ログイン / 会員登録するアカウントを選択

京都 出町柳・下鴨さんぽで行きたい和菓子&甘味のお店6選

242
京都 出町柳・下鴨さんぽで行きたい和菓子&甘味のお店6選
清らかな空気を感じる下鴨観光と合わせて立ち寄りたいのが、出町柳エリア。地元の人に愛されるにぎやかな商店街を歩いたり、賀茂川の合流地点である鴨川デルタで休憩したり。住宅も多く穏やかな雰囲気のエリアなので、のんびりそぞろ歩きを楽しむのがおすすめです。

今回は出町柳・下鴨エリアで立ち寄りたい和菓子の名店や評判の甘味処をまとめて紹介します。

秘伝のタレの大粒みたらし団子「古都香」

秘伝のタレの大粒みたらし団子「古都香」 テイクアウトは1本(200円)から、イートインはコーヒー、抹茶などの飲み物とセットでオーダー可能
川端今出川の交差点から北へ歩くと、右手に「みたらし団子」と書かれた暖簾が目に入ります。「古都香(ことか)」は、上質な近江米の米粉を100%使用した大粒のお団子が名物。厳選された近江米から製粉した米粉で作った団子を、丁寧に焼き上げています。口にすると外はパリッと、中はふんわり。

甘辛い秘伝のタレを絡めたみたらし団子とともに、オリジナルメニューの京きなこ、バター醤油も人気です。イートインスペースもありますが、天気のいい日はのんびりと鴨川べりでいただくのもいいですね。

古都香(コトカ)

京都府京都市左京区田中下柳町17MAP

075-712-1939

10:30~18:00(L.O.17:40)、イートインは~17:30(L.O.17:00)

火・水曜 不定休あり


心やすらぐ空間で甘味をゆっくりと味わえる「みつばち」

心やすらぐ空間で甘味をゆっくりと味わえる「みつばち」 「抹茶クリームあんみつ」(750円)
河原町今出川の交差点を南へ進むと見えてくる「みつばち」は、双子の姉妹が切り盛りするの甘味処。のれんをくぐると、通りの喧騒はたちまち消えてホッと落ち着ける空間が迎えてくれます。メニューに並ぶのは、素材の持つ風味を活かした甘味。

「あんみつ」に使われている寒天は、原材料である天草から煮込んだもの。ぷるんとハリのある歯ごたえと、かすかな海の香りが感じられます。北海道産の赤えんどうや沖縄・波照間産の黒砂糖など吟味した素材を使用。素材本来の風味が味わえるよう小豆は毎朝炊き上げ、黒みつは数種の砂糖をブレンドして作るなど、丁寧に時間をかけて調理しています。それぞれの深い味わいがしみじみと幸せを感じさせてくれますよ。

みつばち(ミツバチ)

京都府 京都市上京区河原町通今出川下ル梶井町448-60 MAP

075-213-2144

11:00~17:45(売り切れ次第閉店)

日・月曜


注文後に練り上げる、ぷるぷるのわらび餅「茶寮 宝泉」

注文後に練り上げる、ぷるぷるのわらび餅「茶寮 宝泉」 黒蜜をかけて好みの味に仕上げることができる「わらび餅」(1300円)
世界遺産・下鴨神社から少し北へ歩いたところにある、閑静な住宅街に佇む邸宅を利用した「茶寮 宝泉」。「あずき処」と銘打ち、丹波産大納言小豆を使用したあんこで有名な和菓子店「宝泉堂」が営む甘味処です。

季節を問わず人気のメニューは「わらび餅」。希少な本わらび粉を注文後に練り上げたわらび餅を口に運ぶと、ほどけるように溶けていきます。そのやわらかな食感が味わいに、わざわざ訪れたい名店です。

茶寮 宝泉(サリョウホウセン)

京都府京都市左京区下鴨西高木町25MAP

075-712-1270

10:00~17:00(L.O.16:45)

水・木曜(祝日の場合は翌平日休)


