

0422-26-6773

11:30~22:00(金・土曜は~23:00)

不定休

HATTIFNATT吉祥寺のおうち

宝物が見つかる大人のおもちゃ箱「にじ画廊」

宝物が見つかる大人のおもちゃ箱「にじ画廊」 数年に一度、作品を募集。さまざまなジャンルのアーティストが作品を出品している
吉祥寺通りから一歩奥にはいった場所にある「にじ画廊」は、国内外のイラストレーターやクリエイターが出品するショップ&ギャラリー。ポストカードやアクセサリー、リメイクバッグなど、かわいいだけではなくちょっぴり奇抜で驚きのあるアイテムがそろいます。

常時100名以上の作家の作品がぎっしりと並び、まるで大人のおもちゃ箱のような雰囲気。さらに2階は広々としたギャラリースペースになっており、さまざまなワークショップや展示会が随時行なわれています。
ピアスや指輪などアクセサリーが人気。手作りのぬくもりが難じられる

長年愛されるレトロ喫茶店「ゆりあぺむぺる」

長年愛されるレトロ喫茶店「ゆりあぺむぺる」 こぼれるのどのアイスがのったザクロのクリームソーダ800円と、甘酸っぱいクリームに包まれたピンクモンブラン600円
1976(昭和51)年に創業。店名の由来は、宮沢賢治の詩集「春と修羅」に登場する人物名「ユリア」と「ペムペル」から。テーブルやランプなど、アンティーク調のインテリアで統一された店内には、アール・ヌーボーの雰囲気が漂います。

コーヒーは、ブレンドはドリップ、ストレートコーヒーはサイフォンで淹れてくれます。クリームソーダも人気があり、青いラムネや赤いザクロ味のソーダが宝石のように輝きます。クラシカルな調度品に囲まれながら極上のカフェタイムを楽しみましょう。
バニラビーンズをたっぷり使った「ゆりあぺむぺる」のチーズケーキ(600円)は爽やかな甘酸っぱさ
ことりっぷマガジンVol.21

【ことりっぷマガジン Vol.24】

特集「外国みたいな場所へ」
京都の山奥に突如現れる、英国の片田舎のような場所、ヨーロッパを思いおこさせるガーデンやカフェのある清里など、異国の風景があるエリアを特集。非日常の景色に出会える春旅へ誘います。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真