ログイン / 会員登録するアカウントを選択

【旅に効く映画】ゆったりとした空気が心地よい日本映画3選

23
【旅に効く映画】ゆったりとした空気が心地よい日本映画3選
のんびりおうち時間を過ごすのにもってこいの映画鑑賞。今回はゆったりとした空気が心地よい日本映画をご紹介します。舞台となるのは、北海道や島根の田舎町など自然豊かな場所。映画を観たら、その土地に行って思い切り羽根を伸ばしたくなるはず。

【1】しあわせのパン

舞台は、北海道の洞爺湖のほとりの小さな町。東京から移り住み、ここでパンカフェ「マーニー」を始めた夫婦のところには、毎日さまざまなお客さんがやってきます。北海道から出られない青年、口をきかない少女、想い出の地に再びやってきた老人…。心に傷を抱えた人々の人間模様を描き出す心温まる物語です。

DVD&Blu-ray発売中
DVD:4,800円+税/Blu-ray:5,800円+税
発売:アスミック・エース/オフィスキュー
販売:アミューズソフト

【1】しあわせのパン(c)2011「しあわせのパン」製作委員会
洞爺湖の美しい大自然を背景に、夏・秋・冬・春と、季節ごとにオムニバス形式で物語が進行していきます。原田知世と大泉洋が演じるカフェの夫婦と一緒に、北海道の四季の移ろいを感じながら、穏やかで幸せなひとときを過ごせますよ。

【2】天然コケッコー

くらもちふさこ原作の同名漫画を、映画化した青春ラブストーリーです。ある日、小中学生あわせて全校生徒6人の田舎の中学に、東京からかっこいい転校生が引っ越してきます。思春期ならではの悩みを抱える主人公が、悩んだり、戸惑ったりしながら、少しずつ成長していく様子が描かれます。

DVD&Blu-ray発売中
DVD:2,800円+税/Blu-ray:3,800円+税
発売元:アスミック・エース、集英社
販売元:TCエンタテインメント

【2】天然コケッコー(c)2007 「天然コケッコー」製作委員会
古き良き日本の原風景が残る田舎町、島根県浜田市が舞台です。田舎ならではのんびりとした時間の流れや空気感が心地よい映画です。初恋のきらめきと、大人と子どものはざまの揺れる心を見事に表現した夏帆と岡田将生の演技は必見です。

【3】マザーウォーター

豊かな水の流れを持つ街・京都を舞台に、ちょっと変わった人間関係が描かれるヒューマンドラマ。ウイスキーしか置かないバーを営むセツコ、疎水沿いにコーヒー店を開くタカコ、そして、豆腐屋のハツミ。“水”にこだわる3人の女性と、周りにいる人々の日常を静かにつづります。

Blu-ray&DVD好評発売中
DVD:5,800円+税/Blu-ray:6,380円+税
販売元:バップ

【3】マザーウォーター(c)2010パセリ商会
「水」がモチーフとなっている本作。鴨川デルタや琵琶湖疎水など、京都にある豊かで美しい水の名所の姿は、癒し効果たっぷり。独特の雰囲気を持つ京都の街並みとともに、京都に行きたい気持ちをかきたてること間違いなし!
いかがでしたか?のんびりとした非日常空間が、疲れた心をリフレッシュしてくれるはず。ぜひ足をのばしてみてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真