素材の良さを引き出したあんみつ「茶房いせはん」

rhimie(リミ) rhimie(リミ)
茶房いせはん

《茶房 いせはん》

いせはん特製あんみつ
餡子が艶々で抹茶ゼリーと合うんです
#出町柳 #いせはん #あんみつ #京都 #抹茶に夢中

18
出町柳の商店街にある「茶房いせはん」は、観光客のみならずご近所さんにも愛されている甘味のお店。とくに看板メニューのあんみつが評判です。

「いせはん特製あんみつ」(1000円)は、ひとつひとつの素材の良さを最大限に活かしたひと品。京都府産大納言小豆を2日かけて炊き上げたホクホクとした食感のあんこは、豆乳ベースのソフトクリームとの相性ぴったりです。日本茶の専門店・柳桜園茶舗の抹茶をたっぷりと使ったゼリー、毎朝練りあげるわらびもちなど細部までこだわっているのがおいしさの秘訣です。

茶房いせはん(サボウイセハン)

京都府京都市上京区河原町通今出川上ル青龍町242MAP

075-231-5422

11:00~18:00

火曜(祝日の場合は営業)、公式サイトで告知


万人を虜にする、ふんわり伸びる豆大福「出町ふたば」

miyumiyu miyumiyu
出町ふたば

行列のできるお店「出町ふたば」
初めて、"豆餅"を手にすることができました😣✨✨✨
丹波の黒豆は存在感が大きく、皮は厚くしっとりと塩味が感じられました😳‼️
中のあんこはとても上品な感じ😱✨✨粒あんが苦手な私でも美味しく食べられます😋🍽💕

手みやげにオススメのイッピンです👍✨
2018.11.30

#出町ふたば#豆餅#京都#手みやげ

9
出町柳の商店街に毎日行列ができる老舗和菓子屋「出町ふたば」。ほとんどの人がオーダーするのが、看板商品の豆大福「豆餅」です。「豆餅」は、創業から100年以上変わらず今でも手作りしているお店伝統のひと品。

滋賀産のもち米をついたお餅はどこまでも伸びていきそうな柔らかさ。お餅にくるまれたあんこは甘さ控えめで、ふっくらと炊かれた赤えんどう豆の皮のほのかな塩気がアクセントになっています。日持ちは当日限りなので、鴨川沿いに移動して座って食べたり、帰宅直後のひと休みにぱくっとほおばって。

出町ふたば(デマチフタバ)

京都府京都市上京区出町通今出川上ル青竜町236MAP

075-231-1658

8:30~17:30(売り切れ次第閉店、時期により異なる)

火曜、第4水曜、祝日の場合は翌日休


網代笠モチーフの和菓子「阿闍梨餅本舗 満月 本店」

まりこ まりこ
阿闍梨餅本舗 満月

『阿闍梨餅』
大好きな京都土産❣️
なんでこんなモチモチしてるのっ⁉️っていう食感がたまらなく美味しい❤️

#お茶スイーツ
#京都
#お土産

10
出町柳駅から、百万遍エリアに向かって歩くこと7分ほど。「阿闍梨餅本舗 満月 本店」は、1856(安政3)年に創業した和菓子の老舗。大正時代に2代目の当主が考案したという「阿闍梨餅」は、京都みやげとして不動の人気です。京都駅でも購入できますが、せっかくなら本店を訪れてみましょう。

「阿闍梨餅」は、もち粉ベースのしっとりした生地と丹波大納言小豆のつぶあんがベストマッチのひと品。本店のみで土・日曜と祝日限定で販売している、きめの細かい白こしあんのお饅頭「満月」もぜひチェックして。

阿闍梨餅本舗 京菓子司 満月 本店(アジャリモチホンポキョウカシツカサマンゲツホンテン)

京都府京都市左京区鞠小路通今出川上ルMAP

075-791-4121 (代)

9:00~18:00

水曜不定休


*****
いかがでしたか?
今回は過去に紹介した記事とことりっぷアプリの投稿から、京都で立ち寄りたい、出町柳・下鴨の和菓子&甘味のお店をまとめてご紹介しました。
営業時間、定休日などの最新情報は、各施設に確認してからおでかけしてくださいね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真