ログイン / 会員登録するアカウントを選択

旬のフルーツがきらめく札幌のシメパフェが人気のお店3選

169
旬のフルーツがきらめく札幌のシメパフェが人気のお店3選
札幌の夜といえばパフェで締めくくる=シメパフェ、がここ数年の定番。旬のフルーツを使った味わいを堪能できるだけではなく、素敵な空間が自慢のお店も増えています。すすきのや大通にある3店舗をご紹介します。

狸小路の路地裏に佇む隠れ家的なパフェの専門店「パフェ、珈琲、酒、佐藤」

狸小路の路地裏に佇む隠れ家的なパフェの専門店「パフェ、珈琲、酒、佐藤」 季節のフルーツ「プルーンと柚子」1507 円
狸小路から伸びる路地を入ったところに佇む隠れ家的なパフェの専門店「パフェ、珈琲、酒、佐藤」。シメパフェ人気の火付け役といわれ、観光客や地元民にも人気のお店です。

1日の最後をパフェでシメるをコンセプトに、北海道産牛乳や生クリームを使ったソフトクリームやアイスクリーム、ムースなどは手作りというこだわりぶり。見た目はもちろん、味や食感のバランスを緻密に計算したパフェは、どれも食べ進めるうちに味わいが変化していくのが特徴です。

店名にもある通り、パフェと相性の良いウイスキーやスパークリングワインといったお酒や、ネルドリップでていねいに淹れたコーヒーもあります。

全部楽しんでみたい、という欲張りさんにはお酒におつまみ、パフェ、コーヒーがセットになったコースがおすすめ。

佐藤堪能コース2860円
カウンターからはパフェが作られる様子が見られる

居心地のいい店内はシックな色合いでまとめられ、カウンター席と座敷席があります。入り口で出迎えてくれる招き猫や、のれんにもあしらわれたさくらんぼ柄が入る座布団など、いたるところに散りばめられた和テイストも探してみてくださいね。

入り口には招き猫

パフェ、珈琲、酒、佐藤(パフェこーひーさけさとう)

北海道札幌市中央区南2西1-6-1 第3広和ビル1FMAP

011-233-3007

18:00〜23:30(金曜は〜翌1:30、土曜は13:00〜翌1:30、日曜は 13:00〜)

月曜(祝日の場合は翌日休)

パフェ、珈琲、酒、佐藤

非日常的空間でお酒と共に味わうパフェ「INITIAL(イニシャル)」

非日常的空間でお酒と共に味わうパフェ「INITIAL(イニシャル)」 パルフェ・ショコラ1760円
狸小路5丁目に面したビルに入る「イニシャル」は、「デザートとお酒のマリアージュ」がコンセプト。これまでに日本酒を使ったパフェが登場したりと、独創的な発想でジャンルにとらわれない味わいが楽しめます。

パフェはお酒と合わせてもくどくならないよう計算され、こだわりの自家製ソフトクリームとフレッシュな果物を使います。ぜひシャンパンやワインや豊富にそろうオリジナルカクテルと一緒にオーダーしてみてください。大人だけに許された極上の組み合わせを楽しめますよ。

ワイン・白 825円
エレベーターを降りた途端に洗練された空間が広がる
店内は照明にこだわり、ヴィンテージ家具が配された非日常的な空間。大きなテーブル席やゆったりとしたソファ席があり、一人でも仲間とでも過ごせます。窓の外、狸小路を行き交う人々を眺めながら大人な味わいに酔いしれるのはいかが?

INITIAL(イニシャル)

北海道札幌市中央区南3西5-36-1 F.DRESS五番街ビル2FMAP

011-211-0490

13:00〜23:30(季節により変動あり)

不定休

INITIAL

和のテイストを大事にした味わい「夜パフェ専門店 ななかま堂」

和のテイストを大事にした味わい「夜パフェ専門店 ななかま堂」 お茶目なパフェ1500円 ※メニューは時期により変更になります
餅や餡子を使った和テイストなパフェをいただくなら「夜パフェ専門店 ななかま堂」。北海道の厳選素材を中心に使うパフェは、どれも甘さひかえめでさっぱりと食べられます。
焼き林檎ア・ラ・モード1600円
北海道の季節の花をモチーフにしたメニューが登場したりと、新作が出る度にSNSでも注目度大。パフェを彩るパーツもひとつひとつが手作りで、こだわりが光ります。
お店のキャラクターである鳥・クマゲラを随所にデザイン
店内は木のぬくもりが温かな空間で、カウンターやテーブル席、座敷席があります。カウンターには旬の果物が並べられ、メニューを開く前から今日はどのようなパフェが楽しめるかワクワクしますよ。

夜パフェ専門店 ななかま堂(よるパフェせんもんてんななかまどう)

北海道札幌市中央区南4西5-10 第4藤井ビル2FMAP

011-596-8607

18:00〜23:30(金・土曜、祝前日は~翌1:30)

不定休

夜パフェ専門店 ななかま堂

シメパフェ発祥の地・札幌で楽しむパフェとの出会い

紹介した3店舗はそれぞれ札幌の主要観光エリアからほど近く、とても立ち寄りやすいです。週末は昼から営業しているお店もあるので、観光途中のおやつタイムもぜひ立ち寄って。

また、どのお店も旬の素材をとても大事にしているので、提供メニューは期間限定というところも多いです。まさにパフェとの出会いは一期一会。どうぞ気になる味わいに出会った時は逃さずチェックしてくださいね。
***
今回ご紹介した内容は、2020年7月にアップデートした「ことりっぷ 札幌 小樽」に掲載中です。より実用的・よりかわいい・より便利な一冊に生まれ変わったことりっぷをぜひ手に取ってみて下さいね。
ことりっぷ 札幌 小樽

【ことりっぷ 札幌 小樽】

フォトジェニックなシメパフェ、散策途中に立ち寄りたいカフェ、北海道産クラフトビールなどの新たなムーブメントをはじめ、海鮮丼やスープカレーなどの定番グルメまで厳選。かわいいおみやげ、歴史とアートを感じるスポットほか、いま気になる札幌とその近郊を集めた一冊です。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真