ログイン / 会員登録するアカウントを選択

リノベーションしたレトロなビルをめぐる旅。 門司港のカフェ&雑貨店3選

318
リノベーションしたレトロなビルをめぐる旅。 門司港のカフェ&雑貨店3選
レトロ地区として盛り上がりを見せる福岡県・門司港界隈。最近は、クラフト作家や若手の料理人などが集まり、歴史ある建物をリノベーションしたすてきなカフェや雑貨店が続々とオープンしています。今回は、そんな趣深い街、門司港の魅力を訪ねます。

イートインもOK。街角にたたずむ洋菓子店「キャトレール」

イートインもOK。街角にたたずむ洋菓子店「キャトレール」 イートインの場合は、温ためて提供 してくれる。生クリームが添えられるうれしいサービスも
フランス語で「4時」「おやつの時間」という意味の「キャトレール」。地元の人からも愛される小さな洋菓子店です。

「子どもから大人まで年齢問わず、誰もが思わず笑顔になるようなおやつをつくれたら」
と店主の豊田樹奈さん。なるべく身体に優しい素材を使い、子どもでも気軽に立ち寄れるうれしい価格設定も魅力です。

定番の人気スコーンをはじめ、バニラチーズケーキ、ガトーショコラ(各300円)や季節ごとのケーキなど、癒されるスイーツでとっておきのおやつタイムを過ごしませんか。
スコーン各120円。焼き 立てに出会えることも

○Quatre-Heures(キャトレール)
[住所]福岡県北九州市門司区東本町1-1-26
[TEL]093-342-7660
[時間]13:00 ~18:00
[休]水曜(変更の場合は店頭やFacebookで告知)

レモンバターケーキ300円。コーヒー400円は小倉・豆乃木のスペシャルティコーヒーを使用

汽笛の音を聴きながら、和みカフェ「bion 日音」でのんびりランチ

汽笛の音を聴きながら、和みカフェ「bion 日音」でのんびりランチ 人気の雑穀ごはんプレー ト(1490円)。旬野菜を使った おかずが付いてボリュームたっぷり
素朴なフランスの地方菓子と、季節の野菜を使った料理がいただけるカフェ。

店の扉を開けると、ショーウィンドウには日替わりの自家製タルトやケーキ、焼き菓子などがところ狭しと並び、さながらお菓子の国のよう。「かわいいお菓子に囲まれた空間でしあわせなひと時を過ごしてもらえたら」と店主。

野菜の仕入れによって献立を考えているというおかずたっぷりのプレートも定評があり、肉を使わない焼きカレーも人気です。
店内の窓辺からは海が望める
2種類のケー キとタルトを選べるケーキプレート(1242円)
○bion 日音(ビオン)
[住所]福岡県北九州市門司区西海岸 1-4-16 1F
[TEL]093-331-3338
[時間]11:00 ~19:00
[休]月曜(祝日の場合は翌日休)

繊細かつ温もりあふれる、手づくり雑貨に出会える場所「ムーナ」

繊細かつ温もりあふれる、手づくり雑貨に出会える場所「ムーナ」 草花のあしらいがナチュラルな空間 を作り出す店内
季節の草花で創作した文字をあしらった紙物、布を使ったブローチやアクセサリーなどを制作・販売している「ムーナ」。

店主のおばあさま宅の庭に咲いた草花をあしらった作品が店の看板アイテムです。ほかに、鉄加工のカードホルダーや布や糸を染めて作られるアクセサリーなど、手づくりの温かみが感じられるアイテムに心がなごみます。
(左)繊 細でかわいらしい草花文字(右)店主の1番のお気に入りはデルフィニウムのドラ イフラワーだそう

○Creation shop muna(クリエイションショップムーナ)
[住所]福岡県北九州市門司区西海岸1-4-16 新海運ビル202号
[TEL]093-331-0670
[時間]11:00 ~17:00(土曜は~18:00)
[休]水・木曜(祝日の場合は営業)

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真