ログイン / 会員登録するアカウントを選択

子供たちの学び舎を保存継承したホテルで、ノスタルジックな旅を。[The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu/京都府京都市] by ONESTORY

113
子供たちの学び舎を保存継承したホテルで、ノスタルジックな旅を。[The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu/京都府京都市] by ONESTORY
「日本に眠る愉しみをもっと。」をコンセプトに47都道府県に潜む「ONE=1ヵ所」の 「ジャパン クリエイティヴ」を特集するメディア「ONESTORY」から京都府京都市の「The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu」を紹介します。

昭和初期築の歴史的小学校がハイグレードなホテルに

昭和初期築の歴史的小学校がハイグレードなホテルに 客室から京都を一望。山腹の傾斜地に位置する建物は、低い建物の多い東山地区でシンボル的な存在
2020年3月22日、京都・清水の地に、新たな歴史を紡ぐホテル「The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu」が誕生しました。その名は、この土地で古くから東山の護り神として信じられてきた「青龍」に由来。客室数48室、レストラン、プライベートバス、フィットネスジムなどを有するラグジュアリーな空間。築80年以上の元清水小学校をコンバージョン(用途変換)しました。

京都の小学校は、地域自治の拠点や伝統的コミュニティの中心施設だった

京都の小学校は、地域自治の拠点や伝統的コミュニティの中心施設だった 異なる階層の3棟をコの字型に配置し中央の大階段でつないだ棟配置など、傾斜地の特性を巧みに生かした印象的な建物
はじめに、京都における小学校の歴史の話から。京都は小学校発祥の地であり、他の地域とは成り立ちが違います。明治になってから、京都には住民自治組織の「番組」をもとに64校の「番組小学校」が作られました。これはのちに国が整備した小学校制度に先駆けたものですが、大きな特徴は、地元の住民が資金や意見を出し合って建てたということ。そのため各校の佇まいやデザインも異なり、それぞれの地域の財政力や思想、教育への想いなどが個性として表れていました。

西洋建築の意匠を凝らし、京都を一望する場所に建てられた清水小学校

西洋建築の意匠を凝らし、京都を一望する場所に建てられた清水小学校 ロビーはふたつのレセプションデスクとコンシェルジュデスクにより、宿泊客とスタッフが「つながる」空間を演出
元清水小学校は、1869(明治2)年に開校した「下京第27番組小学校」が前身。この学校も、未来の京都の輝かしい街づくりを目指した清水地域の住民の寄付により創設されたものです。東大路通から清水寺に向かう清水坂の途中、京都の町並みが一望できる高台にあり、この地に移転新築されたのは1933(昭和8)年のこと。京都市営繕課設計の鉄筋コンクリート造り3階建てで、アーチ型の窓や軒下の腕木装飾といった特徴ある外観にスパニッシュ瓦葺き屋根やスクラッチタイルなど、細やかな意匠が凝らされています。

閉校後に、その貴重な建物の歴史と価値をつなぐためのプロジェクトが始動

閉校後に、その貴重な建物の歴史と価値をつなぐためのプロジェクトが始動 ジュニアスイート。校舎のクラシカルな建築を引き立てるため、あえてデザインをシンプルにまとめた
残念ながら小学校統合により2011年に閉校しましたが、この貴重な建築と多くの生徒・市民に親しまれてきた歴史を次世代につなぐべく、開発計画が進められてきました。そして2016年からNTT都市開発による計画が進められ、ホテルとしてだけでなく、地域の集会やイベントに利用できるよう、更には避難所として活用できるような場を作るプロジェクトが始動。ホテルでありながら、かつての清水小学校のように、人々の学びや地域のコミュニティ創出に貢献できる場を目指しました。

クリエイティブチームにより、時空を超えた心地よさを体験できるホテルに

クリエイティブチームにより、時空を超えた心地よさを体験できるホテルに この地にまつわる“桜”、“山鳩”、“清水”と名づけたプライベートバス全3室を用意。1室6,000円(90分)で4名まで利用可能
今回完成したホテルの内装を含む総合デザインの監修をしたのは、乃村工藝社のクリエイティブディレクター小坂 竜氏。約90年の歴史を持ち、廃校になった清水小学校のホテルへのコンバージョンプロジェクトを担ったことについて、小坂氏は次のように話しています。

