ログイン / 会員登録するアカウントを選択

札幌でおいしいコーヒーを飲むならここ。こだわり自家焙煎カフェ4選

145
札幌でおいしいコーヒーを飲むならここ。こだわり自家焙煎カフェ4選
札幌はカフェが豊富な街。特に、店主によるこだわりの自家焙煎コーヒーが飲めるお店が数多く点在しています。近年は有名店で経験を積み、独立を果たしたオーナーが営むお店も増え、注目を集めていますよ。街歩き途中に立ち寄りたいカフェを選びました。

確かな経験とていねいな接客でもてなす「Cafe Tocoche(カフェトコシエ)」

確かな経験とていねいな接客でもてなす「Cafe Tocoche(カフェトコシエ)」 ケツァールと自家製プリンはセットで830円
店主は札幌の人気店・森彦やスターバックスコーヒーなどで経験を積み、焙煎やブレンドも自身で行なう「カフェ トコシエ」。確かな知識と経験、そしてていねいな接客でリピーターも数多いお店です。

コーヒーはどれも豆の特徴を生かせるよう焙煎され、ブレンドにはケツァールやルコックなど鳥の名前が冠されています。豊富な種類に迷ってしまいますが、ご安心を。好みの味わいやオーダーしたメニューに最適なペアリングを提案してもらえますよ。
ボタニカルとインダストリアルが調和した店内
コーヒーと一緒に楽しみたいメニューは、シェフによるプリンやカヌレが定番です。どちらも人気で売り切れてしまう日もあるとか。このほか季節限定のスイーツや、週ごとに変わるパスタもあり、ついついリピートしたくなります。

ドライフラワーやアンティーク家具が配されたどこか異国情緒あふれる店内で、コーヒーとフードペアリングを楽しんでみては。

Cafe Tocoche(カフェトコシエ)

北海道札幌市豊平区豊平3条7-2-1 エクセレントハウス豊平37 1FMAP

011-838-7305

12:00〜18:00(食事L.O.〜14:30、ドリンク&スイーツL.O.〜17:00)

月曜

Cafe Tocoche

コーヒーとじっくり向き合うための空間「時計のない喫茶店」

コーヒーとじっくり向き合うための空間「時計のない喫茶店」 エル・ディビソ(コロンビア)750円
北海道大学からほど近くに位置する「時計のない喫茶店」。札幌の人気店・宮越屋珈琲を経た店主によるカフェです。

希少で高品質な生豆をノルウェーや香港など、世界中から買い付けており、コーヒーの香りそのものを楽しめるように、ブレンドではなくシングルオリジンのみを取り扱い。淹れ方も一杯ごとの質を保ち、フレーバーグラスでワインのようにいただくことができます。
映画のサウンドトラックが静かに流れる店内
コーヒーとリラックスして向き合える空間を、との思いから店内はいたってシンプル。店名の通り時計は置かれず、カウンター席とピシっと敷かれた真っ白なクロスが印象的なテーブル席からなります。
まさにコーヒーが主役のカフェで、コーヒーの奥深さと出会えますよ。

時計のない喫茶店(とけいのないきっさてん)

北海道札幌市北区北17西4-1-11 マンションニューエルム1FMAP

090-9088-9126

7:00〜17:00(金・土曜は9:00〜20:00、日曜は9:00〜18:00)

月曜

時計のない喫茶店

バラエティ豊かなコーヒーを味わう「珈琲とほころび Cafuné」

バラエティ豊かなコーヒーを味わう「珈琲とほころび Cafuné」 たそがれ-中深煎り-と地蔵プリンはセットで1000円
札幌の老舗喫茶店とサードウェーブコーヒーを牽引したカフェで修業した店主による「珈琲とほころび Cafuné」。自家焙煎のコーヒーを中心にバラエティ豊かな味わいが楽しめます。

ブレンドは朝から夜まで時の流れに合わせて豆の煎り加減を変えた4種に季節限定の味わいを用意。さらに、抽出方法もペーパー、ネル、エスプレッソマシンから選ぶことができます。
店主が勤めていた喫茶店で使っていたイスも配置
窓から明るい日差しが入る居心地のいい店内で味わうのももちろんですが、テイクアウトもおすすめ。店主デザインのロゴとコーヒーの絵がおしゃれなカップでお持ち帰りが可能です。お店からほど近い豊平川沿いをおさんぽしながらのコーヒータイムもいいですよ。

珈琲とほころび Cafuné(こーひーとほころびカフネ)

北海道札幌市豊平区水車町 2-3-25 メープルリバービュー1FMAP

011-850-9930

11:30〜19:00

月曜、第2・4週火曜

珈琲とほころび Cafuné

朝から夜遅くまで。ふらっと立ち寄りたい「寿珈琲」

朝から夜遅くまで。ふらっと立ち寄りたい「寿珈琲」 ネルドリップで淹れるナチュラルとキャラメルチーズケーキはセットで850円
札幌の中心部に位置する二条市場の向かいにある「寿珈琲」。

ネルドリップでじっくりと淹れる自家焙煎コーヒーは、雑味が少なく飲みやすい味わいです。コーヒーと一緒にオーダーしたいスイーツは、札幌市内や近郊の菓子店から取り寄せられ、ケーキや焼菓子、週末限定のフルーツサンドもあります。
札幌軟石や赤レンガを生かしたカウンターメインの店内
朝はモーニングメニューが用意され、夜は日付が変わるまでと幅広い営業時間が特徴です。お酒を飲んだ後、シメの一杯としてコーヒーを味わえるだけでなく、クラフトビールなどもそろえる飲酒ができるカフェとしても知られています。また、店頭の小窓からテイクアウトするコーヒースタンド的な利用もできるので、シーンに合わせて思い思いに立ち寄りたいですね。

寿珈琲(ことぶきこーひー)

北海道札幌市中央区南2東1-1- 6 M's2条横丁1F

011-303-1450

9:00〜24:00(日曜、祝日は10:00〜20:00)

無休

寿珈琲

個性豊かな札幌のコーヒーカフェ

札幌にはコーヒーメインのカフェやスイーツや食事も堪能できるカフェ、さくっと立ち寄りたいコーヒースタンドのようなカフェなど実に個性さまざま。街中からちょっと郊外までカフェめぐりの旅も楽しめますよ。

***
今回ご紹介した内容は、2020年7月にアップデートした「ことりっぷ 札幌 小樽」に掲載中です。より実用的・よりかわいい・より便利な一冊に生まれ変わったことりっぷをぜひ手に取ってみて下さいね。
ことりっぷ 札幌 小樽

【ことりっぷ 札幌 小樽】

フォトジェニックなシメパフェ、散策途中に立ち寄りたいカフェ、北海道産クラフトビールなどの新たなムーブメントをはじめ、海鮮丼やスープカレーなどの定番グルメまで厳選。かわいいおみやげ、歴史とアートを感じるスポットほか、いま気になる札幌とその近郊を集めた一冊です。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真