ログイン / 会員登録するアカウントを選択

コンディトア・マイスターの味を受け継ぐウィーン菓子を。青森「ウィーン菓子 シュトラウス」

78
コンディトア・マイスターの味を受け継ぐウィーン菓子を。青森「ウィーン菓子 シュトラウス」
青森市にある「ウィーン菓子 シュトラウス」は、一流の菓子職人にしか与えられないオーストリアの国家資格「コンディトア・マイスター」の称号を持つパティシエがオープンしたショップ兼カフェ。正統派のウィーン菓子がそろい、なかでもザッハートルテは県外からリピーターが訪れるほど評判です。気になるお店をさっそくのぞいてみましょう。

青森で味わう、正統派のウィーン菓子

青森で味わう、正統派のウィーン菓子 アーケード街でひときわ目を引く外観
JR青森駅から徒歩約5分、アーケード街に建つ「ウィーン菓子 シュトラウス」は、1893年創業の老舗和菓子店「甘精堂本店」に併設するカフェ。甘精堂本店の5代目社長、故・三浦祐一さんが1987年に開いたお店です。
ウィーン菓子から旬のフルーツを使ったケーキまで、多彩なスイーツが並ぶ
実は三浦さんは和菓子店の跡取りでありながら、東京の洋菓子店で経験を積んだ後、オーストリアで7年間修業。オーストリア国家公認菓子職人の最高位である国家資格「コンディトア・マイスター」を取得した凄腕の持ち主です。

当時は日本国内に4名しかおらず、現在も日本人でこの資格を持っている人は少ないそう。「ウィーン菓子 シュトラウス」では、三浦さんから受け継いだレシピで作るウィーン菓子を提供しています。
カフェの店内にはグランドピアノが置かれている
店内は、1階がテイクアウト専門のショップ、2階がカフェになっています。ウィーンのカフェを参考にした内装は、高級感あふれるクラシカルな雰囲気。シャンデリアやオブジェなどの調度品が美しく、洗練された空間です。

本場の味を再現したザッハートルテ

本場の味を再現したザッハートルテ 「ザッハートルテ」(550円)
いちばん人気の「ザッハートルテ」は、本場オーストリアの作り方や味を忠実に再現。たとえばチョコレートは大理石の上でテンパリングしています。

フォークを入れると、シャリシャリとした食感のチョコレートフォンダンが口の中の温度でゆっくりととろけ、濃厚な甘みが充満。生地にサンドしたアプリコットジャムの酸味が、チョコレートフォンダンの甘みをより一層ひき立てます。添えられている生クリームはザッハートルテとのバランスを考え、砂糖をほとんど使わず甘さひかえめに。ウィーン風に生クリームをたっぷりとつけて味わいましょう。

青森とウィーンの絶妙コラボ

青森とウィーンの絶妙コラボ 「アップフェルシュトゥルーデル」(450円)。生地は向こう側が透けて見えるほど薄く伸ばしている
青森産りんごを使った「アップフェルシュトゥルーデル」もおすすめです。アップフェルシュトゥルーデルとは、りんご、クルミ、レーズンを薄い生地で巻いて焼き上げたアップルパイのようなウィーン菓子。青森ではさまざまな品種のりんごが栽培されていますが、「ウィーン菓子 シュトラウス」では甘さに深みのある「ふじ」を使っています。

りんごの甘み、クルミの香ばしさ、レーズンの風味と、素材同士のバランスが絶妙。シナモンのスパイシーな香りが味わいのアクセントになっています。

ほかにも、地元産のカシスを使った「カシスケーキ」(420円)や、ウィーンで親しまれているコーヒー「ヴィーナメランジュ」(600円)など、気になるメニューがいっぱい。ザッハートルテやアップフェルシュトゥルーデルはお取り寄せもできるので、気になる方は「ウィーン菓子 シュトラウス」のホームページをチェックしてみては。

ウィーン菓子 シュトラウス(ウィーンがし シュトラウス)

青森県 青森市新町1-13-21 MAP

017-722-1661

10:30~17:00(L.O.16:30)

月・火曜(祝日の場合は水曜休)


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真