「歴史的な趣を持つ西洋建築とその内部空間に最大限の敬意を払い、そこに新しい機能としての建築と内部空間を附加するデザインを行い、懐かしさと新しさの融合を試みました。建築、ランドスケープ、インテリア、グラフィック、ユニフォーム、アートワーク、FFE(家具や装飾品)と細部にいたるまでクリエイターとの協業を行い、全く新しいここだけの空間を創出しました」。

館内の「レストラン ライブラリー ザ・ホテル青龍」で京都の旬の食を

館内の「レストラン ライブラリー ザ・ホテル青龍」で京都の旬の食を レストランは高さのある本棚に多数の書物が並び、アカデミックな空間に
和×洋、モダン×アンティークなど違った要素をかけ合わせたデザインにより、この地の特徴を生かした、ここにしかない建物に。かつて講堂だった建物は、天井の高さを生かした開放的な44席のレストラン「restaurant library the hotel seiryu(レストラン ライブラリー ザ・ホテル青龍)」に生まれ変わりました。多くの書籍に囲まれたインテリアはかつての学校であった頃を彷彿とさせます。“養生ブレックファスト”がテーマの「京の朝食」は、選べるメインディッシュに本日のスープ、サラダ、お粥など日替わりのブッフェが味わえる贅沢な朝ご飯。宿泊者以外も入店できる他、多目的スペースとして様々な用途に利用することが可能です。

デュカス・パリ監修の「ブノワ 京都」もオープン

デュカス・パリ監修の「ブノワ 京都」もオープン 「ブノワ 京都」も、宿泊者以外の利用が可能。店内68席の他、テラスに20席を設ける
注目すべきは、別棟に「ブノワ」京都1号店が登場したこと。アラン・デュカスが設立したミシュラン星つきレストラン監修の「ブノワ」は、100年以上世界中の食通に愛され続けるビストロ。京都では、ブノワならではの定番料理に加え、京都ならではの旬やテロワールを感じるビストロ料理を展開。
メインの一例は、「本日の魚のグルノブロワーズ ほうれん草のソテー」や、「京都牛のロッシーニ」など
ランチタイムは、旬の食材を取り入れたメニューをプリフィクススタイルで提供し、ディナータイムは、ワインとともに楽しめる前菜、メインディッシュ、デザートなどをアラカルトで味わえます。エグゼクティブシェフには、ミシュラン星付きレストランで経験を積んだフランス人シェフ、アントニー・バークル氏を迎えました。

京都を代表する名店がプロデュースしたルーフトップバー&レストランも

京都を代表する名店がプロデュースしたルーフトップバー&レストランも ルーフトップバーやゲストラウンジからは「八坂の塔」を間近に望むことができる
また、屋上には京都を代表する「K6」のバーテンダー西田 稔氏がプロデュースに参画したバー「K36」も。オーセンティックな空間のメインバー「K36 The Bar」(屋内)と、京都の街並みを一望できるルーフトップバー&レストラン「K36 Rooftop」(屋上)の2つのエリアで、希少なウイスキーやワインを用意。更に、本格的なフードメニューも提供しているので、幅広い使い方ができそうです。

過去と現在が交差する空間で、アートや知と出合う

過去と現在が交差する空間で、アートや知と出合う クラシカルな廊下を歩けば、幼き頃の記憶が呼び起こされる
かつて小学生が走り回っていた廊下や階段はあえてそのまま残したという小坂氏。子供たちが学んでいた教室の扉を開けると、コンテンポラリーな全くの別世界が広がります。また、部屋やエントランス、レストランなどホテル内各所にはアート作品を展示。その多くが京都にゆかりのある作家の作品です。滞在中には、多彩なアートとの出合いも楽しめます。

人々が街の発展を願い、子供の未来を紡ぐ場所であった小学校が、次のバトンを受け取って世界と地域をつなぐ場所へ。これまでになかったスタイルの、古くて新しいラグジュアリーな空間で、歴史を旅する上質な一夜を過ごしてみてはいかがでしょう。

The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu(ザホテルセイリュウキョウトキヨミズ)

京都府 京都市東山区清水2-204-2 MAP

075-532-1111


※掲載の内容は、記事公開時点のものです。変更される場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。

文:

「エリア/ジャンル」の関連投稿写真