ログイン / 会員登録するアカウントを選択

用の美の精神が息づく窯元 深いコバルトブルーの釉薬の色に魅せられる島根の「出西窯」へ

39
用の美の精神が息づく窯元 深いコバルトブルーの釉薬の色に魅せられる島根の「出西窯」へ
島根県出雲市斐伊川のほど近く、のどかな田園地帯にある出西窯。吸い込まれそうに深いコバルトブルーは「出西ブルー」といわれ人気を集めている窯元です。

出西窯のある敷地内には、うつわ数千点が並ぶ出西窯の売店のほかに、出西窯のうつわで提供されるベーカリーカフェ、セレクトショップの3つが集う「出西 くらしのvillage」で、うつわ以外にも毎日使う暮らしの道具をゆったりと選べますよ。

島根の風土から与えられた素材でシンプルなうつわを生み出しています

島根の風土から与えられた素材でシンプルなうつわを生み出しています
出西ブルーと称される瑠璃色をはじめ、深みのある黒や飴色、柔らかい白など独特の色合いも魅力的
1947(昭和22)年、戦後間もない頃に5人の若者が手探り状態ではじめた工房は、今や全国に多くのファンを持つ窯元となった「出西窯」。開窯当初は生活の手段として始まったうつわ作りでしたが、民藝運動に多大な影響を受け、シンプルで潔く美しい出西窯独自の作風を築いていきました。陶土も釉薬の材料も薪も島根県産にこだわり、自然の恵みを生かしたものづくりを続けています。

工房西隣にある「無自性館」は明治初期の日本家屋に数千点のうつわが一堂に並ぶ、見ごたえのある売店です。どっしりとした安定感と温かみがあり、モダンで料理映えがするうつわをはじめ、柳宗理デザインのカトラリーや地元産の食品なども並んでいるので、食卓の風景を想像しながら器を選ぶこともできそうです。
道具としての使いやすさにこだわり、和にも洋にも馴染むデザイン
「無自性館」にはうつわのほか、島根県産の食材や民芸品なども並ぶ

出西窯(シュッサイガマ)

島根県出雲市斐川町出西3368MAP

0853-72-0239

9:30~18:00

火曜


出西窯の敷地内にベーカリーカフェ、セレクトショップが集う「出西 くらしのvillage」

出西窯の敷地内にベーカリーカフェ、セレクトショップが集う「出西 くらしのvillage」
のどかな自然のなかで、うつわを中心とした豊かな生活文化を体験できる
出西窯の敷地内にはベーカリーカフェ「ル コションドール出西」と神戸生まれのセレクトショップ「Bshop 出西店」があり、この2店舗を含めたエリア全体が「出西 くらしのvillage」。

出西窯のうつわに彩りよく盛り付けられた美味しいパンやカレープレートをベーカリーカフェで味わったり、「Bshop」では上質な衣服や道具に触れたりと、暮らしにまつわるさまざまなアイデアを受け取れる場所として注目を集めています。

食感や風味、口どけを大切にしたデイリーなパンが人気の「ルコションドール 出西」

食感や風味、口どけを大切にしたデイリーなパンが人気の「ルコションドール 出西」 ランチメニューのカレープレート2種あいがけ1430円
湯種のコションドール山食やクロワッサンなど、食パンや食事に合わせるパンが人気です。「使う素材や発酵時間を見極め、パンの食感が引き立つように作っています」と話すのは、職人の倉益孝行さん。小麦本来の旨みと香りが感じられる味わい深い食感が際立ちます。地元の食材も積極的に活用し、出雲の食材を独創的にコラボレーションさせたパンが楽しめます。

カフェではランチのカレープレートが人気。それ以外の時間帯にはパンのイートインもできます。盛り付けには出西窯のうつわが使われ、実際に使ってみることでお皿選びや使い方のアイデアも湧きそうです。

ルコションドール 出西

0853-27-9123

9:30~17:30

火曜、第2・4水曜


タイムレスに愛され続ける服や雑貨をセレクトする「Bshop 出西店」

タイムレスに愛され続ける服や雑貨をセレクトする「Bshop 出西店」 左/柱や梁が美しく、ゆったり居心地のいい店内 右上/使い心地の良さと洗練されたデザインを兼ね備えたキッチンツールも扱う 右下/周囲の自然に溶け込む建物
周囲の山並みに合うように作られた木造の平屋建て。木や地元の来待石をふんだんに使った店内は天井が高く、自然光が心地いい空間はまるで回廊のようなゆったりとした造りです。店内には服、雑貨ともにシンプルで機能的なアイテムが並びます。暮らしの中で長く愛用でき、流れゆく時代や日常の暮らしに寄り添うような服や雑貨が見つかります。

出雲の清々しい自然を感じながら、心地よい暮らしに思いを巡らせることができる素敵な場所です。ぜひおでかけしてみてくださいね。

Bshop出西店(ビショップシュッサイテン)

0853-25-7332

10:00~18:00

火曜


「ことりっぷマガジン秋号 VOL.26」では、今回紹介している出西窯のほかに、島根の湯町窯、袖師窯、森山窯をご紹介しています。オンラインで購入できる窯元もあるので、本誌でより深いストーリーを知ってから、どれにしようかあれこれ悩むのもいいですね。

※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真