ログイン / 会員登録するアカウントを選択

ノスタルジックな港町「内川」を気ままにおさんぽ

80
ノスタルジックな港町「内川」を気ままにおさんぽ
富山湾に面した富山県射水市の新湊地区。1300年以上の歴史を持つこの港町には、海岸線に並行して東西を流れる川、「内川」があります。元漁師の町家を改装した、川沿いに佇む「水辺の民家ホテル」を起点とした川沿いめぐりを案内します。いわゆる観光地ではないからこその、まちあるきの楽しみや発見がたくさん見つかるはずです。

情緒あふれる港町を、自分のペースでゆっくりと。

情緒あふれる港町を、自分のペースでゆっくりと。
広々とした空のもと、ゆるやかに弧を描きながら流れる全長約2.6㎞の内川の両岸には、漁船やボートが係留されており、川沿いにはランダムに屋根や壁を重ねた町家が連なるノスタルジックな雰囲気が漂います。
季節や時間で様々に表情が変わり、見飽きることのない川沿いに対して、一歩路地に入るとそこには港町ならではの暮らしぶりが垣間見える空間が広がります。

内川沿いの漁師の家をリノベーション。一棟貸しの宿「水辺の民家ホテル」

内川沿いの漁師の家をリノベーション。一棟貸しの宿「水辺の民家ホテル」 カモメ棟(右)は2名、ウミネコ棟は4名まで宿泊可能
漁師が住んでいた築100年近い町家をリノベーションした、一軒まるごと貸し切れる宿泊施設。「ウミネコ」と「カモメ」の2棟あり、それぞれ1棟ずつ貸し切れます。キッチンや調理器具も充実したプライベート空間は、この地域に古くからある伝統建築の特徴を残しながらも、開放感と清潔感のある心地よいつくりとなっており、思い思いの時間を過ごせます。
ウミネコ棟(4名用)には、内川に面した土間のダイニングキッチンが
水辺の民家ホテルから歩いて行ける範囲に、寿司屋や居酒屋、カフェ、バーなどが点在しており、「内川さんぽ」を楽しみながら食事をすることもできます。また、同じく徒歩で行ける地元のスーパーや近所の商店街で食材を調達して、キッチンで料理することもできます。漁師さんが直接、とれたての魚を届けてくれるサービスもあります(要予約・別途料金)。
カモメ棟(2名用)には、内川が臨めるミニ和室が。“おこもり”にもオススメです

水辺の民家ホテル カモメとウミネコ(ミズベノミンカホテル カモメトウミネコ)

射水市放生津町19-18(内川沿い)MAP

090-2379-7575 (9:00~21:00)

チェックイン16:00~/チェックアウト11:00

水辺の民家ホテル カモメとウミネコ

漁師さん特製! とれたての鮮魚でつくる新感覚干物店「IMATO」

漁師さん特製! とれたての鮮魚でつくる新感覚干物店「IMATO」 丸い看板が目印。少しずつリノベーションしており、新たなコーナーを少しずつ増やしています
宿から徒歩3分の「IMATO(イマト)」は、漁師の東海勝久さんが営む、鮮魚・干物製造販売と観光船のお店。漁業歴20年以上の知識と技術をベースに、あくなき探求心で生み出された、そのままでもお料理にアレンジしても食べられる干物はお土産にも最適。様々な干物の詰め合わせセットもあり、県外発送も可能です。運がよければ、加工前の新鮮なカニやホタルイカを試食させてもらえることもありますよ。
「越の干蟹」は、富山湾の名物・ベニズワイガニを使った干物(864円)。そのままおつまみに、スープのだし&具材やサラダにと、幅広くアレンジ可能。
予約をすれば、漁船を使ったプライベートクルーズもできます。普段から海のことを知り尽くしている漁師さんがガイド役なので、富山湾の魚の獲り方やおいしさの秘密など、とっておきの情報を教えてもらえます。内川~富山湾の往復は30分程度あればできるので、気軽な体験としてもおすすめです。
漁船によるプライベートクルーズ。水面ギリギリから内川の風景を楽しめるのも魅力

IMATO(イマト)

射水市本町3-1-6MAP

0766-82-2226

12:00~18:00

土曜・日曜

IMATO

夜の内川を堪能できる、非日常空間

夜の内川を堪能できる、非日常空間 オリジナルカクテルの一番人気は内川ブルー(1200円)、常連さんにファンが多い週替わりのおつまみ、「藤井くんスペシャル」(500円)
内川のマジックアワーを楽しみながら、ぜひ足を運んでほしいのが、「BRIDGE BAR(ブリッジバー)」。宿からは、内川沿いを歩いて8分ほどのところにあります。内川のゆったりした雰囲気に魅せられたハワイ出身のスティーブン・ナイトさんが営む本格バー。築70年の民家をリノベーションした店内には、カウンター、テーブル、ソファー、中二階、二階席と、それぞれ表情の違う空間が用意されており、一緒に訪れる人や気分にあわせて居心地のよい場所を選べます。
大きな手のオブジェのある山王橋のたもと。鮮やかなブルーのネオンが目印。早めの時間(16:00)からオープンしている
マネージャーの藤井さんが鮮やかな手つきで仕上げるオリジナルカクテルをはじめ、スティーブンさんの故郷アメリカが本場のバーボンやライウイスキーが多数揃えられています。また富山県産のワインなども楽しめます。オリジナルのノンアルコールカクテルも豊富で、お酒をあまり飲めない人でも、バーを楽しく体験できます。

BRIDGE BAR(ブリッジバー)

射水市八幡町1-12-5MAP

090-8098-4690

16:00~23:00

月曜

BRIDGE BAR

水辺と暮らしが密接につながる「内川さんぽ」はいかがでしたか?
民家をリノベーションしたお立ち寄りスポットがまだまだありますよ。歩くほどに味がでる川沿いさんぽ、カメラを片手にぜひ楽しんでみてください。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真